東京・渋谷の道玄坂地区路上で性風俗店の客引き行為をしたとして、警視庁保安課などは、売春防止法違反や都迷惑防止条例違反の疑いで、日本人と中国人の男女計9人を逮捕した。同課によると、同地区は客引き行為への苦情が相次いでおり、4月に設置されたばかりの防犯カメラの映像が摘発の決め手になったという。

 逮捕容疑は、1月16日~5月11日までの間、渋谷区道玄坂付近の路上で、通行人の男性に「本番系の店。イチゴー出してもらえれば50分で全部やるんです」などと告げ、買春の勧誘をするなどしたとしている。

 同課によると、防犯カメラに9人の顔を含め、客引き行為をしている様子が映っていたため、捜査員が通行人を装って現場に向かったところ、買春などの誘いの声をかけてきたという。

 それぞれが個々の風俗店と提携しており、成功報酬は客1人につき通常2~3千円、多いときで月約30万円の収入を得ていた。

【関連記事】
「携帯代の支払い苦しかった」 知人少女に売春させた女逮捕
カンペキだった女装 韓国で少年を女性用留置所に収監
援デリで高校生1000万円荒稼ぎ 素人でも起業出来る手口とは
開星高校元教諭を再逮捕 児童ポルノ禁止法違反容疑 島根県警
「事業計画書」作り「援デリ」運営 容疑で無職の男を逮捕
少子化を止めろ!

ワタミ、介護事業19%増収―施設の積極開設が寄与(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>「このままでは町壊滅」 終息見えず(毎日新聞)
宝くじ 収益が天下り法人に 年360億円超(毎日新聞)
<自民党>参院選マニフェストの原案発表 6月に最終版(毎日新聞)
教員免許制を再検討、養成課程延長も…文科省(読売新聞)