今、改めてスッキリさせておきたい話があるのでブログ書きます。長くなったら申し訳ない。



2013年の1/1に俺らは正式に今の5人のメンバーになりました。

そもそもCzecho No Republicは武井、正太郎、八木、アディムの4人で動いてたバンド。(正確には八木ちゃんが入る前にクアトロというバンドの松坂が手伝ってくれてました)

この形態で約2年動いた時、アディムがイラストレーターを目指しバンドを抜けたいと言いました。俺は糸が切れて解散しようと思いました。

そんな時、インディーズ初シングルCasuallyから全作品、コーラスとして参加してくれていたタカハシマイが解散は勿体ないから、手伝えることがあるなら手伝うと言ってくれました。

当時彼女は別の会社でデビューが決まっていたけど蹴ってまでこっちに来てくれました。それくらい真剣に力を貸してくれました。

アディムにはシンセとギターをやってもらっていたので、技術的にタカハシ一人では無理だったギターの部分を

ギタリストの砂川さんがサポートしてくれることになりました。

2人がいなかったらバンドは消えていたのですごく感謝している。

ちなみにアディムは今でも陰でグッズのデザインだったりでちょこちょこ活躍してくれてる大事な仲間。


まずこれが簡単なバンドの成り行き。


この5人になって2年がたちました。その間色々あった。
前の4人と比べられることも多々あった。今でもある。

この前砂川さんがインフルエンザで倒れ、ライブをキャンセルした時、最初に手伝ってくれていた松坂にまた力を貸してもらいました。

その時、松坂サポートの報に喜びの感情を表した意見がけっこうあったし、届いた。俺もまた一緒に出来る嬉しい気持ちは勿論あったけど、これにとても違和感を覚えました。
ならばいっそのことライブをキャンセルした方が良かったんじゃないかと思いました。

懐かしい気持ちはあるのかもしれないけど、砂川さんは大事なメンバーであり、バンドを存続に導いた重要な1人。

俺らはこの5人で切磋琢磨して、ガッカリしたり、泣いたり、喜んだりして、何とか這ってでも前に進んできた。
だから今のこの5人のメンバーをちゃんと応援してほしい。

昔が懐かしいなら正直もう来ないでいいと思ってる。



今回2/4に出るシングル、For Youは俺らのメジャーセカンドシングル。

この楽曲はポッキーのタイアップもあり、バレンタイン時期っていうのもありタカハシマイにボーカルをとってもらいました。

タカハシにはインディ時代からコーラスの枠を超えて歌ってもらっている。ほとんどツインボーカルの曲もあるし、1人メインで歌っている曲もある。これは今の5人だから出来るスタイルだし、俺は好きだからこれからも続ける。

だから普通の感覚で俺らはタカハシボーカルの曲を今回出します。

でも、あまり俺らの歴史を知らない人はなんでタカハシが歌ってるのか疑問に思ったり、ふらっとバンドに入ってきた読モが歌ってると受け取ってしまう。

捉え方は人それぞれだから仕方ないけど、タカハシもバンドを存続に導いた大切なバンドマンだという事実を知っておいてほしい。

届かないかもしれないけどちゃんと文章でこのタイミングで残しておきたかった。

この5人がCzecho No Republicであり、何を望まれてもこの5人でワガママに変化していくつもりです。


これからもよろしくお願いします!頑張ります。

トラックバック