文部科学省が4月20日に行う全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の問題の配送、答案回収・集計などの業務のうち、中学3年生対象分について事務用品メーカーの内田洋行(東京都中央区)が落札したことが25日、分かった。同社は、航空自衛隊が発注する事務用品の入札をめぐる談合疑惑で公正取引委員会から課徴金納付命令の事前通知を3月4日に受けている。

 文科省によると、入札は24日に行われた。公取委から課徴金納付命令などが出された場合は取引停止などが講じられるが、今回のような事前通知の場合、「公取の措置がまだ確定していない」(同省)として入札参加は可能。落札後に課徴金納付命令が出ても、落札によって契約は既に一部成立しているため落札の効力は失われない。

 同社の落札は3年連続。小学6年生対象分は、今回も含め4年連続でベネッセコーポレーション(岡山市)。入札に参加したのは3年連続で両社だけだった。【本橋和夫】

【関連ニュース】
学力テスト:7割で実施へ 全国小中学校
質問なるほドリ:学力テストの抽出サンプル調査って?=回答・井上俊樹
全国学力テスト:採点で水増し 生徒60人分、教諭が解答記入--福島
全国学力テスト:来年度、小中学校の7割で実施へ
全国学力テスト:豊中市、自主参加へ 来年度、府内9割以上参加で /大阪

女子学生、男性として卒業=性同一性障害の2人-山梨県立大(時事通信)
<国民年金詐取>弘道会系組長ら再逮捕 犯罪収益等収受容疑(毎日新聞)
山手線外回りが運転再開 架線トラブル(産経新聞)
<新聞週間標語>25日から募集(毎日新聞)
<日米密約>谷内前次官の招致、自民が難色(毎日新聞)