政府は11日、在日米軍の法的地位などを定めた日米地位協定を見直し、基地内での日本の環境基準の適用など「環境条項」を追加するよう米側に求める方針を固めた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる沖縄の負担軽減の一環で、12日にワシントンで開催する日米実務者協議で改定案を提起する。
 1960年に締結された現行の日米地位協定は一度も改定されておらず、日本の環境保全に関する法令順守などの規定はない。このため、沖縄を含め基地を抱える自治体からは、(1)基地内での大気汚染防止法、水質汚濁防止法などの適用(2)必要に応じた自治体職員による立ち入り調査の実施(3)土壌汚染のある基地返還の際、米軍への原状回復義務付け-などを求める声が上がっている。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

幻の「紀州東照宮・御船歌」復活 江戸初期とどめる30年前の音源(産経新聞)
【フラッシュナビ】春版大掃除の実践者、2年前から43・9%増(産経新聞)
報道適切なら国民も理解=内閣支持率下落に菅副総理(時事通信)
民主、三宅議員負傷で自民・甘利議員に懲罰動議(読売新聞)
<生きる>心癒す弦の音色 川畠さん演奏会(毎日新聞)