今日の一枚 しばたのブログ

作家・柴田よしきのブログです。春から秋は蝶の話題が中心です。

新刊が出ました。

_SX339_BO1,204,203,200_



 「あおぞら町 春子さんの冒険と推理」
 出版社: 原書房
 ISBN-10: 4562053372
 ISBN-13: 978-4562053377
 発売日: 2016/8/26
 本体1600円+税

 久しぶりの新シリーズです。あとがきにも書きましたが、アンソロジー「捨てる」に収録した書きおろし作品「花子さんと捨てられた白い花の冒険」の舞台設定とキャラクターから生まれた新シリーズになります。
 埼玉県のとある町、青空市あおぞら町で夫と暮す新婚主婦の春子さんは元看護師。そして愛する夫はプロ野球の選手です。でも華やかな一軍選手ではなく、一軍登録されるのは年に一、二度だけの二軍選手。でも懸命に一軍を目指しています。
 いつ戦力外になるかわからない二軍選手の妻として、春子さんの日々は節約と地道がモットー。でもそんな春子さんの日常に、時々、妙な出来事が起るのです。そして春子さんはそんな妙な出来事の真相を推理するのが得意……?

 日常の謎系の謎解きミステリーでもあり、春子さんという一人の女性の、ゆっくりとした成長の物語でもあり。
 ふんわりとした物語の中にも、人の心に潜む悪意が垣間見えたりもします。
 そんな、コージーだけれど少しだけ苦い、でも優しい「生活の物語」です。

 今回は三つの物語を収録しました。本当はもっとたくさん春子さんの日々をご紹介したかったのですが、単行本としてできる限り手にとりやすい本に、ということで、三つだけでスタートとなりました。
 現在、単行本の市場は大変厳しい状況が続いており、それにともなって初刷部数も減っている為、どうしても価格が高くなってしまいます。市場としてはまさに悪循環ですね。
 そんな中、文庫を持たない版元である原書房さんは、厳しい状況の単行本をなんとかしようと頑張っておられます。
 わたしもデビュー以来、単行本主体の作家としてなんとか頑張って来ましたが、いよいよ単行本スタートだけでは作家として生活することも大変になって来ています。時代の流れとしても、文庫書き下ろしがエンタテイメント出版物の主流になっていくのだろうな、と思っています。
 文庫書き下ろし、あるいは連載等からいきなり文庫化、ということ自体は、低価格で早く作品を届けられるという点で評価できる面も多くありますが、単行本が消えてしまうのはなんとも寂しい。

 今回、コージーですが単行本シリーズとしてスタートしたのは、そんな時代の流れに少しだけ逆らって泳いでみたいというわたしの気持ちでもあり、単行本への愛でもあります。普段は単行本を買わない方でも、もしほんのちょっぴりお金に余裕があったり、その時の気分が太っ腹だったりするようでしたら、お手にとっていただけたらとても嬉しいです。
 そしてそれが積み重なって、春子さんのシリーズ、次回作がお届けできる可能性も出て来ます。
 まだまだ、春子さんの物語をたくさん書いてみたい、そんなわたしの願いが叶いますように、どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

新刊が出ました。

_SX352_BO1,204,203,200_


 『ドント・ストップ・ザ・ダンス』講談社文庫
     ISBN-10: 4062934647
     ISBN-13: 978-4062934640
     発売日: 2016/8/11
     税込み 970円

 新宿で保育園園長兼私立探偵という超多忙な日々をおくる花咲慎一郎シリーズ第4弾の文庫化です。
 親本が刊行されたのは2009年でしたので、親本から2〜3年後に文庫化されることが多いエンタメ本としてはお待たせ過ぎになってしまいました。文庫を待っておられた皆さま、本当に申し訳ありませんでした。

 7年前の作品ですので細かいところですでに時代にそぐわない部分はありますが、今回はそうした時代的なズレなどはいじってありません。
 シリーズ作品ですが、前作をお読みでなくても、冒頭の「シリーズ登場人物表」を参考にしていただければ問題なくお読みいただけると思います。

 この作品で初めて花咲慎一郎と出逢った方にも、ハナちゃんを応援していただければ、と思います。

 解説は、ライター、タレント、そして認可外保育園経営とマルチに活躍されている、角川慶子さんにお願いしました。保育園経営の実態なども踏まえて、温かい応援解説をいただいております。

 この7年、ハナちゃんの新作はまだですか、というお問い合わせもたくさんいただきました。はっきりとしたお返事ができずごめんなさい。商業出版の世界では、いろいろと「おとなの事情」が絡み合っていて、すんなりとシリーズ新作を世に出すことができない場合も多々あります。

 ですが、本シリーズはわたしも大変気に入っているシリーズですので、必ず新作を出したいと思っています。
 読者の皆様の温かい応援がすべてです。
 
 文庫化待てなくて図書館で借りちゃったよ、という方も、もし千円札一枚の余裕がございましたら、今回の文庫を手にとっていただければ、と思います。

 よろしくお願いいたします。
Archives
Categories
Twitter はこちらへ
プロ野球のシーズン中は、Twitterではヤクルトスワローズ中心になりますが、小説や蝶の話題も歓迎。
  • ライブドアブログ