ちょっとやそっとじゃ真似できない「味」があります。「花」は十字とか円とかパーツに分解されて、ほとんど抽象絵画のようですし、「の」はひねくれた「9」ですし、「か」の右上の棒が本体にくっついているところが独創的。「と」と「う」にもそれぞれ違った表情があります。素晴らしい。

花のかとう