こんにちは。VENTURE UNITEDの丸山です。

ぐんぐん上がってますね。東京の気温と生涯未婚率。東京の気温なんてのは、夏を過ぎれば下げに転じるわけですからいいのですが、生涯未婚率はまだまだ上がるとか上がらないとか

公益財団法人生命保険文化センターによりますと生涯未婚率とは
生涯未婚率というのは、「45~49歳」と「50~54歳」未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものです。生涯を通して未婚である人の割合を示すものではありません。ただし50歳で未婚の人は、将来的にも結婚する予定がないと考えることもできることから、生涯独身でいる人がどのくらいいるかを示す統計指標として使われます。
ということらしくただし50歳で未婚の人は、将来的にも結婚する予定がないと考えることもできることからって。。。統計の宿命というかなんというか。

さて、気を取り直してこの生涯未婚率ですが、1965年には男性1.5%女性2.53%だったのです。あれから40年(きみまろ風)
2010年の統計では男性20.14%女性10.61%となっております。
男性の5人に1人、女性は10人に1人は生涯未婚という現実。

この生涯未婚率ですが、まだまだ上がりそうな悪寒がするわけです。先ほどとおなじ公益財団法人生命保険文化センターによります
fig_mariage_12_01
というグラフが提示されています。

これを見るといま50歳で未婚の人は15年くらい前は35歳だったわけですから、95年時点の35歳前後くらいの未婚水準と比較してみると、その後の15年でどのくらい結婚する(未婚率が低下する)かがわかるので比較してみますと

男性 95年(35歳)22.7%、(30歳)37.5%→2010年(50歳)20.14%
女性 95年(35歳)10.1%、(30歳)19.7%→2010年(50歳)10.61%

となるわけで、こう考えると35歳をすぎて初婚じゃない場合の生涯未婚となる確率はそうとうに高いんじゃないかってことが読めるとか読めないとか。

で、じゃー、現在はどうなのかってことで2010年の35歳の未婚率を見てみると

男性 35.6%
女性 23.1%

ってなっているわけで、先ほどの仮説を踏まえると2025年の生涯未婚な人は男性で3人に1人、女性で5人(4人)に1人くらいになってくるのではないかと思うわけです。

こうしてみると、おひとりさまって無視できないし、それこそ「「年収500万円、4人家族」がモデル世帯というフィクション」ということになるわけです。さらなる高齢化に際して、生涯未婚率もともに上昇していくっていうのは本当に社会として成立するのかっていう根底から考えていかないといけないと思うんですよね。

だからこそ、インターネット中心として婚活サービスがたくさん出てきていたりするわけです。リアルな方はツヴァイ決算を見るとおおむね横ばいなので、アレなんだろうなっていうことで、OmiaiとPairsもどっちもグッとくる必要があるわけです。

でもね。グッとくるかなどうかなって考えながらふと思ったんですよ。生涯未婚な人ってそもそもこうしたサービスで運命の人に出会うことってできるんだろうか、恋に奥手というか臆病になっているところが往々にしてあるんじゃなかろうかと。

街コンも婚活パーティも結婚相談所も、ましてやこうした婚活サービスだって基本的にはグイグイいかないと結果はついてこない、No Guts, No Gloryなわけです。そもそもグイグイとイケてたら早々に結婚してるんじゃないかっていう話になる気がしないでもないわけでございます。

もちろんこうしたサービスを活用することで、少なからずの人が結婚に至るってことがあるとは思うけど、大半の人が疲れ、傷つき、そしてひっそりと一人で生きていく決意をしているんじゃないかって。。。

そもそも未婚率が低かった時代はどうやってみんなが結婚していたかっていうと、日経ビジネスの記事によると
zu01

という感じで1980年代前半まではお見合いや職場・仕事を通じてっていうのが結婚のきっかけの2/3をしめていたわけで、それ以外のきっかけでの結婚で1960年代以降で大きな変化がないというのがこのグラフからわかるわけでございます。

これを見ると、なんかこうグイグイ背中を押してもらうというか、もうお膳立てまでされて、はしの上げ下ろしまでグイグイ指示が出るくらいしないと結婚というフラグが立たないっていうことなのかもしれないなって。

そうしたグイグイ感(ま、むかしはお節介っていった気がしますが)はとりもなおさず80年代からの個人の自由という部分を重視するような社会的な流れの中ではやっぱり廃れていく運命にあったといえ、日本において個人の自由を尊重することが、生涯未婚率の上昇を招いていることは、上述の未婚率の上昇のグラフとも相まっている感があるわけです。

そうしてみると、結婚をしたい人たちが本当に求めているのは新しい”出会い”ではないんじゃないかっていう仮説に立つことができ、まさに”グイグイと背中を押す”だったり無理やり”乗りかかった船”状態にされることなんじゃないかって思ったりもするわけです。でも、そんなサービス使わないし。。。、そして、結婚しない人はいい人がいないっていうわけだし。。。

そんなことをぼんやりとある春の日の昼下がりに考えていたところ、衝撃を受けるサービス(アプリ)が登場したってニュースに出会いました。


Facebookの友達にこっそり告白できるアプリ「one heart」

もうね。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
って
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
って。
「叶うはずの恋」が伝わらないまま終わってしまうのは切ない。そんな恋を実らせるべく、スマートフォンアプリの企画・開発を行うプールサイドは28日、Facebook上でつながる友達の中から「好きな人」を選択して、両想いになると両者に通知されるアプリ「one heart」をリリースした。
「大人になると、告白することで壊したくない人間関係があるけど、想いは伝えたい。そんな人が実は多いんじゃないか」と


もうね、なんか人間関係を壊したくないし、傷つきたくないんですよ。しかも世の中って世知辛いからハラスメントとかにもなっちゃうし、叩かれちゃうし、ハブられたりするわけじゃないですかー。キモいみたいな。

だから、友だちや職場の人にほんのりとした好意をいだいていたとかを無理やりなんか結び付けられるみたいな昭和な時代の日本みたいなことって絶滅寸前なわけで、でも、恋のきっかけってそういうほんのりとした好意だったりするわけですよ。

だから、それをインターネットの力を使ってうまく結びつけるっていうのは、新しい何かがはじまった気がしたわけです。

で、いてもたってもいられずにこの記事をFBでシェアするとともに、開発者の方にinfoからメールをぐいぐい送ったわけです。このサービスについてお話したいと。

そして実際に開発した関口さんにお会いしてお話をしたわけですが、想いとか今後の展開とかは彼女のブログの記事を読んでもらえるとわかると思います。

そこで話をして思ったことは、まさにこのブログのタイトルにあるとおり

多くの人に必要なのは”出会う”ことではなく”気付く”ことなのかも

っていうことでした。
自分にとって理想のいい人に出会うためにはもちろんさまざまなサービスによって会う人の数を増やしていくことが必要です。それでお互いが望む幸せに到達できる人もごく一部にいる。

でも、結婚するとか家族になるってそれだけなんだろうかって。日常のありふれた景色の中にある小さな幸せのようなものとか、ツラいことを乗り越えていけることとかなんかそういういろいろな側面もあると思うんだよなーって。

そういうのって、きっと、新しい誰かっていうことよりも、実はもうすでに知っている(身近にいる)人なんじゃないかって。

ミスチルさんが
愛はきっと奪うでも与えるでもなくて 気が付けばそこにある物
名もなき詩で言ってましたが、まさに多くの人にとってはそういうものなんじゃないかなと。”気付く”っていうことが一番重要なんじゃないかって思うわけです。

リリースしたばかりのサービスでもちろん荒削りな部分は多分にあるけれど、彼女が「one heart~両想い確認アプリ~」で成し遂げたい世界観には、実はすごく可能性を秘めているんじゃないかって感じた次第です。
※彼女はVentureNowにも記載のとおり中核事業として就職マッチングサイトも開発していて、そっちも面白そうなんですが、この記事の趣旨とずれるので割愛しますが、面白いなーって思ってます。

生涯未婚率の上昇がとまらない2010年代にこういったアプローチが出てきたことは偶然ではない。

インターネットの可能性を使ってもっともっと社会の課題に挑戦していくことが求められているし、社会に横たわる大きな課題の解決にこそ大きなビジネスチャンスが眠っているんだと信じています。

ということで、今日はここまで。
では、また。