鳩山由紀夫首相は7日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鹿児島県・徳之島の伊仙、天城、徳之島の3町長と首相官邸で会談した。基地機能の一部移転について協力を要請する。これに対し、3町長は島民の多数が受け入れに反対している状況を踏まえ、拒否する考えを伝える。
 首相は、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)を埋め立てる現行計画の工法をくい打ち桟橋方式に変更し、ヘリ部隊やその訓練の一部を徳之島に移転する案を組み合わせる方向で検討を進めている。しかし、3町長は受け入れ拒否で足並みをそろえており、首相が掲げる「5月決着」への展望は見えないままだ。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

<背任容疑>富士ソフト元社員を逮捕 換金目的で架空受注(毎日新聞)
331円安で終了=東京市場(時事通信)
新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
元大和郡山市議、無罪確定へ=融資詐欺、控訴断念-奈良地検(時事通信)
首相“周回遅れ”ようやく気づいた「現実」 普天間飛行場移設問題(産経新聞)