福岡県警小倉北署は14日、小学6年の次女(11)にけがをさせたとして、北九州市小倉北区日明4、無職西平忍容疑者(53)を傷害容疑で逮捕した。

 発表によると、西平容疑者は4月23日午後6時45分頃、次女が妻(37)の携帯電話を学校に持っていったことに腹を立て、自宅でその携帯電話を投げつけて右目の上に2週間のけがを負わせた疑い。

 西平容疑者は、妻と中学1年の長女(12)と次女との4人暮らし。昨年5月と7月には長女と口論になり、首を絞め上げたり頭を殴ったりしたとして、今年1月に暴行容疑で小倉区検に書類送検されていた。

 長女と次女は妻の連れ子で、「殴られたりする暴行を繰り返し受けた」と話しているという。

<普天間移設>政府原案「辺野古周辺」明記(毎日新聞)
<普天間>協議継続で一致 日米外務・防衛の審議官級協議(毎日新聞)
インドの82歳男性「70年以上食事せず」 驚異の体、解明なるか(産経新聞)
党員、100万人割れ確実=野党転落響く―自民(時事通信)
橋下知事 普天間問題で「要請あれば、関西で受け入れ検討」(産経新聞)