虫掛~岩瀬間を踏破した以前の記事で書いた通り、脚の鈍らないうちに行ってきました。

コースなどは公式サイトに詳しく載っていますが、今回選んだのは、霞ヶ浦一周ショートコース
ショートと言っても約90キロあるので、達成すれば一日の走行距離としては自己記録第二位となります。

第二位への挑戦とあって、ビッケの方はどうにもなりませんが、相棒の方はシルヴァF8Fではなく、最近出番のなかったエスケープR3をチョイス。
車に積むのは前輪を外す手間がありますが、シルヴァより走行抵抗が少なく、ダンシングもしやすいのと、お尻の痛みが多少マシなので。

昔の記事で「りんりんロードではビッケよりシルヴァの方がラク」といったことを書いたのですが、妻にとっては逆との事。
「平坦ならビッケで20キロ巡航は何ともないけど、ちょっとの登り坂や向かい風でも電動アシストが無いとキツイ」とか言ってます。
脚質の違いでしょうか。ちょっと何を言ってるのかわかりませんが、今回は私がエスケープをメインにします。
IMG_20191027_093527


スタート地点は、何度か観光に来たことがある、予科練平和記念館に隣接する、霞ヶ浦平和記念公園としました。
ちなみに予科練記念館は見ごたえがあってお勧め。
朝7時前に走行開始です。


サイクリングロードは、大部分が霞ヶ浦の堤防上の管理道路です。
旧筑波鉄道コースと比べると、ストップ&ゴーは少ない代わりに、サイクリング専用道路ではないので、交通量は極端に少ないながら、自動車の通行があります。
地面にはマーキングされていることが多く、道を間違えそうなポイントはさほどありません。
アップダウンは極端に少なく、あっても緩勾配で、距離も短いです。
また、補給拠点はサイクリングロードから見えないことが多いので、予めあたりを付けておいたほうが良いと思います。


休憩ポイントらしい休憩ポイントが少ないので、ろくな写真がありません。
古渡橋たもとのコンビニ和田公園の2箇所でトイレ休憩したほかは、ひたすら、ただひたすら漕ぎ続けます。

IMG_20191027_103349
いきなりですが距離的には中間を過ぎ、天王崎公園で大休止。

IMG_20191027_103700
霞ヶ浦有数の景勝地だそうですが、あいにくの天気。
台風21号の爪痕もまだまだ残っています。
売店も何も無かったので、付近のコンビニで補給。からあげ棒美味かった…。

このあともひたすら、ただひt(ry
元々何もない土手上を走っている上、地図に表示される景観ポイントらしきものも軒並み水没中で、書くことがありません。
ストイックに走りたいなら、旧筑波鉄道コースより、こちらの方がいいでしょう。


で。
12時過ぎに、かすみがうら市水族館に着。
以前も来たことがありますので再訪です。
歩いて回るので、脚はあまり休まりませんが、お尻は休まります。

IMG_20191027_125000
展示内容はあまり変わっていませんでしたが、娘が展示を見た時のリアクションが遥かに多彩になっていて、知能面の成長を実感させられます。

IMG_20191027_184506
JAFの会員特典はステッカー。

IMG_20191027_135006
隣接のかすみキッチンでちょっと遅めの昼食。
地産地消がコンセプトで、結構美味しいです。


昼食休憩のあと、土浦市方面へ。
用地の都合か、土浦市街、阿見市街は、幹線道路をマーキングしただけ、という感じで、あまり走りやすくはありません。
自転車可の歩道も多いですが、歩行者も多いので慎重に。
土浦・阿見間の桜川沿いの道も、道幅はやや狭め、自動車交通量多めですので、要注意区間です。


16時ちょっと前に、霞ヶ浦平和記念公園に帰着。
霞ヶ浦一周ショートコース踏破です。

Screenshot_2019-1001
朝~昼食までのログ。

Screenshot_2019-1002
こちらは昼食後。

トータルで94.68km走行、平均時速は17.11km/hでした。
ほぼ全てパワーモードで走ったビッケのバッテリー残量表示は20%。ショートじゃなくてフルコースだったら、パワーモードではもたないかもしれません。
親父と妻の脚もまだ少し余裕を残せたのは、鍛えられたのか、コースが良いのか。


アップダウンもストップ&ゴーも少なく、路面も整っているため、距離を稼ぎたいならお勧めです。
また、レンタサイクルが充実していて、予約していれば乗り捨ても可とのことで、時間が無い方でも一部分だけ走るということもできますし、JR常磐線や鹿島線で、電車でのアクセスも容易。
このサポート体制が長く続いてくれるとありがたいですね。


つくば霞ヶ浦りんりんロードの未踏破区間は以下の通りになりました。
・旧筑波鉄道コース 虫掛~土浦間
・ヒルクライムコース全域
・霞ヶ浦一周コース ショート・フルコースの差分
・北浦一周コース全域


IMG_20191027_162242_6
おまけ。
自転車に縛り付けっぱなしで、後半退屈気味だった娘を公園で遊ばせ、帰路につきました。


↓ポチって下さるとモチベーションが上がります(別タブで開きます)