伝統的な美しさと鉄分補給や熱伝導率の高さで人気の南部鉄器。
日用品としても秀品です。

04131703_570dfd66027e2
南部鉄瓶 観月あられ(1.85ℓ)


使い込むほどに味わい深い風合いが生まれます。

が、
永く美しく使い続けるためのちょっとしたポイントがありますので、
ご案内してゆきたいと思います。



03251857_56f50b7522526


南部鉄瓶 まろみアラレ(1ℓ)


神社の銅葺き屋根が酸化して青緑(謂わゆる青銅色)になるように
鉄器も徐々に赤茶色になってゆきます。

この酸化はつまり赤錆。

あまりに酸化が進むとやはり劣化し、極端に言うと最終的には朽ちてしまうので
防ぐ必要があります。

鉄器の中でも特に鉄瓶は油など使わず水分が付いた状態が長いので注意が必要。
直接飲み物の風味などにも影響するのでサビは気になりやすいと言えます。


RIMG0011
こんなところにも「サビ」が。。。



まず、お手入れ方法をご説明する前に
今回は「サビ」の安全性について確認しておきましょう。

鉄瓶の「サビ」は人体に無害で、むしろ鉄分の摂取になるので良いと言われています。

昔から「サビ釘」を黒豆を煮る時にツヤを出すためや、
お漬物の色を鮮やかにするためにぬか床に入れたりして「サビ」は利用してきました。
安全無害な証です。

ただ、亜鉛合金などの主に工業用に使われることの多い鉄のサビは有害な場合があるようです。
が、重ねて申し上げます。

『「鉄瓶のサビ」は「良いもの」とされています。』


詳しくは、
「サビ」「鉄錆」「酸化鉄」「2価鉄」「3価鉄」「ヘム鉄」などのキーワードで検索してみると
多くの情報がありますのでご参考にしてみてください。



h031-5





しかし、赤錆色のお湯はいただけませんよね。(><);

次回は、
美味しく、気持ち良く、美しく鉄瓶を使うためのお手入れ方法やコツをご紹介いたします。


また、最初にお湯を沸かす時の体験レポートやIHヒーターについて
綴った記事もございますのでご覧ください。

体験レポートはこちら>>>こちら>>>
こちら>>>
IHヒーター対応関連はこちら>>>Nambu iron kettles

カシューナッツ塗装についてはこちら>>>

鉄瓶商品詳細はこちら>>>
南部鉄瓶 観月あられ(1.85ℓ)
>>>南部鉄瓶 まろみアラレ(1ℓ)


 
人気ブログランキングへ