2009年02月22日

X01T、WM6.1日本語ROM焼き。〜その0〜

X01HTの場合、日本語化して整備されたROMを公開してくださっていた職人さん達がいらっしゃいました。その節はお世話になりました。m(__)m

X01Tの場合は、以前、「にわか鯖管の SoftBank X01T まとめWiki 」のkikuzou様がMy G900にあげてくださっていました。今回は、これを使わせていただきたいと思います。m(__)m

さて。

そもそも、なぜWM6.1のROMを焼くのか?ですが・・・。

●WindowsMobileでは(今のところ)最新版ほど動作が軽く&速くなり、フリーズしにくくなる。

→なんと、最新機種に追いつくことが出来る(!)

 パソコンでは、WindowsXPの機械にVistaを入れると遅くなるので、真逆だね。

●プログラム動作用のメモリが広く取れ、上記と同じ効果を見込める。

 →公開されているROMは、通常消すことの出来ない、ROM内のいらないソフトをあらかじめ消してある。(これでX01T最大の欠点をカバー。)

●いつも使うソフトを、ハードリセット直後から使える

 ←いちいち再インストールしなくてよい。ただし、ROM内のソフトの消したり入れたりは、ROMカスタマズが出来る人だけの話。(しきれんけど。)

●各種レジストリ設定を、ハードリセット直後から済ませてある。

 →ビデオチップの性能を引き出すためなどの理由でいじらないといけないレジストリがイロイロあるが、済ませてあるw

●今回のROMは日本語化済みである。

 →IMEも入っているため、最初から日本語OK!

ATOKやFSKARENなどを用意する必要がなくなりました(喜)

・・・と、こんな感じで自分は捕らえてます。(あってる? (^^; )

 ・・・というわけで、次回からは

イ.日本語で使っているX01Tからデータをバックアップ

ロ.WM6.1英語版ROMを焼く

ハ.日本語化 (←肝)

ニ.IMEの導入(今回はFSKAREN)

ニ.データをリカバリ

の順で説明していきたいと思います。

 

・・・え?ROMのカスタマイズ方法ですか?

X01HTの頃より簡単になった今どきの方法があるようなのですが、

・・・日本語で解説してくださっているサイトが無いので諦めました... orz

最初からROMに焼かずとも、アプリはハードリセット後にメモリカード上で手動インストール!・・・と決め込んでしまえば上記のROMで十分ですぜッ! (←逃げ。(^^; )

続きを読む

c860_user at 04:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0)スマートフォン 

2008年10月08日

X01T、WM6.1英語ROM焼き→日本語化。〜その1〜

今現在、X01Tをノーマルな日本語ROMで使っているとして、いきなり英語ROMを焼いてしまうと、すべてが"飛ぶ"ことになりますw  ※除、SDカードの中身。

これから焼くに当たってしておくべきことは・・・

PIMや各種自作データのバックアップ

⊆分で追加したソフトのリストアップならびにインストールのための準備

です。

 

さて。

,任垢、電話帳やスケジュール、仕事リストといったPIMデータは母艦のWindwsPCにアクティブシンクで逃がしましょう。後でリストアできますから。※逃がさないにしても、ROM焼くに当たって事前にアクティブシンクは必須デスヨ!

単体使用している場合、および「んな面倒くさい事やってられっか!」って短気な方や「金なら無いゾ!」(σ(・ω・`*)自分やん)というフリーソフト万歳な方にオススメなのは、W03DataBackupです。

使い方は簡単なので作者様のページをごらん頂くとして、注意点は

★W03DataBackup.exeを本体メモリ(マイドキュメントあたりが無難)

  に置いて実行→[バックアップ]

★W03DataBackup.exeをSDメモリ(マイドキュメントあたりが無難)

  に置いて実行→[リストア]

・・・と、置き場所で動作が変わりますのでご注意を・・・。気づくまで暇かかった...orz

また、本体メモリの中の上記ソフトのバックアップ対象外フォルダにある物はファイラを使って手動で逃がす必要があることを忘れなく。まぁほとんど無いと思いますが。

余談ですが!

自局の電話番号が刻んであるSIMカードには、電話番号を登録するためのメモリ領域があります。それほど件数入らないなど制限もありますが、本体メモリの電話番号から緊急時に必要となる最低限の連絡先だけはコピー登録しておくとよいでしょう。故障や電池切れ/水没時などにSIMカードを取り出して、誰のでもよいので3G携帯を借りて挿してSIM内の電話帳を呼び出すと大助かり!ってな具合で。

→SIMマネージャ

 

 △任垢、σ(゚ω゚)ノォレ はSDカード運用派なので、自分でインストールするソフトのCABファイルはすべてSDカード内に作ったフォルダにまとめて置いています。こうすればリストアップしたりWEBから集めてくる手間も省けます。 が、大容量SD必須であります!

さらに、ソフトのインストール先も(システム寄りでないものなら)できるだけSDカードにしています。可能な限り本体メモリはプログラム実行用に空けておきたい!おかねばフリーズしやすい。

あと面白いのは、ソフトによってはSDカード内のexeファイルを実行するだけで起動できてしまうのです。→いちいちインストールせずとも、起動用ショートカットをwindowsスタートメニュープロブラム に置いてやるだけでプログラム一覧から起動 可。

また、Linuxみたいで素晴らしいのが、Giraffeです!

Giraffeアプリカタログだけをインストールしておけば、さまざまなソフトの一覧を見ることが出来ますし、気になるのがあったら選べばダウンロード&インストールまでしてくれます。そのうえVerUPした場合には、アプリカタログ起動時にお知らせしてくれるのです→インストールしてくれます。オススメ!

多少不安定(?)なのと、登録アプリがもっともっと増えてくれればなぁ、ぐらいしか不満はありません。

・・・といったところでひと段落かなぁと。んと、他に何かすることあったかいな?(^^;

続きを読む

c860_user at 05:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)スマートフォン 

2008年10月06日

X01HT→X01T乗換えたよ 〜いつものことだけどさ。新しい機械っていいよネ!〜

1年間、X01HTと過ごしました。それこそ、生死を分かつような時までも。

しかぁ〜し、もはや新ネタも出なくなったX01HTに、正直飽きてきたのでした・・・。(ゴメンヨ)

・・・まぁどの機種であれ、使い続けていれば(しかも環境が安定してしまえばなおのこと)、”新鮮味”が無くなってしまい、”浮気の虫”がウズウズしてくるものです。(--)(__)(--)(__)ウンウン。

 

で。

発売が遅れに遅れ、しかもハードリセット方法非公開という、鬼のような処遇で産まれてきた悲運のX01T。

今となってはスーパーボーナス分割で月々¥0円まで”堕ちた”のでした。

 ですが、今だからこそ、リセット方法も判明しているし、ビデオチップの性能を100%引き出す方法もわかったし、WM6.1のROMすらも焼けるようになっているのです。

 高い金を出して最新機種を買うのも手ですが、枯れた機種を格安で買っていじり倒すのもひとつの手かと。いや、高い金出しようが無いだけなんですけどね。( ̄へ ̄;

さて、使ってみてですが、

●画面広いよ画面!。これだけで乗り換えた価値ありかと。

●(WM6.1ROM焼いた上で)ソフトもきびきび動いてくれてすんばらしい!

 ROM焼きでメモリを広く取れるようになったおかげ。

 当初の”もっさり”は、「どんだけハードの素性の良さをソフトで殺してるんだよ!」って意見に1票です。

●キーボードが盛り上がってて打ちやすい!

 バックライトがセンサー式でなく、指定秒数で消えてしまうのが困ったちゃんぐらいのものかな。

●X01HTでやっていたすべてのことが、X01Tでもできる。

 これはとても重要なことで、機種が変わっても不自由しないための絶対条件。

●デカバ必須だが、おかげで安心して使える。デカバあんまり重くないし。

●素人からiPhoneと間違われたw

●画面広いよ画面!←しつこい。

ってなところで。やってることはX01HTとぜんぜん変わらないっす。(^^;

↑買った意味はあるのだろうか?(汗)

まぁ確かに、HTC製のヨダレが出ちゃいそうなマブシイ機種達が出てくるのを目前に控えてますが、2年辛抱すれば、それらが格安で手に入るor(高いけど)その次の世代の機種たちが視野に入っていることでしょう。。。



c860_user at 03:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スマートフォン 

その後のX01HT。 〜WM6.1日本語化の顛末〜

当時の、2ch、XDAを中心としたWM6.1日本語版ROMにかかわった方々は、もはやお姿をお見かけしなくなりました...(TーT)

特に、後は焼いて”使うだけ”に仕上げてある日本語ROM”そのもの”で、最後に公開されていたのは、”しょーぐんさま”が”もばがじぇ”で公開なさってたベータ版です。

自分が使っていた限りでは、MMS Lightに問題があっただけでした。

→受信は問題ないが、新規や返信をしてもメール本文の編集画面が開かない(涙)

ただし、まともに使えているという報告もありましたし、Softbankメールを使う分には関係ないでしょう。

え?Softbankメールの在り処? それならX01T専用うpロダ(ry

・・・残念ながらしょーぐんさまもお見かけしなくなりましたし、もばがじぇサイトも閉鎖されてしまったので、このROMも入手不可能となりました。

こうして、もはや素人が簡単にWM6.1日本語化する方法は永遠に閉ざされたのでした・・・。orz

 

 

 

※このblogのどこか。。。



c860_user at 02:27|PermalinkComments(5)TrackBack(0)スマートフォン 

【生死と】今は日雇いやってますが何か?46日目【スマートフォン】 〜1年経つ間に何が?〜

※全文読むには、反転表示必須のこと。

まぁ聞いてくれ >1 よ。

 私、会社辞めましたよ。(火暴)

 

 10年続けてきて、思い入れもあり、この会社&この仕事が自分にとっての”すべて”だったのですがね。

経営が傾き、給料ロクに払ってもらえなくなって、生活費のための借金もかさんでしまいましたよ

(タバコも吸わないほど真面目な人間なのにね。悲しいね...)

最後のころは煮詰まって、”逃げ”のために仕事中 ニコ廚 だったり。(笑)

ストラトスフィアの”紫の人”してました。(爆謎)

 ある日、いろいろな面で限界に達し、とうとう”その時”が来たのです。

スーツ姿で原付に乗り出勤したはいいが、そのまま会社の前を通り過ぎたのでした。

 

 ・・・あてどもなく走り続けながら考えた。

職場を逃亡した軍曹は、山に登られました

(↑読みながら泣いたよ。心から泣いたよ!)

職場を逃亡した私は?  悩みました。

 さて、どうしようか・・・?

正直、生きていくのを止めようと思っていたので。

 ・・・ひとつだけ、やりたい事がありました。

せっかく買ったばかりなのに、仕事仕事で遠出のひとつもしてないこのバイク。

原付なのに、80km出てしまう(!)という怪物マシン

これでに出よう!、と。(正確には、”死に場所”を探しに行った。)

走ることを止めなかったので、降り続く冷たい6月の雨の中、あてどもなくフラフラとどこまでも・・・。(傍から見れば、魂抜けてたでしょう。)

九州を一周し、さらに本州へ渡り、それでも走り続けました。

(本当に着の身着のままで出てきたので、さすがにGパンとかを買って着替えましたがね。あと、原付なので高速道路等はだめで、下道しか走れません。)

野宿しながら目的もなく彷徨い続け、ひたすら同じことばかり考えてました。

「なんで生きてかなきゃいかんのやろか?」と。

 すでに走行距離は3,000kmを超え、関西まで来たときです。

暑さで体はボロボロ、永く続く空腹で目はかすみ、なにより握り続けて来たせいで首・肩・腕をやられハンドルが持ってられません。

もう、今日がいつだかもわからない・・・。

 いや、今どこを走っているかすらわからない・・・・。

   大体、自分が誰だかもわからない。

とどめに、ガソリン切れました。

 ・・・もはや買うお金がなかった。orz

 

 こんな夜中、しかも誰も通らないような山の中で、助けてもらえる可能性は限りなく低い状況です。。。

「これまでか・・・。このまま発見されなければ野垂れ死ねるだろう・・・。

その時初めて強く願いました。

「死にたくない!」

あぁ、そうか。それが答えなのか。

「死にたくなきゃ、生きてくしかない!」

うん、なんてシンプルで簡単なことだったんだろう。

(重くのしかかっていた、借金その他のいろいろな事が、急に”小さい事”に見えたのでした。)

 ・・・断絶していたX01HTの電源を入れ、でも溢れるまで溜まっていたので先に留守電聞きました。・・・泣けました。

(脱水症状なのにどこからそんなに水分溢れてくるのさ?、ってぐらいに。周囲からすると、”失踪”したように思われていた。)

泣きながら、これまた触りたくもなかったのでスーツケースに入れっぱなしだったEeePCを取り出し、天の助けかバッテリーが残っていて電源を入れられました。

そして。

EeePCを青葉でX01HTに繋ぎ、

 Googleマップで現在位置を確認!

 触るのもいやだったのに、あぁやっぱり自分機械好きなんやん!と思い知りつつ。(^^;

準備が整ったので、電話して助けを呼びました

(今考えても、圏外だったらどうなっていたかわからないデス...)

 ・・・こうして、方々に多大なるご迷惑をおかけしましたが、戻ってきてこうしてX01Tを握り締めているが今ここにあります。

今後どうするかはまだ思案中ですが、とりあえず人生の”底”は脱したかと思うのでした。。。

 

教訓。

 

『携帯はGPS付を選べ! 

 予備バッテリは肌身離すな!』

  80km出せても原付は制限速度30kmだ!』

↑チガッ! (^^;

続きを読む

c860_user at 01:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)スマートフォン | 雑談。

2007年07月30日

完全日本語化用パッケージ(β)公開さる!  補足

home画面 実は、前述のとおりに進めていっても、today画面の上半分が何も表示されず困っていました。
 さっそく作者様が対応してくださり、現在公開されているパッケージならば、このようにちゃんとToday画面も表示されるようになっています!\(^O^)/ヤッタ!
 ありがとうございました。m(__)m>作者様。

c860_user at 03:31|PermalinkComments(6)TrackBack(0)スマートフォン 

2007年07月29日

完全日本語化用パッケージ(β)公開さる!

前回の補足にて、「読み書きが日本語でできるようになっただけ」で「メニューなどの日本語化はまだ」という状況であることをお伝えしました。
そして、それを実現するのに必要なのが”Japanize_Fully”パッケージ。
んでもって、作者様がそのベータ版を公開してくださいましたので、追いかけてみたいと思います。

※細かいことは前回までに説明してますので、そちらをお読みください。
今回は、Customizerやパッケージの最新版、フル日本語化についてだけ細かく書いてます。


イ.公式WM6(英語版)ROM
  http://app.blog.livedoor.jp/c860_user/tb.cgi/50734442
  からたぐっていく。手に入れたら、OriginalROMに入れておく。
ロ.Customizer本体一式
  http://d.hatena.ne.jp/ratnapura/20070721より。
  ※02:09の方が最新版。
ハ.Customizer修正パッチ
  http://d.hatena.ne.jp/ratnapura/20070724より。
  filecopy_nb.exeとsetup.batを差し替える。
ニ.setup.batの実行。
ホ.各種パッケージ。

  http://x01ht.ratn-leaf.com/より。
  欲しいパッケージをpackagesフォルダにおいてしまう。
  ※Japanize_Tinyはいらない。
ヘ.フル日本語化βパッケージ。
  http://d.hatena.ne.jp/ratnapura/20070728より。
  Japanize_FullyとCustomCertificationを追加。
ト.customize.txtの編集。
  行頭に「;」が書いてあると組み込まれない。組み込みたければ消す。
  また、パッケージ名自体が無ければ、自分で追記すべし!
  ※めんどくさかったら、
コレをベースに編集のこと。
チ.customizer.exeの実行。
  エラーメッセージがでているようなら、そのパッケージとcustomize.txtの該当行をチェック!
リ.generate.batの編集。
  ※generate.batを右クリックの[編集]。
  conviffstr.exe 0 0409.txt…に頭4文字「rem 」を追加して殺す。
  rem conviffstr.exe 0 0411.txt…の頭4文字「rem 」を削って生かす。
ヌ.generate.batの実行。
ル.CustomizedROMの完成。
  CustomizedROMフォルダにRUU_signed.nbhができあがっている。
ヲ.ROMの書き換え。
  →乙であります!



c860_user at 13:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)スマートフォン 

2007年07月23日

公式WM6を新Customizerで日本語化&パッケージ導入! 補足

紛らわしいタイトルつけちゃってたので、補足!

Japanize_Tinyは”簡易日本語化”だそうで、

日本語の読み書きができるようになるだけ

メニューなんかもすべて日本語化→フル日本語化、ではないそうですのであしからず。(予定表はcalendar、連絡先はContactのまま。)

・・・実は自分もやってみて気付いたのです。(^^;

それと知らずに、5回も焼きなおされた方もいらっしゃったそうで、紛らわしいこと書いてて申し訳ありませんでした。m(__)m

ただ、「英語ベースで日本語の読み書きだけできてる」今の方が、「フル日本語化」より動作は速いでしょうから、この状態にも利点はあるのです。



c860_user at 08:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スマートフォン 

2007年07月22日

公式WM6を新Customizerで日本語化&パッケージ導入! その6

■10.ROMの生成。
customizer07212210-1フォルダ内のgenerate.batを実行!
→customizer07212210-1フォルダ内のCustomizedROMフォルダにRUU_signed.nbhファイルができあがっている!!!\(^O^)/

■11.ROMの書き換え。
USBケーブルでX01HT本体を繋いで、RUUWrapper.exeを実行し、ROMを書き換える。
→おつかれさん。


c860_user at 01:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)スマートフォン 

公式WM6を新Customizerで日本語化&パッケージ導入! その5

■8.エディタでcustomize.txtファイルを編集。
Windows付属のメモ帳でcustomizer07212210-1フォルダにあるcustomize.txtファイルを編集する。
自分で選んだパッケージの行頭にある";"を削除し、UTF-8で上書き保存のこと。

以下、うちの場合。
; Customizer用パッケージリスト
; コメント行は行頭を;にする。
;----- System Settings ---------------------------------
NoExtROM
X01HT_Settings
SecurityOff
;CustomCertification
;----- Softbank Settings -------------------------------
;Softbank
Softbank_NoProxy
;----- IME ---------------------------------------------
MSIME
;ATOK
;----- Fonts -------------------------------------------
;MeiryoKe
;----- Remove Applications -----------------------------
RemoveClearVuePDF
RemoveMMSComposer
;----- Add Applications --------------------------------
;AutoConnect
;ClearType
GSFinder
HappyTappingKeyboard
MannerMode
MMSLite
TRE
;----- HTC Applications --------------------------------
;HTC_DefaultBlack
;HTC_CommMgr_Kaiser
;HTC_HomePlugin_Kaiser
;HTC_MusicPlugin
;HTC_Touch_Dialpad
;HTC_BluetoothExplorer
;HTC_X-Buttons_1.5
;----- Japanize ----------------------------------------
Japanize_Tiny
;Japanize_Fully
;-------------------------------------------------------

■9.customizeを実行し、パッケージを組み込む。
9.がうまくいっていないと、コマンド実行画面の最初の2行が文字化けする→9.からやり直し。


c860_user at 00:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0)スマートフォン