今日の一枚 しばたのブログ

作家・柴田よしきのブログです。春から秋は蝶の話題が中心です。

ムラサキツバメとカサブランカ

P6272227

 今日は叔母のワクチン接種2回目に付き添いました。昨日の父と同じ接種会場の同じ時間帯なんですが、今日はとても空いていて、あっという間に終わってしまいました。天気予報では雨が降るはずだったのに、幸い、雨も降らず無事に終了。今年90歳になる父と、85歳になる叔母のワクチン接種が二回済んで、ひとまずホッとしました。
 でも免疫がしっかりつくまでにあと半月はかかるし、しっかりついたとしても、感染しないわけではないので、まだ当分はマスク生活してもらい、出来るだけ人混みも避けてもらわないと。南米ではワクチンの効果が著しく減じる変異ウィルスも出ているそうで、いつまで我慢したら元のような生活に戻れるのか、まだ先は見えませんね。
 それでも、ちょっと肩の荷はおりた感じです。

 帰宅してから郵便物をポストに出しに出て、家のすぐ近くで、何か茶色い蝶が飛んでる! と見つけて慌ててカメラを取りに行き、探してみたら、ムラサキツバメでした。
 実は家の近くの街路樹にマテバシイがあり、引っ越して来た早々に、庭にムラサキツバメが飛んで来たことがあったので、昨年の冬はムラサキツバメの日向ぼっこが撮れるかと期待して探していたんですが、見つからず。街路樹がかなり剪定されたこともあって、もういなくなったのかしらと思ってました。

 でもちゃんといた!
 一昨年に切り倒されたマテバシイの根元に生えたひこばえが、今年はかなり大きくなって人の背丈ほどにこんもりと茂っていて、どうもそれに産卵に来ているようです。とても風が強くて、翅は開いてくれませんでしたが、飛んだ時にメスだと確認できました。

 今年の冬は期待できるかも。ムラサキツバメのオスの開翅がとても好きなので、楽しみ。

P6272237

 テッポウユリはそろそろおしまいですが、カサブランカの赤が咲きました。このカサブランカは昨年購入した球根から育ったもので、以前から育てていたものとは違うんですが、どうも品種も少し違うみたいで、葉のつき方がササユリ型じゃないんですよね。想像していたよりもちょっと派手過ぎて(^^;;; 正直、あまり好みじゃないんだけど、これだけ立派に咲いてくれたので、これから何年も咲き続けられるようにお世話したいと思います。

 六月ももうあと数日でおしまい。今年も半分過ぎてしまいました。
 コロナ、コロナで、ほとほと疲れましたね。奇跡が起こって今年の残り半分、楽しい日々になるといいんですが。 
 

新刊、発売前重版となりました。応援ありがとうございます!

5162zcdhjWS._SX343_BO1,204,203,200_

 新刊『あんのまごころ』、すでにネット書店などでは出荷が始まっておりますが、奥付は6/18、発売日は明日15日です。今週中には書店さんにも並ぶと思います。

 お勝手のあんシリーズ第四弾、本日版元さんより重版の連絡をいただきました。発売前重版(予約分での重版決定)です。本当にありがとうございます。

 書店さんも時短や休業要請やらで開いていなかったり、書店が入っていた商業施設が休業してしまったりと、この時期に新刊が出た作家はみんな苦戦しております。そんな中、営業さんの尽力や、シリーズを大切に思っていてくださる読者さんたちの応援、書店さんのご協力で、まずは重版にこぎつけたこと、身にしみてありがたく思っております。

 シリーズを続けることができるよう、今回もみなさまの支えをお願いいたします。
 そしてご購入いただいた皆様が、ほんのひと時でも、コロナ禍やらなにやらの憂いを忘れて、楽しい時間を過ごしていただけましたら作家として何よりの喜びです。

 今回もTwitterでは「新刊お宝プレゼント」を予定しておりますので、読了後も少しだけお手元に置いてください。お宝プレゼントの要項はTwitterで発表させていただきますね。

 『あんのまごころ』
 お勝手のあんシリーズ第四弾
 ハルキ文庫(角川春樹事務所)
 748円+税
 
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4758444153
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4758444156

  
Archives
Categories
Twitter はこちらへ
プロ野球のシーズン中は、Twitterではヤクルトスワローズ中心になりますが、小説や蝶の話題も歓迎。
  • ライブドアブログ