社民党の阿部知子政審会長は18日、神奈川県藤沢市内で記者団に対し、政府が米軍普天間飛行場の機能移転先として検討している鹿児島県・徳之島で反対集会が開かれたことに関し「もし徳之島に移そうと考えるのであれば、まずきちんと自治体と話す(べきだった)」と述べ、政府の対応に問題があったとの認識を示した。その上で、「鳩山由紀夫首相は外交も下手だし、詰めも甘い。首相の政治家としての真価が問われている」と指摘した。
 一方、国民新党の下地幹郎国対委員長は秋田市で講演し「(徳之島の住民の)気持ちは分かるが、沖縄は65年間安保に貢献してきた。ほんの少し役割を担ってもらわなければならない」と述べ、地元の理解を求めた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<雑記帳>静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー(毎日新聞)
大極殿 復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)
田辺三菱子会社のデータ改ざん、「看過できない重大な不正行為」―日薬(医療介護CBニュース)
<ホームオブハート>慰謝料上乗せ 原告側と和解(毎日新聞)
自民、参院選比例代表に中野前衆院議員を公認(産経新聞)