February 21, 2011

君を迎えに行くつもりだった

日々は途切れることなく
朝を迎えても昨日の続き
僕らが生きているのは連続性のある日常であり
眠ってどうこうならないことも多く抱えている

僕のつけた時計はどこかの時点で止まってしまって
足踏みを続けている
僕は空に地獄を見てた
他の言葉に置き換えることのできない、
それは本当に何もないところ

一連の過程の当然の帰結として
僕は言葉を失った
語りかけることを止めても
だからと言って今までとこれからに大それた違いはなく、
多分何が残る訳でもなかったんだろうと思う

世界が閉じていく

ありのままをその意味通りに受け止めて
僕の重量はとても重くなった
もう鋭利でもなんでもない言葉の粒は
僕の汚い声ではどの道伝わらないだろうし
ただ一瞬の音として宙に浮かび
そしてすぐに消えてしまうだろう
丸ではなからそこになかったかのように

それでも僕は眠ろう
夢の続きを見るために  
Posted by cafe_hayate at 03:40文章の類い

July 05, 2010

僕のモダンライフ

ついに我が家にやってきました。
iPhone4。

あ、もうほんとどうでも良い日記なんで、
大ちゃんの書く日記ならどんなものでも大好き!
って云う極稀な人以外はスルーしてください。
ほぼ覚書なんで。

今月15日の17:00から予約開始だったんですよ。
行きましたよ、会社の隣にあるビックカメラに。
17:30くらいに。
そしたら登録するサーバーの調子が悪く、
一向に処理が進まないなんて云うじゃありませんか。
諦めて翌日分の整理券をもらい、
その日は退散して、先輩と飲みに行きました。

翌日16日18:15予約完了。

そして発売日24日にビックカメラから電話がありました。
お前の予約順やと今日渡せんから、
まぁ入ったらまた連絡するししばし待たれよ、
ってことでした。
当日には無理かなーと思ってたので、
それほどがっかりもしなかったんですが、
やっぱり早く欲しいので、
銀座のアップルストアへも予約しに行きました。
それが25日の20:00頃。

しかし来る日も来る日も連絡が来ない。
ビックカメラもアップルストアも。

連絡を待つ毎日。
仕事が手につかない。
2chの予約情報スレを見る毎日。
廃人みたいな生活。

そんな悶々とした日々を送っていた僕ですが、
無事に3日の午後に連絡があり、
昨日4日13:00に受け取ってきました。
発売から10日。予約から18日経過。
フィルムは事前にamazonで購入。
アップル純正カバーは今日は銀座のアップルストアでゲッツ。
幸い大きなトラブルもなく、
無事に我が家にやってきました。

すっごいサックサク。すっごいサックサク。

もう、これが俺の最後の携帯になっても良い。

そう思います。
もうちょっとタフに使えれば尚良いんですが。

僕は過去余裕で20台以上の携帯を使ってきましたが、
機種変更するのは多分2台目。
SIM入れ替えて使ったりはしたけど。
すげくね?
新しい携帯を受け取る瞬間と云うのは、
いつになってもすごく嬉しいものです。

つまんないでしょ、僕の人生。
でも今はそれで良いんです。

ところでこの前僕のiTunesを再生回数でソートかけたんですが、
相変わらず1位がアクエリオンでした。

1.創聖のアクエリオン / AKINO
2.恋のかけら / 奥田民生
3.旅の宿 / 吉田拓郎
4.三日月 / くるり
5.フクロウ / サカナクション
6.鱗 / 秦基博
7.君が最強 / strawberry record
8.Don't Write Me Off / Hugh Grant
9.ロビンソン / スピッツ
10.メロディー / 玉置浩二

アクエリオンは再生回数143回。
143回て。
9位のスピッツ、10位の玉置浩二がどっちも77回。

しかしリスナー像が見えてこないこと限りなしですね。

フクロウはほんまに歌詞もメロも覚えられへんくて、
この様です。
今でも唄えません。
相性が悪すぎる。

しかし、比較的新しいくるりの三日月が4位か。
めっちゃめちゃ聴いたんやな。

なかなか面白いです。

さてさて、6月終わりましたね。
祝日が1日もないっての、結構辛かったです。

7/30にバス乗って大阪へ。
8/1に飛行機で東京に戻って来ます。
そして8/6にまたバスに乗って大阪へ。
8/15日に新幹線乗って東京に戻って来ます。
もう大阪こっち来てマジ。
マジでめんどくさい。
しかし連休なんて自ずと充実するでしょうから、
早くも9月からの鬱っぷりが心配です。

来週は金曜が会社の創立記念日で休みで4連休なので、
同期の男4人で箱根湯本に行ってきます。
箱根童貞、捨てます。

短パンも買ったし、
FMトランスミッターも買ったし、
あとは天気だけや!
女は現地調達じゃい!!  
Posted by cafe_hayate at 22:32Comments(5)日々を綴る

June 10, 2010

僕とビールとの距離

僕とビールの距離が、最近遠距離気味です。

平日に酔っ払うと、
次の朝キツイことにやっと気付いた。
気付くまでに随分長いことかかったけど。
それに、僕の貴重な平日の夜を、
ビールに妨げられていることが、
何となくたまらなくなった。
何やろう。もっと建設的に生きたいのです、近頃。
僕はもう今年26なのです。

誰かと酌み交わす酒はそれはもう大好きですが、
今はもう、少なくとも家で一人で日常的に摂取するアルコールに、
プラスの要素があるとは到底思えなくなってしまいました。

僕はもしかしたら、アルコールによって、
多くのものを得るチャンスを棒に振ってきたのかもしれない。
ふとそんな考えが頭をよぎるのです。
僕が狂ったようにビールを飲んで酔っ払ってる間に、
他の人は随分長い時間かけて、
ドストエフスキーを読了しているかもしれない。

自らの行い・経験が有意義なものであるかどうかというのは、
最終的には主観的な判断となってしまいますが、
やっぱり僕の今までの一人ビールは、
主観的に見ても、勿論客観的に見ても、
有意義とは云えないと思います。
有意義という言葉はあんまり好きではないですが。

結局のところ、
どんだけ酔っ払っても、
さめてしまえば目の前に広がるのは現実です。
僕はこの現実の世界で、
それも割と荒波な世界で、
しっかりと地に足をつけて踏ん張っていかなければいけない。
大切な人を守っていかなければいけない。
もう笑ってごまかす訳にもいかない。
きちんと食事をとり、税金も収める。
申し分ない日常、暮らし。

僕は20代の内に自分を何とかしたい。
何とかって何かって云われてもよく分からないですが、
もっと色んなことを学び、知り、
兎角20代の内に何とかしたい。
僕は本当に無知なんです。
野党と与党の違いも、実はよく分からない。

もっと強い、芯のようなものを持ちたい。
自分で考えて、自分で判断したい。

らしくないですね、自分でもそう思いますが、
でもそう、僕も今年で26ですから。
メリハリつけていかないと。

という訳で、
コンビニにビール買いに行こうと思います。
おちんぽシュッシュッ。  
Posted by cafe_hayate at 23:26Comments(3)日々を綴る

June 08, 2010

books

AKB48の涙サプライズのサビの振付も、
随分安定感出てきました。

ポスト「ザ☆ピース」。

どうも、吉田です。

数カ月に一回、
無性に本が読みたい、
いや、読まなくてはいけないという
半ば強迫観念に襲われることがあります。
今まさにそれな訳であります。

取り急ぎ読むべき本は、
「モモ/ミヒャエル・エンデ」
「告白/湊かなえ」
「1Q84 BOOK3/村上春樹」
「適当日記/高田純次」
「鬼龍院花子の生涯/宮尾登美子」
「アレグリアとは仕事はできない/津村記久子」
「会計のことが面白いほどわかる本/天野敦之」
「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?/小堺桂悦郎」
「英文法解説/江川泰一郎」

9冊かー。
勝てるかなー。
活字読んでないとアホになりそうな気しません?
これらを短期間で読破するために、
速読の本も買いました。
本末転倒系です。

ただ、高田純次を読まないといけないとは思わないですが。
安かったんで、app storeで。

今まで物で部屋が溢れるのは嫌やったんですけど、
本ならいいかなって。
子供も読むやろうし。

それだけ。
  
Posted by cafe_hayate at 00:23Comments(6)日々を綴る

June 06, 2010

マドレーヌ

そうか、
これが喪失するということだ
完全なる空白が視界一杯に広がるのを
僕は心の何処かに今でも記録してある
点の連続がそこで途絶えて
丸で線のように思っていたそれが
確かに我々の轍であったことを
遠くから見て初めて知る
我々を隔てているものは一体どんな類の諦めだろう
結局何にも成りきれずに
僕は中途半端な暮らしを続けている
漫然と流れる時間
居心地は良くも悪くもない
僕が見てたのは未来なんかじゃなく過去だった
辻褄が合わなくなるのが怖くて自分で塗りつぶした過去だった
僕の目はもう良くはないだろうに
君のことはどうやら良く見えてしまうらしい
だからありふれた云い訳を並べた
それはもう何年も蓄積された鬱憤に似たものだった
自分はいつまでも同じところで足踏みをしてると思っていた
かつて僕は自分の目の前に一本の線を引き
先にあるものを自らの意志とした
執着を醜いこととし、
なるべく多くのことを一時的なものとしようとした
そうして僕は僕を守ってきたんだ
でもそれが誤りであることに今になって気付いた
とてもう後の祭りらしい
幸い僕らは距離には困らない
僕は僕を取り返せるだろう
君は君を生きていくだろう
でももう好き勝手な方向を向いてる僕の髪は
僕の物でしか無く、
そして何より、
延長線上にあった空想の未来が
今はとても愛しくて悲しい  
Posted by cafe_hayate at 23:16文章の類い

May 11, 2010

サラリーマン

家に帰ってスーツを脱ぎYシャツを脱ぎ、
肌着一枚になったとき、
汗臭いと、何だろう、こう、
「もうここは俺の家やねんから、
どんなけ汗臭くてもへっちゃら☆」
みたいなポップな楽しさがある。

わかる?

ところで、ビジネスパーソンて。
サラリーマンと云う語感の昭和感を楽しめよばか。

どうも、ヨシダです。

Twitterでもつぶやかせていただきましたが、
私本日およそ1年半ぶりの休肝日をいただいております。

冷静になると、こう思います。

私はあの「一杯」に、
何を求めていたのだろう。

みんなで飲むのが楽しい訳で、
どうせ一人で飲んでても
他人の結婚式見て勝手に感動して、
なんか孤独なってきて寝て、
朝起きたらしんどくて、
金ない金ない云うて。

それでも飲みたい。
それでも僕は、冷たいビールを飲みたい。

今、手が震えています。

リアルか。

今日は大人しく、
明後日に控えた資格試験の勉強して寝ます。
明日は会社に寄らず、お客さんのとこへ直行。
いつもより少し遅めの起床。

まぁこのエントリーの何が目的かと云うと、
次の休肝日までどれくらい期間が空くかを
把握するためなんですな。  
Posted by cafe_hayate at 00:33Comments(2)

May 05, 2010

Golden Weeeek

めっちゃ長い。

<4月29日>

9:30羽田発の飛行機で、
大阪に帰りました。

大阪帰るときは
大体!毎回!夜行バスなんですけど、
確かシルバーウィークですかね?
ちょっと限界が見えました。
足むくむわ腰痛いわそない寝られへんわ顔は元からパンパンやわ。
嫌いじゃないんですけどね、バス。
あの焦らされてる感じとかも含めて。
乗り場も降り場もアクセス良いですし。
何より安いですし。

でも今回は、前々から気合い入れて飛行機のチケットを取りました。
空港が好きやねん僕。

自宅の最寄り駅からバス1本で羽田直行。

それはすごく便利ですが、
伊丹から実家までが遠い。

さすがに飛行機はあっと云う間に着きました。

特に予定もなかったので、
着いてから実家に向かいました。
おかんと会うのいつぶりかなと思ったんですけど、
思い出せないです。
正月かな。

まぁとにかくだっらだらして、
ビール飲んで、
だっらだらして、
ビール飲んで、
飯食って、
暇なことに気づいたんでけんけに電話して、
田中夫妻宅へ遊びに行きました。
22時くらいから。
僕は彼女を半ば無理矢理呼び出し、
天王寺で合流して4人でしっぽり。

当たり前やけど、
けんけの家めっちゃ家やった。

次の日仕事の女性陣たちが眠りにつき、
けんけと主にシモい話してました。

まぁ丸聞こえやったみたいですけど。
壁に耳ありなんとやら。

<4月30日>

30日は、色々と事情があり、
けんけ嫁の実家まで電車で行き、
車に乗ってドライブへ。
終始テンションの高い2人。
話せないのに英語でコミュニケーションを
試みる2人。
目につく看板の横文字を、
必死で連呼する二人。
相変わらず。

石清水八幡宮に行きました。
僕は歴史とかよくわからないんで、
特に何も感じなかったです。

その後梅田のヨドバシ行って、
一人じゃとても勇気のなかった
3D対応テレビを視聴しました。
あれはほんま目つかれる。
無理無理あれ。

その後はわがままを云い、
僕の運転で僕の実家まで向かい、
夜は梅田に出ました。

まぁくんと梅田で飲んだくれて、
居酒屋の女の子に話しかけ、
その子は実は阪大生やったっていうオチで、
俺らもやねん!
え、何学部なんですか!?
外国語・・・
ああ!・・・そうなんですね!
みたいなオチで。

そのようなすったもんだの末、
実家への終電を半ば意図的に逃し、
ひでちゃん家に行きました。

おしゃれな家でした。
ひでちゃんって感じでした。

<5月1日>
午前6時台、
ひでちゃんのご両親が来られました。
「あ、おはようございます。おひさしぶりです」
寝起きすぎる私。

朝食を加藤一家+俺でいただく。

美味しい筍の煮物と、おにぎり、
黒ごまを和えた高菜をごちそうになりました。
実家より実家らしい献立@加藤家。

しかし、家族水入らずを邪魔する訳にもいかず、
早々に家を出て、
その足で豊キャンへ。

10時からライブ。
俺9:30着。
現役よりも早い。

酒を飲み、
新しい小便の仕方を覚え、
お昼寝をしました。

早々に切り上げるつもりが、
最後まで居てしまい、
あじゃに「大久保」、
司令に「ポン引き」、
ごーやの下半身に「B型」などのあだ名をつけ、
ガムテープで貼ったりしてしまいました。

ちなみにますきが僕につけてくれたあだ名は、
「平日」です。
自分でもあれやけど、妙にしっくりきました。

夜はミューソ有志で、西梅田の焼肉屋へ。
ま も仕事終りに参戦。

そのままカラオケになだれ込みました。
もちろん朝までコース。
後半はもはや誰も人の唄なんて聴いてなかったです。

<5月2日>
20:00から、高一のときのクラスの飲み会でした。
僕らが初めて会ったときから、
もう10年です。
10th anniversary.

はっや。

その後は地元組の3人で、
地元で2次会。

もう何かものすごい昔のことのようやけど、
まだそれから3日しか経ってない。

<5月3日>
18:00から、高二のときのクラスの飲み会でした。
昔ちんぽを出して多いに盛り上がった天王寺の居酒屋を押さえた私。
グッジョブ。
それもそのときと同じ席を押さえた私。
グッジョブ。

思い出話に花を咲かせるとはこのことで、
懐かしい話いっぱい。
おもろい話いっぱい。

みんな全然変わってなくて、
(一人が極端に性に貪欲になっていたのを除いては)
良かったです。

2次会も同じビルの違う居酒屋へ行きました。

最終的に彼女と同棲してる奴の家に押しかけようということになり、
しかしそいつが全力で拒否するので、
タクシーで後をつけました。
僕らがなかなか行き先を告げないので、
運転手さんに怒られました。

運転手:「他のお客さんの迷惑になるんでねー。」
俺:「絶対なってない(小声で)」

無事到着!

しかしそれでも彼は全力で拒否し、
5分もしない内にタクシーで駅に戻りました。

終電が危ない。
走る。
俺の中の全陸上部スピリットを出す。

間に合い、無事地元へ。
地元一緒で、中学からの付き合いであるよこみちくんと、
家で飲み直すことにしました。
おかんも参戦し、
結婚観等を語り、なんだかんだで3時でした。
いわゆる27時でした。

<5月4日>
11:00から万博の予定が、
着いたん16:00でした。
ごめんなさいふっけん。
昨日の3次会の酒が残りすぎてて、
身動き取れませんでした。

ほぼ楽しい部分は参加できず、
やりきれずに千里中央の百番へ飲みに行きました。
うっすいハイボールもまた一興。

そう云えばじゅんやは今日バイトやったなと。
サングリアっていう酒がめちゃくちゃ作るんめんどくて、
頼まれたらほんま毎回キレそうなる云うてたなと。

土井とゆいともくぼで、
行きました、恋のしずく茶屋町店。

「サングリア4人分ください」

最終的にじゅんやにも会えて、
僕は誰よりも先に店を出て終電で帰宅。

<5月5日>
6:00起床。
6:59の電車。

電車にえっらいやつ乗ってきました。
Tシャツに「北京大学」って書いてて、
敷き布団二つ分くらいの容量の荷物持って、
それもまたえっらいデカイさびたカートに乗っけてて、
でもケータイは「iida」で、
かつ電話で話してるのを聞いたら間違いなく日本人で、
しかもこんな朝早くて。

あいつどこ行くんやろ。
ってかあの荷物なんなんやろ。
いや、つーかあのTシャツ・・・
と考え出したらキリがない訳で。

8:30の飛行機に乗って帰ってきました。

しかしあれやね、
最初から最後まで飲んだね。
珍しくほとんど覚えてる。
楽しかった。
ゴールデンウィークという名に相応しい連休でした。

予定パンパンで実家からの移動距離はんぱなかったけど。

次の連休は旅行でも行きたいな。
大阪もええけど。
さ、明日からもまた頑張るか。  
Posted by cafe_hayate at 22:35Comments(5)日々を綴る

April 29, 2010

大黒柱

女子諸君はよく、
旦那に対してあれこれと理想を並べます。
僕たち男子ももちろん、嫁に対してあれこれと理想を並べます。

でも良いじゃないですか。

家族であれば。

僕の理想の家族。

長男
次男
長女



7人家族。

まぁ長男には国立に行ってもらいましょう。
大学は。
次男は早慶ね。

多分俺の子かしこやし。

長女は短大でも良いけど、
「あたしそれは嫌やねん」つって
まぁそこそこの私立に入ってもらって。
最終的にバンドとかでデビューして欲しいな。

多分俺の子歌うまいし。

娘とデュエットしたい。

最悪でも猫か犬は飼って、
生き物を大切にする気持ちを知って欲しい。
犬と猫同時に飼ってたら、
何か大家族っぽくてあったかいから尚良し。

長男は多分まじめで、
次男と長女は遊ぶと思うわ。

ほんで長男怒るって云うね。

「お前何でこんな点数やねん!そんなんじゃ大学行かれへんぞ」
「何時やと思ってんねん!何処ほっつき歩いててん!」
「あんな奴彼氏として認めへんからな俺!何やあのロン毛!」

俺、傍観、みたいな。
俺のセリフ全部取ってまうみたいな。

「おとん甘いから俺が云わなあかん」
「マジすか・・・君ももうちょっと遊んだら・・・・」
みたいな。


色んな人と恋をして、
最後にほんまに幸せになって欲しい。
もし娘やったら、息子と手組んで全力で彼氏に嫌がらせするけど。
だって俺パパやもん。
パパの唯一許されるワガママ。

友達がいっぱいおって、
友達のためやったらなんぼでも自分を犠牲してしまうような、
そんな人になって欲しい。

子どもたちの余りの才能に、

俺:「誰に似たんやろ」
嫁:「あたしやろ」
俺:「いや、俺やろ」
祖母:「隔世遺伝ってあんねや」

みたいな会話もしたい。

でもまぁ最終的には、
五体満足で生まれてきてくれれば、
とりあえずそれでもうええわってなるんやろうと思う。


生まれてもないのに、
離れること考えたら淋しなってきた。

どんなGW前よ。

でも俺あと3ヶ月ちょっとで26よ。

しっかりせな。

よし、全力でGW楽しむわ。

そのまま大阪で暮らすことにします。  
Posted by cafe_hayate at 00:21Comments(4)長いつぶやき

April 27, 2010

朱肉とおっちゃん

この前会社で丸い朱肉を床に落としてもうて、
ほんなら着地の角度がベストやったらしく、
落ちたと同時にものすごい勢いで転がっていった。

他部署のおっちゃんA:「元気だな」


再確認するように、
他部署のおっちゃんB:「元気だな」


ものっそーヤラシイ顔してた。笑

こういうちょっと遠回しの下ネタを使えるまでに、
俺はあと何年かかるんやろうか。

まだまだ修行中の身です。

ザッツオール。
これが僕のブログです。  
Posted by cafe_hayate at 22:04Comments(2)日々を綴る

April 26, 2010

'10/04 俺のエゴ

昨日作ったプレイリスト。

dolphin / 木村カエラ
ひまわりの家の輪舞曲 / 麻衣
おどるポンポコリン / 木村カエラ
約束 / LOST IN TIME
西新宿の親父の唄 / 長渕剛
わたしの恋はホッチキス / 放課後ティータイム
丁髷 / EEE
ドリフのほんとにほんとにご苦労さん / ザ・ドリフターズ
ストレイト / トータス松本
壊れた時計 / 米田祐至
Way To Fall / Starsailor
なくもんか / いきものがかり
ワンルーム・ディスコ / Perfume
三日月 / くるり
アンマー / かりゆし58
COSMIC BOX / YUKI

大阪帰るときに飛行機で聞くプレイリストも作らなきゃっつ。  
Posted by cafe_hayate at 20:19Comments(3)日々を綴る