三笠宮妃百合子さまは20日、東京都港区の明治記念館で開かれた恩賜財団母子愛育会主催「第42回愛育班員全国大会」に出席された。

 母子愛育会の総裁を務めている百合子さまはお言葉で「愛育班員の皆さまには日頃からそれぞれの地域において、母と子をはじめ多くの人々の健康作りや福祉の向上のため、たゆまぬ活動を続けられ、大きな成果をあげておられます」と述べ、全国各地で保健福祉活動に従事する人々をねぎらわれた。

【関連記事】
三笠宮さまご退院
三笠宮さまがご入院 白内障手術
皇居で新年一般参賀 陛下「世界の平安を祈ります」
現役世代、母子家庭…教育にかけるそれぞれの思い
日本の伝統的子育てとは
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

石原都知事、威光に陰り?4選出馬説も交錯(読売新聞)
東大元副学長ら科研費不正隠す(産経新聞)
加害企業と遺族との関係 JR福知山線脱線事故(産経新聞)
競争激しい旧試験(産経新聞)
橋下“維新”府議はやジレンマ 自民が公認候補…党籍除名も(産経新聞)