水産庁は16日、南極海で日本の調査捕鯨船団の母船「日新丸」が反捕鯨団体シー・シェパード(SS)から妨害を受けたと発表した。船団の「第2昭南丸」が15日、船に侵入してきたSSの船長を拘束したばかりだが、日本時間の16日午後4時15分ごろからSSの妨害船が日新丸まで50~60メートルへ近寄り、直径5~6センチ程度のプラスチック製の玉を機械を使って投げ付けてきたという。日本側の船体の損傷や乗組員のけがはない。 

【関連ニュース】
【動画】シー・シェパード妨害船と衝突=日本船、けが人なし
〔写真特集〕調査捕鯨
NZ外相、日本大使と協議=調査船への活動家侵入で
捕鯨妨害、逮捕へ調整=侵入活動家の身柄を海保に
反捕鯨団体船長が日本船侵入=水上バイクで接近、2億7000万円要求

直接支払制度の猶予延長を要望―保団連(医療介護CBニュース)
放火罪 男性に無罪 大阪地裁判決(産経新聞)
将棋 王将戦第4局開幕 先手の羽生が角道を開ける(毎日新聞)
部品点検失念で10便欠航=期限1年超過も-全日空便(時事通信)
薬害防止の第三者組織、個別医薬品も監視(読売新聞)