第3管区海上保安本部(横浜)は24日、日本最東端の南鳥島(東京都小笠原村)にある船舶用無線測位システム「ロランC」の高さ213メートルのアンテナを倒壊させた。

【連続写真で】ロランCのアンテナが倒れる様子を連続写真で

 ロランCは、米国が軍事用に世界展開していたシステムだが、94年以降、米国内を除いて順次廃止された。南鳥島のロランC局は93年10月に海上保安庁が米沿岸警備隊から引き継いだが、最近ではGPS(全地球測位システム)など衛星を利用した位置測定システムの利用が進んだことから、昨年12月に廃止された。3管では、保守されなくなったアンテナが台風などで事故を起こすことを防ぐため、倒壊させることにしていた。

 最も高い所でも8メートルほどしかない平らな島にそびえ、昼夜問わず島のどこからでもはっきり見えたアンテナは、作業開始後数秒で倒壊し姿を消した。【米田堅持】

【関連ニュース】
【写真特集】運用中のロランC局や戦跡など日本最東端の島の様子を写真と動画で
【写真特集】小笠原諸島の様子を写真で
【写真特集】知ってますか?太平洋の小島 ロタ島:星降る夜 不便さが魅力 自然を満喫するツアー
【写真特集】こちらは軍艦島「幻の海上都市」

半日後にがれきから遺体 女性はねた容疑で男逮捕(産経新聞)
「中国の脅威化」日米で対応=同盟深化協議で提起へ-政府(時事通信)
<政権公約を実現する会>「政治団体」として届け出の方針(毎日新聞)
<ペルー人一家>脳腫瘍長男のみ退去取り消し…東京地裁判決(毎日新聞)
100年間進化のない「カレーうどん」を変えろ プロジェクト発足(産経新聞)