こんにちは。VENTURE UNITEDの丸山です。

先日、ちょっとMTGで立ち寄ったお店が相撲中継をしておりまして、最近相撲を目にする機会がちょっと増えたなーっていう気がしているんですが、まー、MTGもそこそこに、一緒にいた方と見入ってましたね。

っていうかお店の人がみんな見てたな。そういえば。

それで、最近気になる力士がいるんですよね。

それが、高安と勢。

あ、ちゃんとアレするなら、高安関勢関

勢関はさすがに四股名みたいですが、高安関ってwikiを見る限りでは本名なんですね。

いや、なんで、気になっているかっていうと。勢関については一文字の四股名って珍しいなっていうか、勢っていう響きがすごいいいなーっていうところで、やっぱり勢いに乗ることも大事っていう仕事をしている部分もありますので、そういう意味でもグッとくる名前だなと。

高安関については、相場的には高安っていうのが
高安(たかやす) 株価が上昇している銘柄と株価が下落している銘柄が混じっているさま。 例:今日の相場は高安マチマチで方向感に乏しい展開

っていう感じで、っていうか、それっぽく引用感を出しましたが、自分で考えて書いているんで、これのソースはないです。

いや、なんか、高安って聞くと、マチマチ!って返したくなってしまうくらいには自分は市場にどっぷりだなって思わせてもらう存在なんで、気になってるんですよね。

っていうかwikiの来歴の冒頭がすっごくよくて、グッときました。
父が日本人、母がフィリピン人の家庭に高安は生まれ、3歳の頃には父がヤマハ音楽教室に連れて行ってピアノを習わせたが、その頃には興味を持っていなかった。この頃の経験からピアノに対する未練ができたのか、後年楽器店でピアノを見つけては試しに弾くようになったという。土浦第一中学校では野球部に所属し中堅手として活躍していた。元AKBの秋元才加は幼なじみである


とくにこれといって中身はないですが、最近、ちょっと気になる力士さんのお名前でした。

いや、そういえば、遠藤関っていうのも気になってるんですが、うちにいる遠藤さんも遠藤関くらいに活躍してほしいなっていう今日この頃です。もっとぶつかっていってがっぷり四つでいってほしいものです。立ち合いの変化とかはもっと後で覚えればいいと思うんですよね。あ、これ、遠藤関のお話じゃない方の遠藤さんの方です。

ってことで、歌舞伎は1度見に行ったことがあるけど、相撲はまだなので2017年中に1度くらいいきたいなっていう目標もあったりしますが、どうなるでしょう。

では、また。

TOKYO2020まで1282日。