1等と前後賞合わせて2億円が当たる「グリーンジャンボ宝くじ」の発売が15日、全国一斉に始まった。東京・銀座の西銀座チャンスセンターでは午前8時半の発売前から約200人が列を作り、くじを買い求めた。

 当選本数は1等(1億5000万円)が17本、前後賞(2500万円)が34本、2等(500万円)が170本、3等(50万円)が1700本。特別賞として「春のおとずれ賞」(1万円)が68万本用意された。発売は3月5日まで。売り切れ次第、販売を終了する。抽選は同12日。

 西銀座チャンスセンターで早速くじを買った東京都豊島区の会社員、岩井中石雄さん(63)は「2億円が当たったら家を買って、残りは老後の備えにしたい」と話した。【堀智行】

【関連ニュース】
雑記帳:出た! 山口の穴場で年末ジャンボ1等2本
伏見稲荷:さい銭開き 集計5日がかり
万能川柳:傘の字を組体操と読めないか
万能川柳:宝くじ買わないだろなイチローは
万能川柳:じいちゃんにオイ青年とまだ呼ばれ

<列車往来危険>受験でストレス、踏切に自転車…中3を逮捕(毎日新聞)
雑記帳 下関だって龍馬ゆかりの地…長府博物館が資料公開(毎日新聞)
<幼児肥満>孤独な夕食+寝不足+テレビ=1.7倍 米調査(毎日新聞)
<新日鉄名古屋>「地下水に石灰混入」所長が陳謝(毎日新聞)
外交機密費上納の「闇」民主が使途公表NGの理由(J-CASTニュース)