寺井の英語学習記録

以前英語学習者向け英文ニュースサイトという記事を書きましたが、終了したサイトもありだいぶ古くなってきたので、今回は新たに私が最近読んでいる英語学習者向けwebサイトおよび英文webサイトを紹介しようと思います。
また、和文やボキャブラリーなどがあるかないかわかるようにしています。


◇ニュースサイト
世界へ発信!ニュースで英語術
【英語学習者向け】【英語音声】【和文】【ボキャブラリー】
NHKのラジオ番組のウェブサイトです。
月曜日から金曜日まで1日1記事更新されます。
ニュースのジャンルは政治・経済的なことから、地域の出来事まで幅広く扱われているので広い範囲の英文に触れることができます。


DMM 英会話DAILY NEWS
【英語学習者向け】【和文(一部)】【ボキャブラリー】【レベル分け】
DMM英会話が運営しているニュースサイトです。
毎日バラエティーに富んだ記事が3つ更新されます。
DMM英会話を利用していなくても記事を読むことができます。


the japan times alpha
【英語学習者向け】【和文】【ボキャブラリー】【レベル分け】
ニュース記事やインタビュー、エッセイなど多彩な英文に触れることができます。
週に一度更新されます。


【英語学習者向け】【レベル分け】
二日ごとにレベル別に分かれたニュース英文が掲載されます。
英文はレベル0~から6まで分かれているので 、色々なレベルの方でも利用できると思います。
海外のサイトなので、日本語訳がありませんが、同じ内容でも低いレベルの記事を読むなどすればある程度内容がつかめるのではないかと思います。


Science alert
【ネイティブ向け】
上記までのwebサイトは英語学習者向けに作られており、そこまで難しい記事はありませんが、こちらはネイティブ向けのニュースサイトです。政治・経済などの記事はありませんが、科学、健康、環境などの理系分野のニュースが掲載されています。
レベルは英検1級のリーディングと同程度だと思います。記事はやや長めですが、私はちょうど週に何本かScience alertの記事を読んでいた時に英検1級の一次試験に合格したので、リーディング力は鍛えられると思います。


SORA NEWS24
【ネイティブ向け】
日本でも有名なロケットニュースの英語版です。
1日に何本もの記事が掲載されます。
日本のネタが多く、面白い内容が多いです。
英語試験やニュース英語と違って文章からカジュアルな雰囲気が感じられるため、フォーマルな英文ばかり読んでいると難しく感じてしまうかもしれません。
ちなみに英語学習とは関係ありませんが、2019年1月21日の記事では、私が作成した3DCGが紹介されていました。


【ネイティブ向け】
日本のアニメや漫画に関する英文ニュースサイトです。
ニュース以外にもアニメやゲームに関するコラムもあります。
ニュースはフォーマルな書き方でやさしめですが、コラムの英文では難しめの表現も多くみられます。


◇その他
English Navi
英語学習の情報サイトです。
英語試験関係の情報が充実しており、特に『英検1級二次試験に出題されたトピック』の記事が今まさに英検1級二次試験を勉強している身としては非常にありがたいです。


楽しくスキルアップ♪海外ドラマを使った英語勉強法☆
海外ドラマを使った英語勉強法について紹介されている個人のブログです。
特に海外ドラマビッグバンセオリーの各話の解説が細かく、英文スクリプトや対訳スクリプト、ドラマの中で使われた難しい単語の意味を確認することができます。


以上、最近私が英語学習のために読んでいるwebサイトの紹介でした。最近は記事の英文をワードパットにコピーして利用しています。
英文にわからない単語があれば黄色でマーカーして、文章の下に英単語と日本語の意味を書いて、日本語の意味の文字色を白にしています。こうすることにより、読み返したとき文字を選択して色を反転させないと日本語の意味が確認できないようにしています。

7CA561A8-AEA1-495D-BE46-114E5647B31D

1月20日(日)に久しぶりにTOEIC Speaking & Writing testを受験しました。
受験目的は、英検1級の一次試験に受かったものの、二次試験の面接で撃沈したのでアウトプットの練習のためです。もっとも、3月に予定されていた英検二次試験は申し込み忘れをするというポカをやってしまいましたが...。

さて、試験会場には今回も1番に到着しました。Listening & Reading testと違って、SWは試験会場が毎回変わるので、迷ってもいいように早めに家を出ているからです。

Speaking問題では、『資料を見ながら電話相手の質問に答える問題』で、相手の名前をちゃんと聞いていないと答えられない問題がありました。私はちょうど気が緩んでいたことと、質問内容を聞き取ることに意識を集中していたこともあって、相手の名前を聞き逃してしまいました。
そのため、資料のどの部分を回答していいかわからず、勘で答えてしまいました。
次の問題では、ちょうど回答したところを答えるような質問があったので、おそらく前の問題で私が回答した内容は不正解だったと思います。
『自分の意見を述べる問題』では、ちょうど『英検1級面接大特訓』という本で覚えていたフレーズがそのまま使えたので回答しやすかったです。
しかし、試験が終わってから振り返ってみると、覚えていたあのフレーズやこのフレーズも言えたんじゃないかという反省点がいろいろありました。

Writing問題では、まず最初の『写真の状況を説明する問題』で試験後に簡単なスペルミスをしていたことに気づきました。
それでも今回は直前まで特にWritingの練習に力を入れていたこともあって、いつもより書きやすかったです。
その後の『メールに返信する問題』、『自分の意見を書く問題』も今回は書きやすかったです。どちらもかなり自由な内容が書けるので、いかに書きやすい話をでっちあげれるかということがこの試験の肝な気がします。
特に『自分の意見を書く問題』では、自分の意見と共にそれをサポートする『具体例』を書くことが効果的と参考書にありました。そのため、以前受けた試験では架空の妹の話で文章を稼いでWriting: 170点も取ることができました。
今回は問題的に架空の妹を出すことはできませんでしたが、それでも適当に話をでっちあげて高得点の基準となる300words以上書くことができました。

以上、今回受けたTOEIC Speaking & Writing testを振り返ってみました。
前回2017年12月に受けたときはSpeaking: 120、Writing: 160でした。今回はどちらも前回より手ごたえがよかったので点数アップしているのではないかと思います。予想(希望?)ではSpeaking: 140、Writing: 180です。

次の英検二次試験は7月です。まだ期間があるので、結果を見てもう一度受けるか考えます。TOEIC LRも以前受けてから間が空いているのでまた受けるのもいいかもしれないと思っています。

英検1級の合格に向けて、次の英検が終わるまで発信力強化のために、
・英検1級英作文練習
・英検1級スピーチ練習
・オンライン英会話
を1週間のうちに必ずやる課題にしようと思います。

この記事では「英検1級英作文練習」の活動についてにまとめていこうと思います。
一度英作文を書いて、自分で添削したり有料添削サービスで添削したものを載せていきます。
自己添削は辞書でいい表現を調べたり、Wordでスペルミスがないか確認した後、Gingerという無料の英文チェックサイトを活用して文法ミスがないかを確認しています。そのため、間違いもあると思います。続きを読む

このページのトップヘ