国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の時効を受け、中井洽国家公安委員長は30日、閣議後の記者会見で、「時効を迎えたことはたいへん残念。この事件の調査のあり方と反省を踏まえて二度とこういう悔しい、威信にかかわる事件の捜査が時効になることがないよう体制の強化に全力をあげてほしい」と述べた。

 また、警視庁の公安部長が犯人を特定できなかったにもかからわず、オウム真理教信者の犯行と言及したことについては「かつてない発言だが、くやしさがにじみ出ていると思う。消去法からそこしかないとの確信もあるのだろう。犯人を特定できなかったことへ反省もして異例の発表になったのだろう」と語った。

【関連記事】
長官銃撃は「オウムによるテロ」 警視庁が異例の会見
警察庁長官銃撃事件が時効 実行犯特定できず捜査終結
「全員が浮足立っていた」重圧、混迷の初動捜査
地下鉄サリン直前「捜査攪乱の情報あった」 国松元警察庁長官証言
時効間近 警察庁長官銃撃事件で浮かんだ「容疑者」の真贋

<行方不明>海岸で遺体発見 長崎・雲仙の女子高生か(毎日新聞)
「私に問責決議とは生意気」ブログに阿久根市長(読売新聞)
<参院選>首相議長に初の政権公約会議開催へ 政府・民主党(毎日新聞)
参院選 「2人目」擁立 小沢氏と地方組織が対立 (産経新聞)
<チリ津波>地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で(毎日新聞)