2006年05月17日

フランス料理「コム・ダビチュード」(長いです)

コムダビご無沙汰しております。

おかげさまでいろいろと忙しくさせていただいて、
なかなかブログのイラストまでたどり着く事ができません(いいわけですけど・・・)。

先日、学生時代の友人と久々のフレンチ、
中目黒にある「comme d'habitude(コム・ダビチュード)」へ行ってきました。
有名フランス料理店の中では、わりとカジュアルな店のつくり。
しかし料理はしっかりとしています。

プリフィックスで、前菜とメインをそれぞれひとつづつ選ぶコースにしました。

料理を選ぶとまずはアミューズ。

「豚肉のリエットとサーモンのタルタル」が薄く切ったバゲットにのっています。
一口でたのしいお皿。

アペリティフの白ワインがよく合います。
グラスワインはロワールのAOCワイン。
さっぱりとしていながら果実味が溢れていて春にぴったりでした。


そして前菜。
私が選んだのは
「グリーンアスパラガスのブランマンジェとスープ。
オマールとトマトのマリネ」というもの。

しっかりと冷えたスープに、ぷりぷりのオマールがたまりません。
でも、あのスープはどうやって作るのだろう。
さっぱりしてるのにコクがあって美味しかったな・・・


赤ワインを選び、メインへ。
今回の赤は、しっかりめでお手頃価格のラングドック、コルビエールのもの。
これが大当たりで、友人も喜んでくれて嬉しかったです。
ソムリエールさん(だった?)ありがとう!


メインは子羊。
炭火焼にしたものでした。
春は子羊か子牛、食べないとね。
カリカリのキノコとジャガイモの付け合わせが良かったです。
でも、お腹いっぱい。


そして、ここの名物「チーズ」。
50種類くらいのチーズから「3種類選んでください」と。

でも、多すぎて選べない・・・
悩みに悩んでローズマリーのきいたセミハードのチーズと、
白カビのやわらかいのと、ウォッシュのなかで私が好きなやつを選びました。

でも、お腹いっぱいだとちょっと苦しいですね、チーズは。
それなのに付け合わせのパンまで完食(4種類もついてきて全部美味しかったのでつい・・・)。


最後はデザート。

一番おすすめっぽかった、「春の驚き」というのにしました。
で、「中に何が入ってるんですか?」とサービスの方にきいたら、
「それは食べてのお楽しみです」と。

なるほど。
どうやら、
冷たいフルーツやゼリーがたくさん詰まったカップに、
サバイヨンのようなものをかけて表面を焼いたものといった感じ。

美味しかったのですが、なにがどう入っていたのかはイマイチわからずじまいでした。


食後のお茶はハーブティに。
ハーブティもたくさん種類があって選べます。

この店はなんでもたくさんの種類があるのですね。
ミネラルウォーターリストなどもあるのですから。

「選ぶ楽しみ」を求める方にはお勧めですが、
選ぶのが面倒な方は思い切って全部おまかせとかにした方が良いようです。笑


とにかく、食事も美味しく、
ワインも美味しく、
友達との会話も楽しい良い時間でした。


今度はどこに行こうかな♪







c_tchie at 00:17│Comments(0)TrackBack(0)レストラン 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔