ボルゾイな生活

7年5月に始めたカイ君と暮らすブログ
09年11月13日銀次を保護
14年4月20日ユリアの里親になる
14年10月11日陸を引き取る
いつの間にやら大家族になっていた

陸ぼん骨折

鼓ヶ浦におはぎちゃんがやってきた
皆で海岸に向かいます
BlogPaint

海が好きなおはぎちゃんは早速海を満喫する
BlogPaint

おはぎパパも靴を脱いで参加
BlogPaint

海岸での楽しい会話の中に入れないカイ君が、遠くからこっちを見てる
BlogPaint

孤高の老人Caesar
2006年生まれ10歳
CIMG5622


そんな楽しい中に陸ぼんの姿は見えない・・・・・


実は前日の朝の散歩で、波打ち際を疾走中に転倒して左前足を骨折しました
その瞬間は目撃しなかったけど、転倒して『キャ〜ン』と大きな悲鳴を上げて座り込み
上げた左手の先がダラリと下がっていました

陸ぼんを抱きかかえ、堤防下に車を寄せて荷室にユリ母といっしょに載せ
行きつけの獣医さんの中で日曜日に診療しているところを確認して駆け込みました

獣医さんでは、『きれいに骨折しているから元通りに治ります』と言われホッとした
そして、『かなり痛いと思うけど、この子は噛まないの?』と聞かれた
たいていの犬はこの状態で触ろうとすると噛まれるらしい
陸ぼんは必死で我慢してるし、治してもらうことを解っているんだと思う

患部の出血の状態や腫れなどで当日の手術はできないから
ひとまずギブスで固定して翌日手術になった

その日はユリ母が寄り添って一夜を過ごした
CIMG5594



おはぎちゃんがやって来て、楽しく海岸で過ごしていたころ
陸ぼんは病院で手術中だったのです

そして手術を終え陸ぼんは帰ってきた
陸ぼんの顔を見て、カイ君ユリさんが急いで近寄り二人で陸ぼんの腕を匂っていた
やはり何か普段との違いを感じていたのだろう
CIMG5644

完治まで1ケ月半です
CIMG5641

過去に猫は3回ほど事故で骨折したことがあった
かなりの重度の骨折も手術して退院してきたときはすぐに普通に歩いていた記憶がある

陸ぼんは3本足で上手にソファーに上がれるしトイレも1人でできます
後は時間が癒してくれるでしょう


カイ君を飼い始めたとき、飼育の注意として
『ボルゾイは骨折に注意すること』というのを見かけたことがある
過去多くの犬を飼ってきたが骨折したことは無かった
カイ君も毎日海岸を走り回って遊んできたけど大したケガもなく過ごしてきたので
骨折なんかめったにないものと思っていたけど
こうして実際に陸ぼんが骨折するとは思わなかった


ソファーで陸ぼんはフンフンと鼻を鳴らすので体を触っていると安心して寝息を立てる
元気印の陸ぼんが大人しくソファーで痛々しく寝ている姿を見るのはとても辛い

ブログにはしばらく陸ぼんの勇姿が無くなるけど
しっかり治してまた活躍するので、しばらくお待ちください

にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村

ユリさん陸ぼんベッドリメイク

カイ君の10歳誕生日の25日
カイ父がブログを書いているとき

同じく何十回目かの誕生日を迎えたユリ母は
『決して覗かないでください』
カイ父に何か恩返しをしてくれそうな台詞を残して
1人寝室にこもって何かの作業をしていた

『できた!』の声を聞いて、寝室に上がっていった
そこで目にしたものは
ユリさん陸ぼんの寝室用ベッドのリメイクだった
CIMG5570


張り替えられたソファーと揃いの敷布団
早速寝心地を試してみる子供達
CIMG5575

CIMG5576

CIMG5579


エアコンの必要な季節
家族そろって寝室で涼しく寝る準備完了した

にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村

幼い頃の思い出

カイ君の10歳の誕生日
懐かしい写真を当時を思い出して
残念なのは6ヶ月で来たため、これより若い写真は無い

我が家に来た次の日
田村神社へお参りに行って
道の駅あいの土山にて
k07-00-0005 (小)

その日初めてのシャンプー
5465b434

トイレは外でしていたので、ペットシーツの使い方が分からない
床で寝るより気持ちいいらしい
k07-00-0006 (小)

ソファーがお気に入り
k07-00-0011 (小)

クッションに顎を乗せてる姿を見て
なんと顔の長い犬かと驚いた
k07-00-0015 (小)


まだ幼いカイ君
我が家に来てまだ5日
k07-00-0018 (小)


2ヵ月後
当然寝るのは寝室で父の横に
k07-00-0038 (小)

お出かけも一緒
七里の御浜
k07-00-0040 (小)


公園デビューも果たし
初めての公園の友、かんちゃん、しゅんちゃん
2人ともカイ君より半年お兄さん
k07-00-0097 (小)


そして1歳の誕生日を迎えた頃
コートが短い
k07-01-0145 (小)

運命なのか、同じ誕生日の年齢不詳の母
BlogPaint


幼い頃の楽しい思い出です
k07-00-0115 (小)



にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村

10歳

10年前の今頃、何をしていただろうかと考えてみた
2006年は、カイ父がちょうど50歳になる年
それを機に勤めを辞めて自営することを勤務先に告げたころである

そんなころカイ君は生まれた
そして、3ヶ月後の10月からカイ父は個人事業主になった

確か11月ごろだったと思うが、友人から電話
『知り合いの家にボルゾイが生まれているけど、飼ってくれる人を探してる』とのこと
場所はカイ父の実家近く
実家にはお盆と正月ぐらいしか帰らない
最初は全然ボルゾイに興味が無くて、見に行く気もしなかった

そして正月に帰省したとき、友人に
『この前のボルゾイはまだ居るのか』とたずねたら
『車で30分ぐらい』と返事、隣町だった
『だったら、面倒だからもういい』と断ったけど
『見るだけ見てからにしよう』とユリ母に説得された
そうして便所コオロギみたいな犬を見に行ったのがカイ君との出会いである

この詳細は
便所コオロギ(閲覧注意)
で詳しく書いたので興味おありで便所コオロギに耐えられたらお読みください
サブタイトル
カマドウマ撲滅奮闘記
【カイ父がボルゾイを嫌いになった訳】
〜からの〜
カイ君を我が家に迎えたときの感動秘話(ほんまか?)
【カイ父がボルゾイを好きになった訳】



幸い自営業といっても今までの勤め先から仕事を持ってきてるから
働く場所が自宅になっただけで内容はほとんど変わっていない
時間は自分でやりくりすれば、裁量しだいでどうにでもなる仕事です
こうして、カイ君が来てから一日中犬といっしょに暮らす生活が始まった


今日、カイ君は10歳の誕生日を迎えました
大型犬の10歳は還暦みたいなものだ

カイ君、誕生日おめでとう
CIMG5581


楽しいこといっぱいだった10年
5465b434

001

002

長浜ガラス館
BlogPaint

高山陣屋
BlogPaint

八ヶ岳ヒュッテ
BlogPaint


008

細いカイ君が吹き飛ばされそうで怖かった
強風の蓬莱橋
009

島田宿
BlogPaint

銀閣寺から哲学の道
BlogPaint


友達もたくさんできた
013

f5af6269

c579559d


奈良井宿
014

横蔵寺
016

三井寺
017

園原の花桃
018

香嵐渓
019

高野山
020


カイ君との楽しい暮らしはまだまだ続く
まだまだ楽しませてくれよ

にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村

ユリさん1人で走る

朝の散歩
いつもの交差点
動画のタイムライン2秒で
カイ君の左耳アンテナがピョコーンと反応した
左方向に進んで右折地点で曲がろうとしない

もしかして前方に猫でもいたかな?
父は未確認です


カイ君は猫がいても見てるだけ
猫ダッシュしないので安心ですが
ユリさんはどうなるかわからない(笑)


海岸でユリさんを放流
CIMG5562


カイ君はユリさんのことまるっきり無視
前方に小さくカイ君わが道を行く
CIMG5564


相手にしてもらえないユリさん
楽しそうに1人ではじけて遊んでた(笑)




ここしばらくカイ君の本気走りを見ていない
カイ君頑張れ
まだまだ老け込むわけにはいけないぞ

にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ
にほんブログ村
最新コメント
非公開メッセージ

内緒のメッセージはこちらへ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

family
カイ父&ユリ母

ボルゾイ
 カイ『Caesar』06年6月25日♂
 ユリア『Julia』10年3月5日♀
 りく『陸』14年7月27日♂

 ギン『銀次』09年11月1日♂

ボルゾイと暮らす。
まったりと、のんびりと
犬連れの旅などワンコ中心
たまに猫のギン『銀次』
カイ君地方の天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ