北海道滝川市立小6年の松木友音さん=当時(12)=がいじめを苦に自殺した問題で、母親の敬子さん(41)が、道と市に対し慰謝料など計約7900万円の支払いを求めた訴訟は26日、札幌地裁(中山幾次郎裁判長)で、道と市が連帯して2500万円支払うことなどで和解が成立した。
 中山裁判長は、和解に当たり、前提となる事実関係の判断を提示し、担任のいじめに気付けなかった過失や、自殺の予見可能性を認定。また、市がいじめを否定し続けたことなどによる敬子さんの精神的苦痛も認め、慰謝料算定に盛り込んだ。
 和解内容は、和解金2500万円の支払いと謝罪、同種事案発生時の第三者による調査と被害者や親族から意見を聴く機会の保障、道内の教職員への和解内容の周知徹底-など。
 原告側代理人は「事後対応の悪さは、遺族を二重三重に苦しめる。隠ぺい体質の本質的解決を目指そうとする画期的な和解内容」と評価した。 

【関連ニュース】
いじめ撮影?動画を投稿=中学生徒がネットに
「何かあったはず」「調査を」=学校側に真相解明訴え
中2女子が飛び降り自殺=いじめ示す遺書
いじめ把握、取り組み低調=アンケート徹底を
暴力行為、最多の6万件=中高生136人が自殺

2億8000万円賠償命令=「サムニン」リフォーム詐欺訴訟-東京地裁(時事通信)
都内で「初日の出暴走」少年ら7人逮捕(読売新聞)
「人間関係わずらわしく」刑務所のガラス割る 容疑の受刑者を書類送検(産経新聞)
【弔い最新事情 墓はどこに】(中)形態多様化 思いは不変(産経新聞)
橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)