民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の元会計責任者で、政治資金規正法違反の罪で起訴されている公設第1秘書の大久保隆規被告が衆院事務局に辞職届を提出して辞職していたことが2日、分かった。大久保被告は事件で公判中で、公判に専念するためとみられる。

【関連ニュース】
ダム工事:「小沢氏に業者逐一確認」高橋元秘書が初証言
脱税:「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監
記者の目:石川議員 公判で真実語ってほしい=鈴木一生
石川知裕議員:「不適切記載深く反省する」9日会見を訂正
陸山会事件:石川議員ら3被告、保釈

【ぶらり旅物語】今回は「種子島・屋久島」をぶらり(産経新聞)
「教祖意思で組織的テロ」=異例の捜査概要公表-長官銃撃時効で警視庁(時事通信)
鳩山首相、宇宙滞在の山崎さんに期待感(産経新聞)
政治資金監査、収入は調べず領収書照合のみ(読売新聞)
憲法改正「議論必要なし」 枝野行政刷新担当相(産経新聞)