インドの刺繍のです。 

 RIMG0008
商品詳細はこちら>>>カエルのティータイム フェルトと刺繍のコースター ピーコックブルー


RIMG0021
商品詳細はこちら>>>カエルのティータイム フェルトと刺繍のコースター ワイン


RIMG0018
 商品詳細はこちら>>>カエルのティータイム フェルトと刺繍のコースター グリーン


まさにそれらしいエキゾチックなデザインです。

「手仕事」というキーワードは今年雑貨界でよく耳にしますが、
こちらも手で一枚一枚カットしているハンドクラフト製品。
少しづつ違いがあるのはむしろ味わいとして
その微妙な表情の違いを楽しんでいただけると幸いです。

インドはファブリックが豊富で素材も綿、絹、ウール、
オーガンジーのように薄いものから厚いフェルトまで様々にあります。
6mもの生地を巻くと言われるサリーを見てもわかるように
質、量、色彩も豊かでそのセンスはやはり独特ですよね。

また刺繍は女性たちが永きに渡って培ってきた手仕事の伝統工芸で
インド各地に特徴のある刺繍が受け継がれているそうです。
代表的なのは「カンタ刺繍」「ザリ刺繍」「アリ刺繍」など。
素朴なものからミラーやスパンコールを多用した華やかでゴージャスなものまで。
インテリア、雑貨、衣類など、生活の多くのシーンに刺繍は浸透しています。

インドといえば思い浮かびますよね。
そんな刺繍や染色が施されたクッションカバーや布バック。
日本にはない色、質感。植物のモチーフも捉え方が全く違うと感じます。
面白いですね、ホントに。

またの機会にもう少し掘り下げてみたいな、と思います。





 





人気ブログランキングへ