九州新幹線鹿児島ルートで未開通の博多―新八代間(129キロ)のレールがつながり、22日、熊本市のJR熊本駅で締結式が行われた。

 これで博多―鹿児島中央の257キロが直結し、工事は来年3月の全線開通に向けて最終段階に入る。

 鹿児島ルートは1991年8月に着工、2004年3月に新八代―鹿児島中央間が部分開業した。全線開通すれば、博多―鹿児島中央間の所要時間は最速で52分短縮され、約1時間20分となる。鹿児島中央―新大阪間は「さくら」が約4時間で直通運転する。

 この日の式典には、沿線自治体の首長や関係者ら約160人が出席。蒲島郁夫・熊本県知事はあいさつで「開通で九州全体がパワーアップし、経済力が向上するのは間違いない」と期待を寄せた。この後、約50人がボルトを締め、レールをコンクリートに固定した。今後、駅舎や架線の工事を進め、秋に走行試験を行う。

<日本絵本賞>大賞の嶋田さんら表彰(毎日新聞)
<国民年金詐取>容疑の弘道会系組長に逮捕状…警視庁(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>インスリン投与の看護師を再逮捕 京都(毎日新聞)
岡崎城の東隅櫓が完成=愛知〔地域〕(時事通信)
<訃報>金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)