江西銅業

2007年08月01日

銘柄入れ替え

d3bb7bfb.gifガツンと下がりました。一応日曜日の日記で今日が底値だと予想していたので、この展開は予想通りです。昨日の強さは予想外でしたが。

この展開は2月末の世界同時株安とよく似ています。
 1日目・2日目 ドカンと下げる
 3日目・4日目 持ちこたえる。若干騰がる
 5日目     とどめの下げ
 6日目以降   緩やかに回復していく
今日が5日目の動きで、明日から少しづつリハビリ開始の動きです。

ただRSIが50程度で2月末の時ほど下がりきっていません。底打ちはもう少し先かもしれません。

昨日は2銘柄売却しました。
 江西銅業 買8.4(2007/3/2) → 売15.0(2007/7/31)
 湖南有色金属公司 買3.475(2006/5/3) → 売5.15(2007/7/31)
資源株2トップをついに売却。資源セクター比率が0になりました。

いろいろと考えましたが、高止まりしている資源価格がここから2倍になるのは難しいだろう、株価も政府の資源コントロールがあるので、緩やかに上昇するだろうけど、年末に2倍、3倍は難しいのでは。

ということで年末までに2倍、3倍を狙える銘柄に乗り換える事にしました。

続きを読む

2007年07月19日

資源税引き上げ

先日、資源税引き上げのニュースが報道されました。

=======================
中国財政部と国税局はこのほど、亜鉛、銅、タングステン鉱石を採掘した際に徴収する資源税を、8月1日付で300%―1500%引き上げると発表した。引き上げは1993年の同税導入以来、今回が初めて。新聞晨報が報じた。
世界の非鉄金属価格は高止まりしており、中国政府の非鉄金属関連の課税強化は、生産や輸出の抑制で価格を維持するのが狙いとみられる。
=======================

亜鉛、銅、タングステンといえば、私の持ち株である江西銅業(0358/HK)と湖南有色金属(2626/HK)を直撃です!資源税の引き上げにより両社の利益は圧迫されることが予想されます。

税率の変更は1トンあたり、

 銅 1.2―1.6元 → 5―7元
 タングステン 0.5―0.6元 → 7―9元
 亜鉛・鉛 2―4元 → 10―20元

資源税の影響については、ゴールドマン・サックスからレポートが出ています。

続きを読む