今日の一枚 しばたのブログ

作家・柴田よしきのブログです。春から秋は蝶の話題が中心です。

5月8日 群馬県まで蝶撮りに

170508スミナガシ01


 2ヶ月半も前の記事です。すみません。
 5月8日。
 早起きして群馬県まで車を飛ばしました。毎年、ミヤマカラスアゲハやスミナガシを楽しみに行くポイントです。
 でも今年はちょっと、季節の進み方がゆっくりだったみたいで、まだレンゲツツジも蕾が半分。ミヤマカラスアゲハは飛んではいましたが、数が少なく、ツツジで吸蜜もしてくれなかったので撮れませんでした。残念。
 他の蝶もなんとなく少ない。あと一週間くらいしたらドッと出て来そうな気配はあったんですが……

 
170508コジャノメ01


 このコジャノメはちょっと変わってました↑
 初めは、傷んでいるのかな、と思ったんですが、よくよく見ると、翅の縁の部分にある黒い部分が濃いんですね。斑紋異常と言うほどのものではないけれど、ちょっと個性的。

170508コジャノメ


 この日いちばんよく見かけたのはコミスジくん↑
 
170508ヒメキマ01


 ヒメキマダラセセリ(17-029)発見! ↑
 やっとヒメキマさんの季節。女の子ですね。↓

170508ヒメキマ02


 でも蝶の姿が少なくて、ちょっとガッカリです。
 まだこんな子もいました。

170508ミヤマセセリ


 ミヤマセセリ、もうかなり貫録のある(^^;;;スレ個体ですが、元気でした↑

 草地のところで、青い小さな蝶がたくさん飛び回っているのに遭遇。
 すごい数!
 ヤマトシジミの♂が、ものすごい数いました。100頭は軽くいたんじゃないかしら。

170508ヤマト飛翔01

 ヤマトシジミはどちらかと言えばシーズン通してだらだらと発生するので、一ヶ所に群れている、というのはあまり見ない気がします。いても、十頭くらいが飛び回っている感じ。

 たくさんいるのに、一頭としてじっとしていません。まったくとまらないので、飛翔撮りするしか手がない。

170508ヤマト飛翔02


 でも一頭を追いかけると画面の中に別の蝶が飛び込んでしまう混雑ぶり(笑)

170508ヤマト飛翔03


 久しぶりに広角飛翔撮りをしたんですが、なんか下手になっていて(笑)、なかなか撮れませんでした。

 夕方3時を過ぎて、やっとスミナガシのテリ張りタイムです。

 
170508スミナガシ02


 このポイントのスミナガシ(17-030)は一年ぶりの再会。
 やっぱりカッコいい蝶ですよね〜

 ミヤマカラスアゲハもオナガアゲハも撮影チャンスがありませんでしたが、こんなアゲハが撮れました。

170508キアゲハ


 キアゲハ(17-031)、とても綺麗ですよね。

 今年はミヤマカラスアゲハを撮り損ねてかなり残念でしたが、ミヤマカラスアゲハは年に2回出て来るので、今度は別の場所で狙います。

 (この記事は、7/17に公開しますが、次の記事を出す時に5/8に移動させます)
 

山地のゼフィルスもハイシーズンです。

170714メスアカ01


 仕事に追われています。隙間を見つけては日帰りで蝶撮りに出かけているんですが、画像を整理したりブログに記事を書く時間がとれません。ごめんなさい。

 ということで、今回も、とりあえずのご報告です。

 7月13日、朝五時に家を出て群馬県まで行って来ました。狙いは山地性ゼフィルス、特にジョウザンミドリシジミのポイントを目指して出かけたんですが、下はギンギンに晴れているのに山に上がると曇り空。時折雨も降っていました。
 ジョウザンミドリシジミはいたんですが、翅を広げてくれず。それでも何枚か撮ったので、また時間ができたら整理して記事にしますね。

 で、他のポイントで、メスアカミドリシジミ(17-028)を見つけました。
 低山地のメスアカミドリシジミは一ヶ月近く前にシーズンを迎え、もうほとんど姿を見せませんが、高地や寒冷地では、今年は少しシーズンインが遅れたこともあってか、まだ見られます。
 でもさすがに、この日目撃したのは1頭だけ、それもかなり翅が傷んでいました。

 それでも、さすが、クリソゼフィルス!

170714メスアカ02


 金緑色の輝きが素晴らしいです。
 わたしの写真では、実際に目で見た時の驚くような輝きの強さが表現できなくて残念。色も、写真だと青みを帯びてしまうんですが、実際にはもっと緑色をしています。
 輝きの強さではゼフィルスの中でもトップクラス。暗い林の中にいると、木漏れ陽のように光ります。

 今年は、いつもメスアカを撮る山梨県の低山地では、卍をしていたメスアカを見ただけで画像は撮れなかったので、ここで撮れて嬉しい(^^)

 来年は、もっと新鮮な状態で撮りたいなー

 とても好きな蝶です。
Archives
Categories
Twitter はこちらへ
プロ野球のシーズン中は、Twitterではヤクルトスワローズ中心になりますが、小説や蝶の話題も歓迎。
  • ライブドアブログ