川崎市中原区で8日に3歳の双子の兄弟が死亡したマンション火災で、火元とみられる洋室のベッド脇でライターが見つかったことが、捜査関係者への取材でわかった。

 中原署は、何らかの理由でライターが着火したのが原因だった可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、同署と市消防局が9日に行った1階の会社員折原道宗さん(38)方の実況見分で、ベランダに面した洋室のベッド脇でカーペットが丸く焦げ、使い捨てライター1個が見つかった。隣接する居間にも複数のライターがあった。

 死亡した次男一輝ちゃん(3)はベランダと反対側の玄関前の廊下、三男義輝ちゃん(3)は居間で倒れていた。折原さんの母つる子さん(62)は玄関脇の洋室で倒れて重体。

 折原さんは喫煙しているが、子供たちがいたずらしないようにライターを隠していたという。

「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑-名張毒ぶどう酒事件(時事通信)
西部ガス関連ビルに発砲か=玄関に弾痕、けが人なし-福岡(時事通信)
飲酒運転違反者講習実施へ=カウンセリングや依存度テストも-警察庁(時事通信)
「玻は平易な文字でない」最高裁、出生届認めず(読売新聞)
食塩の過剰摂取防げ 1日の目標量引き下げ 男性9グラム 女性7.5グラム未満(産経新聞)