福岡県小郡市で昨年5月、父親の頭部を鈍器で殴るなどして死亡させたとして、傷害致死罪に問われた無職尾篭(おごもり)和幸被告(30)の裁判員裁判の第2回公判が20日、福岡地裁であった。

 地裁は証拠の遺体写真を直視できなかった女性裁判員を解任し、補充裁判員の女性を後任にあてた。解任理由について、地裁は「プライバシーも保護する必要がある」と明らかにしなかったが、写真を見て体調を崩した可能性もある。

 尋問では、頭皮を切り取って頭蓋(ずがい)骨が陥没した様子を写した写真などが、モニターに表示された。女性裁判員は写真が示された際、画面から何度も目をそらしたほか、涙をぬぐうようなしぐさもした。

陸山会の土地購入費、石川議員が通帳に目印「住」(読売新聞)
大雪で北海道の8会場で試験繰り下げ センター試験(産経新聞)
ハイチで医療援助へ、陸自110人出発=成田(時事通信)
元社保庁職員31人、分限免職に不服申し立て(読売新聞)
<湯かけ祭り>八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉(毎日新聞)