ハイチ地震の復興支援を行う国連平和維持活動(PKO)に参加する自衛隊の国際救援隊の第1陣160人が6日夜、日本を出発した。8日未明(現地時間7日昼)に現地入りする。首都ポルトープランスを拠点に仮設住宅の建設や道路補修などの作業にあたる。

 出発に先立ち、鳩山由紀夫首相や北沢俊美防衛相らが出席して隊旗授与式が防衛省で行われた。鳩山首相は、隊長の山本雅治1等陸佐らに「『命を守る国、日本ここにあり』を世界に示してもらいたい。困難な仕事をやりとげ、誇りを胸に笑顔で帰ってくるのを待っている」と訓示した。

 部隊は計約350人。第2陣以降は順次、ハイチに向かう。派遣期間は11月30日まで。自衛隊の部隊のPKO参加は7回目。平成4年のカンボジア(約600人)、14年の東ティモール(約680人)に次ぐ大規模な派遣となる。

【関連記事】
首相、補給活動終了に「日本の誇りだ。ありがとう」
「ハイチの方に全力尽くす」 陸自宇都宮駐屯地の隊員が出発
自衛隊派遣に備え、政府調査チームがハイチ到着
自衛隊300人規模・63億円支援 長期戦…課題多きハイチ復興
子ども手当はハイチ支援の倍以上!みんなの党・渡辺代表が批判

ボクシング 亀田大毅戦の視聴率19%(毎日新聞)
「たまゆら」理事長らを業務上過失致死容疑で逮捕―群馬県警(医療介護CBニュース)
外国人参政権で意見交換、地方側から反対意見続出 全国議長会(産経新聞)
山崎氏、離党せず=自民(時事通信)
「信頼」発言で陸自幹部を文書注意 防衛省(産経新聞)