2017年06月11日

【来場御礼】レクイエム【満月動物園】


終演いたしました!
ご来場くださいました皆々様、
本当にありがとうございました!!!



−−−−−−−−−−−−−−−−−−

満月動物園 第弐拾八夜
【レクイエム】

「私たちが埋めたタイムカプセルを一緒に掘りに行きませんか? ハマダヨウコ」

同窓会前日に届いた一通の手紙から、その悲劇は始まった。

シヌキデオモイダセ。

丸尾丸一郎の怪作・伝説の監禁ホラー劇「山犬」が、戒田竜治演出により満月動物園の「レクイエム」となって甦る。

大阪箕面市にある女子校のコーラス部OBに、恐怖の歌声が迫り来る……。


【作品PV(YouTubeリンク)】
https://youtu.be/luIFDvzix6k


演出:戒田竜治
脚本:丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)
■出演■
河上由佳
西原希蓉美
諏訪いつみ
笹川未希
丹下真寿美
中村ゆり
湯山佐世子
近藤ヒデシ
戎屋海老
■声の出演■
乃神亜衣子
原 典子


【日程】
2017年6月
9日(金) 19:30
10日(土) 15:00 / 19:00
11日(日) 11:00★ / 15:00
★…終演後、リレーアフタートークを開催。
ゲスト:中川真一(遊劇舞台二月病) / 浦部喜行(浪花グランドロマン) / 進行:相内唯史(at will) / 登壇:戒田竜治 ほか
■リレーアフタートークとは? ■ space×drama○上演各団体が過去14年間の参加劇団からゲストをお招きしたアフタートークをリレーしspace×dramaを語り直します。


【チケット】
前売 3,500円
当日 3,800円
ペア割 6,000円
学割 2,500円
ペア学割 4,000円
 
* 6/9のステージは学割・ペア学割の対象外となります。
* 各種割引は併用できません。また、日にちステージをまたいでのご利用はできません。
 
■自由席
* 開演60分前より受付を開始し、自由席の入場整理券を配布いたします。ご入場の際は整理券番号順のご入場となります。
■ブロック指定席(Aエリア・Bエリア)
* 見えやすいお席をブロック指定席としてご予約頂けます。お席は各回Aエリア10席・Bエリア16席で先着順に割り振りさせて頂きます。
* 開演の10分前にはブロック指定席の指定を解除させていただきます。それまでにご来場ください。
* ブロック指定席はWEB予約のみのお取扱となります。
●Aエリア:迫力ある最前列から2列、舞台中央付近のベンチシート席。
●Bエリア:ゆったりとご覧頂ける、客席中ほどの背もたれのある椅子席。


【会場】
シアトリカル應典院(おうてんいん)
(〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27 浄土宗大蓮寺塔頭 應典院 TEL 06-6771-7641)

* 地下鉄堺筋線「日本橋駅」/近鉄線「日本橋駅」8番出口より東へ徒歩7分
* 地下鉄谷町線「谷町九丁目駅」/近鉄線「近鉄上本町駅」3番出口より西へ徒歩8分
* 地下鉄御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば駅」/近鉄線「近鉄難波駅」/南海線(南海電鉄)「なんば駅」から 千日前通 徒歩20分


【ご予約】
http://ticket.corich.jp/apply/82271/hid/
(近藤ヒデシ ご予約フォーム)


そのほか、チケットのご予約や詳細・ご質問等は、このブログのコメント宛てでも承っております!

皆々様、
夏のはじまりに満月動物園が贈る
【監禁ホラー】・・・いかがでしょうか?



2017年04月11日

COMPLETE爆弾が三人になりました!



旗揚げから17年。

孤高の独り劇団 COMPLETE爆弾は、、
なんと三人劇団になりました!

そこに浅田武雄氏(O.Z.E@大阪)をゲスト
出演に迎え、新体制でお送りするはじめての公演はこちら!!



【火曜日のゲキジョウ30×30】pair.67
(2つのユニットが、およそ30分の作品を
交互に上演する対バンスタイルです!)

4月11日(火曜日!)

COMPLETE爆弾
×
なりそこないプリンセス

会場:インディペンデントシアター1st
http://itheatre.jp/access.html
(1stの方でございます!)



COMPLETE爆弾
【ファミリー】
作・演出:近藤ヒデシ

出演:
大橋未歩
吉原麻梨子
浅田武雄(O.Z.E@大阪)
近藤ヒデシ


【開演時間】
・18時30分:COMPLETE爆弾
・19時10分:なりそこないプリンセス
・19時50分:COMPLETE爆弾
・20時30分:なりそこないプリンセス

チケット料金
(前売:1800円/当日2000円)
※チケット1枚のご予約で、連続する2作品をご覧いただけます。

【チケットご予約フォーム】
https://www.quartet-online.net/ticket/170411?m=0ejgaha

さらに!
事前にご予約をされていない場合でも、
当日受付にて魔法の言葉
「コンプリートばくだんのチケットで」
と言って頂けますと、
前売料金でのご観劇が可能です!

お仕事帰りなどに、ぜひとも
「魔法の言葉」をご活用ください!

その他、詳細や質問・チケットご予約自体も、このブログのコメントにて承っております!


皆々様、
新生COMPLETE爆弾を、
どうぞよろしくお願いします!!




2017年03月04日

事のつづき。


第28回石原正一ショー【筋肉少女17】、
全日程終演いたしました。
観届けてくださった皆々様、本当にありがとうございました!!

正一さんは少年ジャンプのキン肉マンの
連載世代。
俺はキン肉マンのアニメ放映世代。
我々に8歳の差があっても、キン肉マンに差はないのでした。
それは舞台筋肉少女も然り。

こうして、しばらく演劇を続けていると、専門学校や養成所などで若人たちと接する機会が増えてくる。リアルタイムな現代っ子と一緒に芝居を創ることがある。
「声優になりたい」といって学校にやってきて、卒業時に将来の夢は「ユーチューバーになりたい」と語ったりする。
声優でもユーチューバーでもない俺は、そんな彼らとの芝居創りにいつも難儀しながら挑戦している。

ふと自分の足もとをみると、演劇人でいたはずの近藤ヒデシの影は薄くなっていたりして、、妙な不安に苛まれる事もあったりなかったりした。
あと、近藤ヒデシのハゲは薄くなっていたりする、という韻踏みライムも。ヨゥヨゥ。


およそ25年の歴史を刻む石原正一ショーは「持てる力を稽古場で披露する見本市」と出演者から称されるように、自分のポテンシャルを感じられる現場だと思った。
いや、ざっくりいうとすべての演劇の現場はそうなのだけれども、、なんというか、正一ショーは、そのモチュベーションやリミットレスな受け皿が抜きん出ていると知る。
そうして、そこでは演劇人でいる事を実感した。

とはいえ、
専門学校を卒業する若人が「やっぱり卒業したら演劇人になりたい」と言ったなら、止めようと思います。じっくりお話しして、ひとまず止めようと思います。



2017年02月27日

正一ショー【筋肉少女 17】

アイドル超人の隠し子は女子高生?!

正義に目覚めたスケバンが、、、、、
学園の悪を撃ち倒す!!!!!!!!

『おまんら、屁の突っ張りはいらんぜよ』



第28回石原正一ショー
『筋肉少女 17』

2017年2月22日(水)〜27日(月) 
大阪 HEP HALL / common cafe


作・演出:石原正一

出演:
丹下真寿美
竜崎だいち(羊とドラコ)
吉陸アキコ(sunday)
永津真奈(Aripe/ブルーシャトル)
中谷真由美
Sun‼︎(DACT party)
川端優紀
東千紗都(匿名劇壇)
真壁愛
細野江美
高安智美(劇団SOLA)
石原正一(石原正一ショー)
山浦徹(化石オートバイ)
近藤ヒデシ(COMPLETE爆弾)
美津乃あわ


大阪公演(全10ステージ) 


【開演時間】

HEP HALL (http://www.hephall.com/map/)

2月22日(水)
☆14時29分 / 19時29分
23日(木)
☆13時29分 / 18時29分


中崎町common cafe (〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F)

2月24日(金)20時29分
  25日(土)19時29分
  26日(日)11時29分 / 15時 /18時29
27日(月)19時29分

(開場は開演の29分前、受付開始は開場の29分前)        

【料金】
3300円(日時指定自由席整理番号付。前売、当日共通。両会場同一。) 
☆2900円 (平日昼公演限定。日時指定自由席整理番号付。前売のみ扱い。)


【チケットご予約フォーム】

HEP HALL 公演
http://ticket.corich.jp/apply/80289/KKH/

common cafe 公演
http://ticket.corich.jp/apply/80290/KKH/



皆々様、
ご都合よろしければ、
どうか観にいらしてくださいまし!

詳細や質問等も、
コメントにて承っております!!

是非!ぜひ!!


2016年10月20日

二度目の「のらん」。


TEAM54プロデュースvol.9【のらん】、
終演いたしました。

ご来場くださいました皆々様、
本当にありがとうございました。

全日程前売り完売という状況でございまして、ご来場いただけなかった皆様、申し訳ありませんでした。

ぜひ「再々演してほしい!」という意見をTEAM54さん宛てに送っていただけると嬉しいです。
それが叶えられた折には、また出られるよう頑張りますね。




当たり前ですが、二年前、初演の「のらん」と今回では、特に大きく変わった事がいくつかありまして、、

まずは出演者が10人増えて、40人芝居になった事。
一口に増えると言っても、30人でも大人数でしたので、40人はもうなんと言いますか・・・大人数でした。

満員電車に乗った時、「のらんっぽいなぁ」と思ってました。
出演者が密集するシーンでは、JOJO立ちの様相で臨みましたねぇ。


大塩先生が替わった事も凄い変化の一つです。主役が替わったのですから。

まったく違うタイプの、二人の大塩先生に御仕えできて、おもしろかったです。



あとは、あの座組みの「若い世代」への印象が、二年前と今回とでは随分違って感じられました。
自分が歳を取ったというのもあるかも知れませんが、所詮はおっさんの二年です。
でも、「若者組」の二年の違いというのは、確実に大きなものだったと思います。

二年前の若者の方が、今年の若者よりも大人だったんだなぁと。





なんだか最近、芝居を語る事にモチュベーションを感じなくなってきたと思います。
芝居を創る事は相変わらず好きです。

だから、あんまり芝居の話しをしなくてごめんなさい。

これからも、
よかったら芝居を観てください。

みなさんがいるから、
我々が居られるんです。




2016年10月16日

「のらん」前売完売回のキャンセル待ち御予約について。

TEAM54プロデュース vol.9【のらん】公演の前売御予約完売回につきまして、
「キャンセル待ち御予約受付け」を承らせていただきたいと思います。

現在(10/3時点)、

【10/13(木)・19時の回】
【10/14(金)・19時の回】
【10/15(土)・13時の回】
【10/15(土)・18時の回】
【10/16(日)・14時の回】

がそれぞれ前売御予約売り止めとなっております。

このいずれかの公演のご観劇を御希望のお客様は、コメントにて、キャンセル待ち御希望の旨をお知らせくださいまし。

キャンセルが出た際に、チケット(前売料金)の確保とご連絡をさせていただきます。

加えて、公演についての質問などもコメントでお寄せくださいまし。

TEAM54プロデュース【のらん】、どうぞよろしくお願い申し上げます!



【出演】TEAM54プロデュース「のらん」【固定記事】

2014年に上演された
"男だらけの三十人芝居"が
二年の時を経て・・・
"男だらけの四十人芝居"になって
帰ってきた!!


TEAM54プロデュース Vol.9
「のらん」

脚本:オカモト國ヒコ 演出:川浪ナミヲ

出演:内場勝則 前田耕陽 副島新五

一谷伸 うえだひろし(リリパットアーミー) 加納明 桐山篤 國藤剛志(projectcompany美生)近藤ヒデシ(COMPLETE爆弾) 沢竜 炭谷征之 高関優(吉本新喜劇) 田中覚(チーム☆レトリバーズ)土性正照(劇団赤鬼) 長橋遼也(リリパットアーミー) 泥谷将(Micro To Macro) ヒロト(吉本新喜劇) 森崎正弘(MousePiece-ree) 吉岡みきお
*五十音順

岩永海星 太田皆人 小中友則 小谷地希 佐々木潤一 佐々木徹 皺大地 谷口輝 谷崎大暉 寺中空良 永田裕哉 肥田日向 平岡稔康 前田将大 前原一友 松下大 松谷圭悟 丸山雄大 宮川隼人 守山龍之介 吉田卓己
*五十音順


会場:ABCホール
大阪市福島区福島1-1-30 Tel. 06-6451-6573
http://www.asahi.co.jp/abchall/map/


公演スケジュール
10月13日(木)19:00
10月14日(金)19:00
10月15日(土)13:00
10月15日(土)18:00
10月16日(日)14:00
※受付開始は開場30分前/開場は開演30分前


チケット
全席指定席 前売 4,000円/当日 4,500円
発売日 2016年7月30日 ※未就学児童入場不可

高校生以下 前売3,500円(当日券\500UP)
※全公演の小中高生券、学生割引は当日学生証確認あり。


カルテットOnline
(近藤ヒデシ 取り扱い予約フォーム)
https://www.quartet-online.net/ticket/noran2016?m=

*カルテットOnlineでは事前精算、当日精算のご予約が可能です。お座席は事前精算のご入金順に前方より配席させていただきます。お座席の指定はできませんので予めご了承ください。



企画製作/TEAM54株式会社 エクゼクティブプロデューサー/前田耕陽 プロデューサー/soezimax 梅澤正人 音楽/瀧口系太 松脇広勝 舞台監督/伊達真悟 照明/西村洋輝 音響プラン/須川忠俊(ALTERNAIT) 振付/斉藤千秋 舞台装置/伊串工務店 制作/しまおともこ 制作協力/株式会社アーク 猪瀬典子(Quantum Leap*)
協力/(株)カートプロモーション (株)エフエンタープライズ 劇団赤鬼 劇団鉛乃文檎 漆原未代 エーチーム・アカデミー エーライツ 玉造小劇店 Z system イズム Dプロモーション(株)よしもとクリエイティブ・エージェンシー


−−−−−−−−−−−−−−−−−−


その他詳細やご質問等ございましたらば、
コメントにてお声掛けください。
お気軽に!



秋の夜長に・・・

暑苦しくて熱苦しくて愛くるしい、

【歴史スペクタクル会話劇】を

どうぞご堪能くださいましぃ!!




2016年06月23日

ながら、ダメ。


お久し振りです。僕ちゃんです。
またも長らくのブログ放置でしたね。これからは、もっと頻繁に更新していきたいと思っています。そう、人一倍思っています。


以前、新しい眼鏡を買った事を記しましたが、その眼鏡が、新しくなりました。


その日は眼鏡をかけ自転車で出掛け、人と会い楽しい時間を過ごし、そして帰り道にモスバーガーに寄って、モスのバーガーを持ち帰りし、食べながら帰りました。

スマホを操作しながら自転車を駆るのは、かねてよりやめた方がいいと思っていました。危ないですもん。


その眼鏡は、ヘシ折れました。
片手でスパイシーモスチーズバーガーという、牛丼の並盛りよりも高い高級ハンバーガーを食べながら自転車を駆り、車道から歩道に乗り上がる少しの段差でバランスを崩し、高級ハンバーガーを投げ出せば受け身もとれたんでしょうが、ちょうど大きめの一口をかじったタイミングにつき、倒れゆく一瞬で高級なバーガーの残りを守ろうと、顔で受け身をとりました。
顔が着地の始めでした。
眼鏡、ヘシ折れました。
地面に転がるヘシ折れた眼鏡を見ながら、正座でスパイシーモスチーズバーガーの続きを食べました。

ヘシ折れた眼鏡の写メを撮り、その日はそうとう低い視力のまま何とか家に帰りつき、翌日、その眼鏡を買った店にヘシ折れた眼鏡を持って行きましたが、残念ながら復元はできないとの事で、まったく同じ眼鏡を買いました。ヘシ折れた眼鏡とまったく同じ、ヘシ折れてない眼鏡を買いました。前々回の記事で書いたように、まだ長く使っていなかったので悔しさもひとしおです。

皆さんも、
ながら高級バーガーはやめましょう。



2016年04月30日

一種食い。


食べ物には、どちらかというと、少々は、いや人並みには、こだわりがある方で。
何かをしながら食べるのができない。というか、「ながら食い」をすると、料理の味がわからなくなるタイプでして。
かつてサンドウィッチ伯爵(男爵?公爵?侯爵?)がカードゲームをしながら食べられるようにとサンドウィッチを考えたそうで。
サンドウィッチ大好きです。個人的に発音する時はサンド「イッチ」ですが、そんなサンドウィッチが大好きです。
でも大好きなサンドウィッチを、カードゲームをしながらだと、ちゃんと味わえない自信があります。

加えて、気に入った料理はずっと食べていたい方で。何食も同じ料理が続いても平気です。むしろその時の自分の流行りの料理を毎回食べられるのは嬉しいです。
最近はまたちょくちょく自炊するようになっていて、同じ品目の食事をとりますが、その都度作る手間を考えて、一応保険としてもう一料理のパターンを用意します。調理時のモチュベーションに応じてどちらかのルーティンで食べます。

テレビを観ながら食べると味と向き合えなくなるので、テレビの方を「ながら観」してやります。食事優先です。
ただ、大好きな大食い系の番組の時は、しっかり観ながらしっかり食べます。
大食い選手の一人になってテレビと一緒に食べ始めて、で、すぐお腹一杯になります。
あの人たちスゲェなぁ。



2016年03月03日

メガネマン。



えー、まずは新年のごあいさつを。

皆様、明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします!


そうですね。
このブログ、ほったらかされてましたね。
かわいそうですね。

ほったらかすって言葉、カタカナにすると、ロープレに出てくる間抜けな従者のようですね。

【ホッタラカスは、身を守っている】



眼鏡を作りました。
ちゃんと、度数を測り直しました。
これまでのおよそ10年間、低価格帯のお手軽眼鏡をかけて、ボロボロになったら新たなお手軽眼鏡に掛け替える、というように過ごしてきました。
いつも、すぐに新たな眼鏡を引き取りたいので、ボロボロになった眼鏡と同じ度数で作ってもらってました。

が、このほど、いつもの低価格帯の眼鏡が入荷されていないという事で、腹をくくって良い眼鏡にしました。
良い眼鏡といっても、レンズ込みで12000円(税込)です。眼鏡にこだわりのある方なら、リーズナブル過ぎて不安になる事でしょう。

そうして、俺にとっての高級メガネには、きちんと度数を測り直したレンズを入れてもらいました。
視力でいうところの、およろ0.4ぐらい強くしてもらいました。これで、だいたい視力1.0の人と同じくらい視えるようになったのです。
これまで、眼鏡を掛けた俺の視力は、0.6ぐらいだったのです。それで世の中を渡り歩いていたのですね。

新しい眼鏡にしてからは、望遠鏡のようにしっかり視えます。良い気分です。


次は、コンタクトの度数を測り直そうと思います。



Recent Comments
Recent TrackBacks