大阪の春の風物詩「桜の通り抜け」が14日、大阪市北区の造幣局で始まった。少し冷え込んだものの、午前10時の開門前には約1500人が行列をつくり、開門とともに桜のトンネルをくぐっていった。

 桜の通り抜けは明治16年から、戦時中を除いて毎年開催。造幣局の南門から北門までの大川沿いの約560メートルの通りには、遅咲きの八重桜を中心に127品種354本が植えられている。この日は全体的に7分咲きで、週末にかけて見ごろを迎えるという。

 新潟県上越市から訪れた会社員、川合敬子さん(63)は「通り抜けのニュースは見たことがあったが、来たのは初めて。造幣局のサクラはほかとは違う特別な感じ」と話していた。

 通り抜けは20日まで。平日は午前10時~午後9時、土、日曜は午前9時~午後9時。南門から北門への一方通行となっている。

【関連記事】
造幣局で桜の通り抜け 春本番、127種類の「花の回廊」
一足早く通り抜け 大阪・造幣局で特別観桜会
あでやか花のアーチ 岡山・たけべの森で「桜まつり」
甘い香り漂う…桃の花が見ごろ 山梨県
ヤシの木にオオシマザクラが寄生 「灘のけんかザクラ」と親しまれる
外国人地方参政権問題に一石

突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ (産経新聞)
1億円の無償資金協力を政府決定 中国地震(産経新聞)
母親、虐待隠しか 大阪1歳女児死亡 担当者遠ざける(産経新聞)
<ノリタケ子会社>元社員が横領認める 名古屋地裁初公判(毎日新聞)
胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)