ちょっとだけやってみた

四十路のサラリーマンが、子供との外出、キャンプ、車や自転車について書き綴ります。

グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で初冬キャンプ

前回のキャンプが11月頭で、その次は年末を予定していたのですが、何か禁断症状みたいなのが出て、急遽一泊で行ってきました。

お世話になったのは、千葉県大多喜町のグリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場
オートサイト電源無しを、アーリーチェックインでお借りしました。
なっぷ」には載っていませんが、電源サイトもあるそうなので、問い合わせてみるといいでしょう。


_20191207_120740
第一と第二キャンプ場があり、今回は第一にお世話になりました。
GoogleMAPに出ているのは第二キャンプ場です。
現在地の辺りが第一。地図にはありませんが第一と第二は道が繋がっています。


IMG_20191208_130310_1
手作り&飾らない感がハンパない看板。
こういうの嫌いじゃないです。


IMG_20191208_064356_1
第一キャンプ場の入り口。
ご主人が一人で運営されているとの事です。


IMG_20191207_110535_4
センターハウス…と呼ぶ雰囲気ではありませんが、ここで受付してもらいました。
この日はコテージは満室、キャンプは少な目で三組との事でした。


IMG_20191207_093050_5
センターハウス内の共用スペース。
薪ストーブや囲炉裏があります。
ここで食事をされているお客さんも居ました。

トイレは、屋外にもありますが、屋内にも和式1、ウォシュレット付洋式が1あります。
屋内トイレは綺麗に清掃されています。

また、今回利用しませんでしたが、お風呂もあります。

サイトは、「空いているのでこっち側全部使って!」と、IMG_20191207_104717_1
割り当てられたのがこちらで、普通のキャンプ場の2~3サイト分くらいあります。
地面にマークがしてあったので、繁忙期は細かく区画するのでしょう。
広すぎて、普段区画サイトが多い親父はどう使っていいかわかりませんが、雨の中とりあえずトンネル2ルームテントだけ設営。
地面は、時期のせいか多少剥げている所はあるものの、フカフカの野芝です。


IMG_20191207_115338_0
昼食は飯盒で炊いたご飯と、家で作った煮物2種を現地で温めて食べました。


IMG_20191207_124223_3
天気予報では午前中で上がりそうだった雨は、結局夜更けまで降りました。
テント内でキャンプ道具の整理をしたり、お酒を飲んだり、娘にポップコーンを作ったりして過ごします。


夕飯はこちらのお鍋。


翌朝は、テントに付いた水滴が所々凍っている程度の冷え込みです。やはり千葉は暖かい。
IMG_20191208_082112_9
リビングにしようとしていたスペースですが、結局雨で使わずじまい。


IMG_20191208_085426_2
天気は快晴、気温もそれなりに上がったのですが、地面がたっぷりと水を含んでしまっていて、テント等の乾燥がなかなかすすみません。
本来なら水滴を拭き取ったり、泡食って撤収しているところですが、ご主人のご厚意で、「何時まででも居てもらっていいよ」とのことで、お言葉に甘えて娘を遊ばせながら、ゆっくり午後まで乾燥を待たせていただきました。


お洒落感はなく、雑然とした感じがありますが、親父も雑然とした人間なのであまり気にならず、総じてご主人の人の好さが心地よい印象でした。
リピーターが多いらしいのも頷けます。

ご主人に頂いた柚子を土産に、寄り道をして帰路につきました。
寄り道の話はまた今度。


↓ポチって下さるとモチベーションが上がります(別タブで開きます)



武蔵丘陵森林公園で再び子供乗せ紅葉見物サイクリング(2019年11月)

昨年と同様、紅葉見物と、園内のサイクリングコースを目当てに、武蔵丘陵森林公園に行ってきました。

IMG_20191130_110934_8


IMG_20191130_110819_2
先日買い替えたスマートフォンについていた、ステレオ撮影モードで撮ってみました。
望遠レンズを使ったようなボケ風味がでます。



IMG_20191130_114142_3


IMG_20191130_111339_1


IMG_20191130_142806_1
昼食は園内の展望レストランで。
量が少ないですが、18kmしか走らなかったくせに、補給食とか言っておにぎりも食べてるので、これでもカロリーオーバーか。


VID_20191130_122258_Moment
最近風邪気味で家に閉じこもっていた娘にも、西口付近でたっぷり遊んでもらいました。


↓ポチって下さるとモチベーションが上がります(別タブで開きます)



トンネル2ルームテントでお役立ちだった雑貨8選

今メインで使っている、テントファクトリーのトンネル2ルームテント ロングで、先日、通算12泊を達成しました。
名前の通り、リビングと寝室が繋がっているトンネルテント。
その中で2泊、3泊と連泊するにあたり、役立った雑貨をご紹介します。

選んだ基準はキャンプ専門の道具ではなく「雑貨」で、安く買えるもの。
要は100円ショップや雑貨屋で売っていたり、それに準ずるものです。


IMG_20191103_083524
・S字フック
もうマストアイテム。
テント内にはランタンフックが3つありますが、それ以外にも、軽いものなら掛けられるところが沢山あります。
テーブルの上に置いてしまうと邪魔になるものも、これで立体的に配置できます。

我が家ではLサイズとSサイズが一袋ずつ、キャンプ道具箱に常駐しています。

・ティッシュホルダー
箱ティッシュや、後述のキッチンペーパーを入れて使います。
S字フックでいろんなところに吊るせて、機動性アップです。

・箱or袋入りキッチンペーパー
調理から後片付けまで、色々使えるキッチンペーパーですが、よくあるロール型ではなく箱ティッシュのような梱包タイプのもので、ティッシュホルダーに入れて使えます。


IMG_20191103_132521
・温度計
「この前〇℃でちょっと寒かったから、今回も同じような気温になりそうだしこっちの寝袋にしよう」といった具合に使います。
キャンプ場はやや高地にあることも多く、天気予報とはズレた気温になることも多いですものね。

・方位磁石
曇ってたりして方角が分かりにくい設営時に、テントのレイアウトを考えるときに使います。


IMG_20191103_132550
・小ぶりのレジャーシート
インナーテント前に広げて、靴脱ぎ場とします。
これがあると、大人も脱ぎ履きがしやすくなりますし、娘も座り込んで自力で出来ます。


IMG_20191103_154326
・小型の洗濯ハンガー
2泊、3泊となると、お風呂に入ったりして濡れたタオルも出ることがあるでしょうし、小さい子供が食べこぼしたりして、とりあえず服を水でざっと流したりも。
そういったときにこれがあると便利です。
昼間、晴れていれば、もちろんランタンハンガーなどを利用して外干しにも使えます。



IMG_20191103_195510
・電波遮断ケース
車のロックはスマートキーが増えてきましたが、鍵と車の距離が近いと、意図せず電波が届いてしまっていたり。
私の家でもステップワゴンに買い替えた時、従来の鍵置場では窓越しに反応してしまって、置場を変えたことがありました。
まして布一枚のテント越しではなおさら不安。
でも就寝時等にこういったケースに入れておけば、車上荒らしの心配も減ります。
また我が家では宿泊施設に泊まるときも、リレーアタック防止用のために使っています。


すっかり寒くなってきました。
今年も冬キャンプを既に予定してますので、しっかり準備して取り掛かりたいと思います。

↓ポチって下さるとモチベーションが上がります(別タブで開きます)



晩秋のカンパーニャ嬬恋(2019年11月)後編

前記事の続きです。

3日目は昼前から食材の買い出しとお風呂へ。
買い出しはキャンプ場に近い、A-COOPオアシス店に行くことが多いです。
この日のお風呂はキャンプ場最寄りの湖畔の湯へ。
昨年夏にえらい目に遭いましたが、この気候ではエアコンがなくても問題ではありません。
昼食もここで頂き、キャンプ場に戻ります。

IMG_20191103_133634_4
その後は草原で遊んだり、バラギ湖畔を散歩したりして過ごします。

IMG_20191103_143025


夕方になり、段ボールで燻製作り。
ウチは災害対策に定期的に買い替えている、2リッターペットボトル飲料の6本入り箱を使います。
カインズのバーベキューコンロSサイズ用に買った、175×290mmの使い捨て網が良い感じに合うので。
IMG_20191103_152228


手順はざっと以下の通り。
1.図1のように上下逆さにした段ボールに割りばしを刺して支えを作ったら、網を乗せて、網の上に食材を並べる。
2.器にスモークウッド(燃焼時間60~90分ぶんくらい)を入れて着火。
3.図2のように段ボールをスモークウッドにかぶせるように置き、段ボールが動かないようペグで固定し、蓋をテープで止める
4.時々、煙が漏れ出している(火が消えていない)のを確認しながら、スモークウッドが燃え尽きるのを待って出来上がり。

DK-1
DK-2

使用後の金網はちょっとべた付きますが、バーベキューに再利用可能です。
見た目はちょっとアレですが、実質スモークウッド代+αだけで燻製気分が楽しめるのが利点です。

この日入れた食材は、ベーコンの厚切り、ウズラの卵の水煮、ウインナー、6pチーズ。
このうち、前者二つは初挑戦だったのですが、ベーコンは、段ボールでは温度が低すぎるのか、あまり効果が出ず。
ウズラも、開封してそのまま入れたので、水分が多すぎて味が付かずでいまいち。
ウインナーは結構いい味になり、6pチーズは会心の出来。

IMG_20191103_164343
温度があまり上がらない段ボールでは、チーズも少し柔らかくなるくらいで溶けもせず、良い感じに仕上がりました。
バーボンと一緒に頂きます。


ちなみにスモークウッドはこのサイズを1本買えば、3回楽しめます。
「スモークチップ」は別に熱源が要りますので別物。要注意です。(経験者談)

スモークウッドを入れる器は、100均のステンレスボウルでも良いですし、使い捨てのアルミ皿でもokでした。



IMG_20191103_172622
夕飯はつみれちゃんこ鍋。
ストーブを炊いた幕内でぬくぬくといただきました。


夜も更けた三連休二日目は、なぜか静かになるので、耳栓も不要でした。
気温も更に上がって5℃。


最終日はカンパーニャ嬬恋の、今年の最終営業日でもあります。
朝食をカップ麺で済ませて撤収作業。
夜に降った雨と、結露でテントは内外びしょびしょ。
名残惜しい嬬恋の秋空の下、テントのドアをあっちこっち開けたりして、乾かしながら時間を目いっぱい使って片づけます。


帰路、浅間酒造観光センターに寄って昼食&お土産の購入。
新蕎麦が美味しかったです。

次回のカンパーニャは早くて来年ですが、暑くなる前にまた来たいと思います。


↓ポチって下さるとモチベーションが上がります(別タブで開きます)


晩秋のカンパーニャ嬬恋(2019年11月)前編

今シーズンの営業期間が終了する、無印良品のキャンプ場、カンパーニャ嬬恋に3泊で行ってきました。

初日となる金曜日は、朝から娘の幼稚園の手続きがあり、遅めの出発。
高速のパーキングエリアで昼食後、軽井沢経由で、途中、昨年以来の鬼押し出し園に立ち寄ります。
IMG_20191101_124816

IMG_20191101_125941_7
一部紅葉も進んできています。


その後、平日のためガラガラのキャンプ場にチェックイン。
電源サイトは無いため、ホットカーペットこそ持ってきていませんが、その他は完全冬装備。
IMG_20191101_182556
案の定、昼間は2桁を軽く超える気温も、明け方には実測で-5℃まで冷えたのを確認。

IMG_20191101_204418
11月とはいえ、この標高では完全に冬キャンプです。

2日目は朝から軽井沢おもちゃ王国へ。
5月以来、今年は2度目です。
娘が釣りをものすごくやりたがっていたのですが、残念ながら渓流釣りコーナーは台風の被害が残っていて休止中。

IMG_20191102_125031_4
代わりにニジマスすくいでお茶を濁します。
一匹焼いてくれますが、ほぼ娘一人で綺麗に完食です。

IMG_20191102_122931
一通りアトラクションも回って、フリーパスの元を取ったところで、夕方のキャンプ場へ戻ります。

戻ってみるとサイトはほぼ埋まっています。
このキャンプ場、夜の管理は甘めです。
これまでもそうだったのですが、三連休の初日は耳栓の持参をお勧めします。
前日よりは若干暖かかったものの、気温は0℃。

続きはこちら

↓ポチって下さるとモチベーションが上がります(別タブで開きます)



ギャラリー
  • グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で初冬キャンプ
  • グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で初冬キャンプ
  • グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で初冬キャンプ
  • グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で初冬キャンプ
  • グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で初冬キャンプ
  • グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で初冬キャンプ
  • グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で初冬キャンプ
  • グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で初冬キャンプ
  • グリーンファームおおたき戸田オートキャンプ場で初冬キャンプ
ブログランキング
  • ライブドアブログ