京都府京丹波町の「丹波ナチュラルスクール」入所者虐待事件で、入所者に対する逮捕監禁などの罪に問われた元経営者の朴聖烈被告(61)の判決が28日、京都地裁であり、宮崎英一裁判長は「長期間に渡り、被害者の自由と人格を踏みにじった悪質な犯行」として懲役3年6月(求刑懲役6年)を言い渡した。

 宮崎裁判長は判決理由で「些細(ささい)なことを理由に暴行を加えるなど、被害者に与えた恐怖心と絶望感は大きい。動機に酌むべく点もなく、反省の態度も認められない」とした。

 判決などによると、朴被告は平成17~20年の間、10~20代の男女6人を手錠をかけて自宅から施設まで車で連行。施設の部屋に閉じこめるなどして監禁したうえ、入所者の一人に暴行を加えてけがをさせた。

 検察側は「子供の教育などに悩み苦しんでいる親をだまして多額の金銭を支払わせる悲惨な犯行」などとして懲役6年を求刑。弁護側は「保護者に説明して了承を得ており、正当な業務の範囲内だった」と無罪を主張していた。

【関連記事】
虐待で京都のフリースクールに損害賠償請求
元経営者、起訴事実をほぼ否認 フリースクール虐待事件初公判
フリースクール暴行 施設責任者の女に2年6月の実刑
元施設責任者、起訴事実認める 京都フリースクール虐待
実行役3人に有罪判決 京都のフリースクール虐待 

<衆院代表質問>政治とカネ、追及不発 首相淡々とかわす(毎日新聞)
東海道新幹線 乗客缶詰めなぜ 「再開遅れる」避難見送り(産経新聞)
空自の次期輸送機試作機、岐阜基地で初飛行(読売新聞)
谷垣氏、「小沢独裁」政権と対決=消費増税、超党派会議提案-衆院本会議で代表質問(時事通信)
熊本で男が拳銃持って自宅に立てこもり?(産経新聞)