どうもにとぽけ老害のが〜ねっとです。

なごり雪も溶けて、お花見の季節となりました。

にとぽけは先日厳粛な卒業式を執り行い、私もにとぽけを卒業することとなりました。

他にもぽる、あいちゃん、まにまにも卒業です。真卒じゃない仮卒にはでぃーどの、メワラ、クッキーもいますね。


サークルで厳粛な卒業式とか何言ってるか、よくわからないと思うので、詳しくはにとぽけのブログが更新されたら読んでください。


運営側は準備がさぞかしめんどくさいリアルクソルールだったと思いますが、最高な式でした。

当日だけでも参加できるのはまさしくリアルQRパーティのようでした。

企画、運営、参列、祝電、プレゼント、本当にシェイでした。

「卒業式をしたのは分かった、でも、なんでブログなんか書いてるの?」っていうと

卒業式の1週間前に開かれた追いコンでの後輩への言葉で、ちょっといい話をしてしまってそれを超えるいい話が思いつかなくて卒業式後の飲み会でも同じような話をしてしまいました。

しかし、ちょっと遅いですが、翌日になって言っておけばよかったなということを思いついたのでブログを書いているという経緯です。

でもこれは、ただの話なので、いい話ではないかもしれません。(しかも、完全ににとぽけのみを対象とした記事です。)




私が〜ねっとは一度も役職に就かないまま5年間過ごしたサークルでも珍しい存在であり、サークルに対して特別何かをしてあげたということはなく、貰ってばかりの老害で申し訳ないな〜と思うこともありました。

しかし、よく考えたら、君たちサークル員は私からしたら全員がまさしく「宝物以上の宝物」です。

特別なことを何もしてくれなくても、サークルにいてくれるだけでも宝物なんです。

なのでここで、私からのお願いです。

"にとぽけを最後まで続けて欲しい" 

ということです。

理由はとても単純です。

にとぽけが「ただのサークルじゃない」からです。

これ以上の言葉は要らないと思います。

尊敬と感謝を忘れずに、オンタマーシーを引き継いでください。

リーリエがトレーナーになるためにカントー地方へ行ったのと同じく、私も4月から社会人になるべくカントー地方へと旅立ちますが、帰ってきたらサークルに来てアローラすることで、Z恩返しをしていきたいと思います。

社会人になってもがんばりマーシー。

君たちとまた会えるのを楽しみにしています。


最後にパワハラをしておきます。

にとぽけの
ブログの記事を
読みたいな
なごり雪杯
短歌シングル


にとぽけ〜、最高だぜ〜!



P.S. 
"ハナーシー"と"サゾカーシー"と"メズラーシー"と"オンガエーシー"は"まさしく"失礼でした、お詫びいたシーマーす。
また、助詞の使い方が間違っていたら指摘してください。