新潟県佐渡市で放鳥され、繁殖に向け巣作りをしている国の特別天然記念物のトキのペア1組が産卵している可能性が高いことが29日、分かった。環境省の笹渕紘平・自然保護官が明らかにした。自然下でのトキの産卵の確認は昭和54年以来になる。

 産卵したとみられるのは1歳の雌と3歳の雄。今月21日に巣作りが確認され、28日ごろから雄雌のどちらかが巣に残り、卵を温めているようなしぐさを繰り返しているという。環境省によると、この雄雌を含め計3組の巣作りが確認されている。

【関連記事】
放鳥トキが佐渡から福井へ 300キロ飛来
愛のキス トキ、さらに1組擬交尾
トキ襲撃の検証委員、5人決まる
ケージ内のテンを自動撮影カメラで確認 トキ襲撃で環境省
「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正

女性専用車両で大揉め 「反対する会」男性乗り込む(J-CASTニュース)
女性専用車両で大揉め 「反対する会」男性乗り込む(J-CASTニュース)
「自民も大変だな」=鳩山首相(時事通信)
<雑記帳>西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)
ボディスキャナーで透撮チェック 成田空港でも(レスポンス)