東京大阪間を車で移動することが度々あります。

2月、9月は展示会やイベントも多く、ことに行き来することが多いように思います。
昔(昭和後半?)と比べ、道や設備、情報が完備され酷い渋滞に巻き込まれることも少なく、
ガス欠や休憩の心配も無くなりました。

そこで、道の選択肢も増えたわけで、名神、東名に乗りさえすればよかったのが、
状況や条件によってあっちの道、こっちの道とナビを頼りに行きます。
ナビの道案内はとてもよくできていて素晴らしいとは思いますが、
ナビの言い成りにただ右に曲がり左に曲がりするのはちょっと気持ちが悪い時があります。
大袈裟かもしれませんが、人工知能との付き合い方のヒントがこの辺にあるのではないでしょうか。

例えばよく知っている目的地への移動をナビに任せると、なんだかしっくりこないルートを
案内されますよね。
自分で選ぶ道は、遠回りでも個人的に運転しやすい道とか、ただ景色が好きな道とかだったりしますが、
ナビの知ったことではありませんから。。。

なので、大阪から東京に行く2パターンのコースをざっくりとでも把握しておくために
地図をたどってみました。上りのみ。あくまでも自己流です。


49


40

最近一番ややこしいのは新名神、東名阪、伊勢湾岸道、そして新東名という乗り継ぎ。
古いナビだと空でも飛んでいるようなことになってしまうので、自分で把握していないと
まさかの迷子になってしまいます。

また、「東名阪」という名前の表記が曲者で、「東」を小さく書いて「東名」と区別している看板も
ありますが、『えっ、どっち?』なんて100km/h近くで走っているのに、判断力は亀並み時速なので
区別できず、違う〜と思いながら行ってしまう悲しい現実にぶち当たったりするわけです。

この区間を無事通過したら、あとは富士山をどう鑑賞するか!がテーマとなります。
東名でも新東名でも横に大きく見えるスポットは沢山ありますが、運転しながら横は見れません。

なので、東名の由比付近のトンネルを超えた地点が絶景。
お天気の良い日中に通過する場合(上りに限ります)は、正面に海と富士山がど〜んと迫ってくるので
少し時間がかかっても良い場合(15分程しか変わりません)このコースを選びたいところです。

あとポイントは夜景でしょうか。
吹田のエキスポシティを入れると3つ観覧車が見えます。
長島はジェットコースターなどが造形的で夜は幻想的でもあります。
大きな橋もいくつか通過します。建造物の中を通り抜ける臨場感が長いドライブのアクセント。

サービスエリアも充実していますが、
まだ、わざわざ立ち寄りたいところは見つけていません。

連休以外はトラックばかりの世界です。
ま、国内の流通を担ってくれているわけで、『お疲れ様』なのですが、深夜などは
なんだか別次元のような気さえします。



大阪府北西部(名神吹田スタート※画像:NEXCO中日本ルート検索)
①王道
02

名神吹田→(大津JCT)新名神→(亀山JCT)東名阪→(四日市JTC)伊勢湾岸[自動車]道→
(豊田東JCT)新東名→(御殿場JCT)東名→東京


②富士山
51

名神吹田→(大津JCT)新名神→(亀山JCT)東名阪→(四日市JTC)伊勢湾岸[自動車]道→
(豊田東JCT)東名(由比付近通過/富士山ベストビユー)→東京



渋滞や工事、天候などで状況も変わります。
考えようによってはリアルゲームです。楽しみ方はいろいろあるでしょう。
何と言っても長距離ドライブは安全第一。
無理せず面白がっている内に良い旅になれば最高ですよね。

ちなみに、ちゃんと覚えてないのですが、
一茶の句にちなんで柳蛙が描かれた看板が高速道路の何処かにありました。
運転中はダメですが、同乗者ならそんな標識や看板を見つけるのも面白いですよね。

さて、
次の東京行きは新幹線の予定。
これも富士山を見るのが最大の楽しみ。
家族にはかなりの「富士山好き」と思われています。
登りたいとは思わないのですが、富士山の伏流水などには興味があります。
そんな水巡りの旅もしてみたいものです。




 [ caeru ] ホームページはこちら>>>http://www.caeru

 
人気ブログランキングへ