人工多能性幹細胞(iPS細胞)研究に特化した京都大のiPS細胞研究所(京都市左京区)が8日、報道関係者に公開された。午後に完成式がある。

 同研究所は地上5階、地下1階建て。約47億円を投資し、2月下旬に完成した。4月にはiPS細胞研究センターから格上げされ、分散していた研究拠点を集約。既に運用が始まっている。

 研究者やスタッフは約120人。細胞初期化の分子機構の解明▽各種細胞への分化誘導法の確立▽iPS細胞を用いた病態解明と創薬への応用--などを研究している。

【関連ニュース】
幹細胞:政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授
iPS細胞:臨床研究で使用可能に 厚労省専門委が指針案
新・多能性幹細胞:「ミューズ」と命名…東北大チーム発見
iPS細胞:京大の特許管理会社がライセンス契約
学士院賞:iPS細胞研究の山中氏ら11人に

<鈴木宗男氏>北方領土交渉は「空白の10年」 露で講演(毎日新聞)
難航する幼保一体化 マニフェストいつ実現?(産経新聞)
死亡女性、DV被害を相談=元夫から聴取-静岡県警(時事通信)
<訃報>米山武政さん82歳=元アサヒビール副会長(毎日新聞)
<ビアガーデン>気温8.6度で夏気分 北海道・旭川(毎日新聞)