今日の一枚 しばたのブログ

作家・柴田よしきのブログです。春から秋は蝶の話題が中心です。

トークショーのお知らせです。

neko_chirashi_omote_tokyo-2


 すでにお知らせしていますが、拙作「猫は毒殺に関与しない」が舞台化されました。大阪公演は好評のうちに終わりましたが、二月に東京公演があります。

 その東京公演で、上演後、トークショーを行うことになりました。
 
 2月23日 夜7時からの回のあと、わたしと主演女優の柊子さん、それにゲスト参加で、アミの会(仮)でご一緒させていただいています、作家の永嶋恵美さんが、舞台でトークいたします。

 2月25日 昼1時からの回のあと、今度はゲストに、作家の大崎梢さん、新津きよみさん、松村比呂美さんの三人に来ていただき、賑やかに5人でのトークショーとなります。

 いずれも、舞台を観ていただいた皆様はそのままご覧になれます。(トークショーだけの入場はできません)

 トークショーはわたし以外のゲストの日もあるようです。また、24日か26日には、わたしと柊子さん二人のトークショーもある予定です。(詳細が決定したらお知らせしますね)

 東京公演はまだ良いお席があるようですので、ぜひお越しくださいませ。わたしは全回お邪魔して、終演後、役者さんたちと一緒にお客様のお見送りもさせていただく予定です。

 チケットはコンビニで購入できます。

 【Team337旗揚げ公演 猫は毒殺に関与しない】
 東京公演
 2月23日 19:00〜
 2月24日 19:00〜
 2月25日 13:00〜 17:00〜
 2月26日 13:00〜

 公演会場 赤坂RED/THEATER 東京都港区赤坂3-10-9 赤坂グランベルホテルB2
      地下鉄 赤坂見附10番出口より徒歩2分

 また、今回の舞台は演出が俳優・演出家の嶋尾康史さんです。嶋尾さんは元阪神タイガースの投手、阪神ファンの皆様もぜひ(^^)

 舞台の詳細は ACT21オフィシャルサイト http://act-21.net で!

2016年に観た映画ベスト20

 昨年は劇場、DVDとBlu-ray、テレビ放映合わせて220本の映画を観ました。あいかわらず劇場にはなかなか行けません。今年はできるだけ劇場で観たいと思ってます。

 ではベスト20です。順位はつけていません。今年初めて観た作品だけに限っています。

 【洋画】チョコレート・ドーナツ
     アイリス・アプフェル 94歳のニューヨーカー
     ブルージャスミン
     ラブ・ソングができるまで
     毒薬と老嬢
     話の話&霧の中のハリネズミ
     1001グラム ハカリしれない愛のこと
     ブルーに生まれついて
     ヘイトフル・エイト
     トラッシュ! この街が輝く日まで
     グランド・ブタペストホテル
     おみおくりの作法
     ミッション:8ミニッツ
     めぐり逢わせのお弁当
     フライド・グリーン・トマト
     ぼくのエリ 200歳の少女
     オデッセイ
     月に囚われた男
     ダーク・シャドウ
     光りの墓

 【邦画】大学の山賊たち
     東京原発
     ジョゼと虎と魚たち
     パークアンドラブホテル
     この世界の片隅に
     祖谷物語 おくのひと
     俳優亀岡拓次
     ぼっちゃん
     ダンスの時間
     奇跡
     ルート225
     シン・ゴジラ
     滝を見に行く
     あん
     パーマネント野ばら
     岸辺の旅
     0.5ミリ
     小川町セレナーデ
     ぐるりのこと。
     寄生獣 完結編
     
  【番外】 ローグワン
       複製された男

 番外 「ローグワン」は、スターウォーズ4にめっちゃ思い入れがあるので、あのラストはもう最高!だったんですが、やっぱみんな死ぬのはあかん! とりあえずいろいろ文句はつけたいので比較だけだとトップ20から落ちますが、レイア姫が星になっても輝き続けることを讃えて。
    「複製された男」は、今年観た映画、というか、これまで観た映画の中でもラストにびっくりしたベスト10には入る、とにかくラストシーンで「えーっ!?」となったその驚きに。わけわかんない映画でした(^^;;;; 

 あらためて20本ずつ並べてみると、やっぱわたしの好みって相当偏ってますね(笑) 地味好きなのは仕方ない。お金のあまりかかっていなさそうな映画、に惹かれてしまうのです。でもめっちゃお金かかってる豪華な映画も好きなんですよ。トップ20に入らなかった惜しいところには、大作系もいっぱいありました。

 ベスト1だけ決めておきますね。

 洋画は「グランド・ブタペストホテル」、邦画は「シン・ゴジラ」ってことで。ちなみに「シン・ゴジラ」は、怪獣映画としてのみの評価です。とにかくゴジラが最高なんや! 

 かろうじて邦画は今年公開のものが一位にできましたが、洋画は旧作ですねー。今年こそ、今年公開のものをいっぱい劇場で観たいぞ。
Archives
Categories
Twitter はこちらへ
プロ野球のシーズン中は、Twitterではヤクルトスワローズ中心になりますが、小説や蝶の話題も歓迎。
  • ライブドアブログ