政権交代後初の日本医師会の会長選挙は4月1日、投開票が行われ、茨城県医師会長の原中勝征氏が代議員総数356票のうち131票を獲得して当選した。2位の森洋一氏(京都府医師会長)は118票、3位の唐澤祥人氏(前職)は107票だった。4位の金丸昌弘氏(京都府医師会)は票を獲得できなかった。白票はゼロだった。

 日医会長選は自民党を支持してきた前職の唐澤氏に対し、昨年夏の衆院選で民主党支持を打ち出した原中氏と政権に左右されないスタンスを強調する森氏が立候補し、実質この3人の争いになっていた。

 原中氏は当選を決めた直後、記者団に対し、「国民のための医療をする団体にするという考えが理解されたのだと思う」と勝因を分析。また、「政権政党と連絡を取り合って、国民のための医療を目指していきたい」と意気込みを語った。今後の日医の運営については、「医師会は分裂してはいけない。対立候補とも協力して運営に当たりたい」と述べた。


【関連記事】
日医会長選に4人が立候補
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選
唐澤・森両陣営の役員候補重複を批判―埼玉県医・金井次期会長
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会

<民主党職員>国が給与 内閣官房在籍の調査員(毎日新聞)
岡田外相、核軍縮で主導できず不満 会見質問ゼロにすね気味 G8外相会合(産経新聞)
妊娠装って交際相手から中絶費用だましとる 21歳の女逮捕(産経新聞)
核先制不使用は「時期尚早」=防衛研が10年版戦略概観(時事通信)
党首討論第2R がけっ縁首相に攻勢も… 谷垣氏、ギリギリ及第点(産経新聞)