プリザーブドフラワークリスマスプレゼント >  >> 1年〜5年はそのまま

1年〜5年はそのまま

プリザーブドフラワーとは Preserved(保存する)と言う意味の英語で、クリスマスプレゼントに最適な、ドライフラワーとはまた違って生花の感覚に近い質感を持つ、長期保存が可能な切花のことを言います。ここ数年、花束やリースなどにアレンジをし、贈り物として注目されています。

プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントに贈った場合、どれくらい保存が可能かというと、水も光も与えずに、1年〜5年はそのままの姿を保つことができると言われています。また、香りや花粉の心配もなく、アレルギーの方や、病院へプレゼントを贈る場合も安心です。

プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントとして贈る時に、ネックになるポイントがいくつかあります。その一つは、値段が高いと言うことです。生花の3倍から、物によっては5倍位します。もう一つは、最近技術が進んでかなり増えたとはいえ、花の種類が少ないことです。

プリザーブドフラワーがクリスマスプレゼントに適している、と言われるのは永もちする、と言うだけではありません。実際の生花にはない、鮮やかな色の花や葉も大きな理由の一つと言えるでしょう。加工技術の進歩で、花の種類も少しずつですが増えてきています。これからますます需要は高まっていくことでしょう。



プリザーブドフラワーは、生花に特殊な加工を施して長期保存可能としたもので、、クリスマスプレゼントとしては、リースやフラワーバスケットのデザインで贈られることが多いようです。非常に色が鮮やかで、しかも生花に近い質感は、ドライフラワーとは一味違っています。

プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントにと考えた時、第一の利点は水や光を与えずとも1年〜5年間は、初めの姿のままで保存することができる、と言うことです。さらに香りも、飛び散る花粉もないために、アレルギー体質の方でも安心して部屋に置いておくことも可能です。

プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントにする場合、よい話ばかりか、と言うと決してそうではありません。では、短所を考えて見ます。まず、値段が高いこと(生花の3〜5倍)、花の種類が少ないこと、高温多湿を嫌うため、日本の梅雨から夏にかけての世話が大変なことなどが挙げられるでしょう。

プリザーブドフラワーは、クリスマスプレゼントとしての需要が増えています。加工技術の進歩で花の種類もデザインも増え、リースだけでなく、色々な種類が販売されています。長い間花が色あせないように贈り主の気持ちをいつまでも感じることができるプレゼントなのです。



【母の日】アニヴェルセル表参道プリザーブドフラワー リングピロー
生物動画 >> スポーツ動画 >> 車、乗り物動画 >> 科学、技術動画 >> 旅行、地域動画 >> アダルト動画 >> オカルト、ハプニング、ショッキング動画 細川ふみえ 重婚 時東ぁみ wikipedia 母の日 カーネーション『駄々をこねるな、始めるぞ。 ...(続きを読む)



母に日に贈って喜ばれた物貰って嬉しかった物は何ですか?毎年ですからナカナカ良...
母に日に贈って喜ばれた物貰って嬉しかった物は何ですか?毎年ですからナカナカ良い物が浮かびません(続きを読む)




【最速60分で送金完了】クレジットカードのショッピング枠をオンライン決済で現金化『かね福』 クレジットカードのショッピング枠をオンライン決済で現金化。最速60分送金。還元率最高90%
ショッピング枠から現金

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔