鳥取市内の元スナックホステスの女(36)と接点がある男性が相次いで死亡した疑惑で、同居の男(46)が、一部の男性が殺害された経緯について供述を始めたことが捜査関係者への取材で分かった。女と男は詐欺容疑で4回逮捕されているが、鳥取県警は14日にも窃盗容疑で2人を再逮捕し、窃盗事件の捜査を終えた後に殺人事件として捜査本部を設置して本格的に事情を聴く方針。

 県警は、遺体から睡眠導入剤の成分が検出された3人のうち、同市の自営業、円山秀樹さん(当時57歳)と鳥取県若桜町のトラック運転手、矢部和実さん(同47歳)の2人に対する殺人容疑で女を立件する方針を固めており、男の関与についても捜査を進める。

 これまでの捜査で、女の自宅から睡眠導入剤など大量の薬物が見つかり、円山さんから検出された導入剤の成分は女が持っていたものと同じであることが判明している。

 円山さんは昨年10月6日朝、女と男への家電製品の売掛金100万円以上を集金すると言い残して自宅を出たが、翌7日に同市内の川で遺体が発見された。矢部さんは同4月11日に鳥取県北栄町沖の日本海で遺体で見つかった。海に無理やりつけられるなどして死亡したとみられる。

【関連ニュース】
鳥取不審死:同居の男、殺害ほのめかす供述 女と共謀し
鳥取不審死:男女、詐欺容疑で4度目の逮捕
鳥取不審死:女再逮捕へ 57歳男性殺害容疑
鳥取・男性連続不審死:詐欺容疑、男女4度目の逮捕
鳥取・男性連続不審死:詐欺容疑、元ホステスら4度目逮捕へ

警官を平手打ち、体当たり…高松の新成人逮捕(読売新聞)
森繁さん震災詩 書の作品に 教え子亡くした神戸の書家(毎日新聞)
<訃報>山田幸子さん63歳=山田正彦副農相の妻(毎日新聞)
大阪モノレール一時運休(産経新聞)
雑記帳 道頓堀「大たこ看板」上海万博へ(毎日新聞)