2005年03月08日

日本自慢で英語コンプレックスを打破する

たしかにネイティブ発音は羨ましい。

でも、ネイティブの発音ってことは、アメリカなどの英語圏に子供の頃から住んでいたり、インタナショナルスクールなど特殊な環境にいないと、そうはならない。

ようは日本人として不十分!な代わりにネイティブ、と思えばいいと思うけど。

-----------------------------------------

日本で20歳を超えるまでいた。

日本で教わった大切なこともたくさんあるはずだ。

ただちょっと、英語を話せるのが”羨ましい”って思っちゃうけど、それはメディアとか、周りに思わされているんですよ!

ヒンドゥー語話せても、アラビア語はなせても、英語ほど羨ましくないのは何でだろう?

---------------------------------------

日本語100%でいいじゃんね。それを誇りに思っている。英語がうまい奴が優秀とか、そういう風潮はかっこわるいっすよ。

いろんな国が集まって、自国にプライドを持って、ただ共通言語を話しているだけだから、言葉のうまい下手より、その国を代表している意識が重要なんだよね。

が、なんとなく海外にいる日本人って、日本を自慢しないんだよな。

あれなんでかなあぁ。。。


まあ、そんな人ばかりではないけれど。

------------------------------------

日本には、島国としてアジアの一番東端として、独特の文化を築き上げてきた。

世界どこを見てもこれだけ個性のある国は少ない。

だから説明しないと理解できないことも多い。

たしかに中国では、騙された方が悪いかもしれないよ、でもね、日本は人を信じる、という考えが育ちうる美しい国なんだよな。

たしかにシリアではお釣りなんて待ってても持ってこないよ(実話)。でもね、日本ではお釣りを多くもらっちゃったら、これ多いですよ、とか言っちゃう人もいるくらい正直な国なんだよな。

たしかにずるをしても勝ちにいくのが国際サッカーかもしれないよ。でも日本には、相手をレスペクトし、元々礼に始まり礼に終わるっていう考えがあって、勝負の、それこそ武士道の美学が育つ、素晴らしい国なんだよね。

あんたのところ、そういう美しさってあるのかよ!

--------------------------------------

そういういいところは残しながら、そして国際社会での駆け引きに強い、美しくて素晴らしくて強い国になってもらいたい、と常々思う。

いろいろな問題点はあるし改善点もある。がしかし、

日本は最高だ!

そういった自国のプライドを持つことが、国外コンプレックスを払拭する近道なんだよなー。


日本最高!って思えば英語は上手くなるって思った?人はクリックお願いしまーす。



cafe_61c at 12:57コメント(2)トラックバック(0) 
英語コンプレックス解消ノウハウ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 英語勉強中   2005年03月09日 14:54
ただいま、つたないCDで英語勉強中ですが、
ここのブログには衝撃を受けました。
>>が、なんとなく海外にいる日本人って、日本を自慢しないんだよな。
そんなものですかね。
日本にいても欧米人にたいしてはへこへこしてる人が多いですね。
2. Posted by cafe_61c   2005年03月10日 10:05
コメントありがとうございます。
まあへこへこしている人もいるけど、バリバリ立派な人もいますよー。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
こんにちは
Prada yocht





相互リンク募集中←クリック

アウェー(海外)で堂々と出来る日本人に沢山会いたい!そんな想いでブログ書いておる。おかげさまでランキングも一位です!(最近は停滞・・・)こっそりビジネスも展開しています。英語ゼロで渡米して、米国起業10年で鍛えたアウェーで勝ち抜く英語術。だって、TOEICとか発音とか関係ないしね。国内専用英語なんてぶっ飛ばせ!英語オタクの英語を信じるな!英語が出来たって、相手に”この日本人やるなあ”っておもわれないと意味ないぜ!!いつの間にか日記500本越えてました!
英語なんか大キライ
英語は一番キライで苦手な科目でした。教材、予備校、英会話スクール、使った金額は底知れない(母さんゴメン!)。トフルは昔でいう400点未満。。はっきり言って、まったく聞き取れないし、どう考えてもお経にしか聞こえない(笑)んだよね。 
そんなバリバリジャパニーズだった私が(宇多田ヒカルとは違う、という意味です)、渡米して、大学院卒業して、異国で就職して、異国で起業して、アメリカ人+αと渡り合った中でわかったこと。それは、、、

それは、、読む書く聞く話す、日本に優しい環境、外国人と練習しても結局なんか上手くいかんもの。スポーツ界で言われてるように、結局世界で実力が出ない。となると必要なのは環境か、そして慣れか、、しかし環境さえ整えられない読者もいる。

そんな、そんな忙しいバリバリジャパニーズな読者のために贈る、”慣れちゃえば英語なんてたいしたことない””コンプレックスを吹き飛ばす”、そのためのブログです。日本人力 

意外とおもしろいサイトがあるもんだなあぁぁ
ブログの説明第一章
TOEIC上がっても、発音良くなっても、文法正しくても、なぜか“堂々”できない人、たくさん見てきた。

“強い英語”これが徹底的に欠けている。

大体ね、TOEICだ英検だ発音だ文法だって言い過ぎなんだよ。

みなさんうんざりしてない?コミュニケーション取れればいいんだろ?英語って、言葉だけじゃないんだよな。

“強い英語”を話すための大事なもの、それさえ知っていれば、自身の英語力を瞬時に10倍にして利用でき、堂々と渡り合える。

そんな気持ちになれる、メンタルコンセプト&日常の風景がびっしりつまった、読むだけで英語対処法が身に付く魔法の日記。

英語が大の苦手だったけど、米国で起業し、ビジネスを展開する筆者が全ブログ読者に贈る、今まで誰も教えてくれなかった、”頼れる兄貴”の英語コンプレックス解消法ノウハウ!!
Amazonライブリンク
Archives