P2012_0828_081719P2012_0828_0817008月の給与明細をもらったのでうp

4月の終わりに始めて今が8月の終わりだから、これで4ヵ月も続いたことになる。

お金のほうは、コンスタントに手取り15万~16万くらいで、そのうち使うのは2万とかなので、なんか知らない間に結構貯まっていく。

僕でも難なく続けられるような仕事内容で15万ってのは、意外と良いんじゃないかと思ってる。



さてそこで、コンビニの夜勤の仕事内容を紹介しようと思う。

やっと厨房も店内もやり、全ての曜日を経験し、夜勤の全貌を把握できた段階にきたので、それを伝えられればなぁと。




まず22:00にスタートし、僕は外の掃除とゴミ捨てにいく。これが10分くらいかかる。

その後は、夕勤がやり終えてない品出しの仕事を2人で手伝う。

既にやり終えてる場合もあるけど、月曜日なんかは商品が多いので、かなり残ってる。まぁ夕勤も夕勤で忙しいんだろう。

アイスを優先して出して、その他お菓子とかいろんなものを品出しする。



正直この夕勤の補助みたいな仕事が長引くかどうかで、その日の忙しさの全てが決まる。

多く残っている日は、夕勤が22:20くらいに帰ってしまってから、23:00過ぎまで二人がかりでこの仕事をやるし、全く残ってない日はもう22:00からスタートできる。全然違う。


まぁ平均をとって、22:50くらいに終わったとする。平均的なのはこのくらいの時間。

それからは僕は24時廃棄チェックをして回る。もう一人は厨房の資材補充とか、ファストフードの廃棄とか、いろいろ細かいことをやってる。

この24時の廃棄というのは、デザート、1Lパック、500mlパック、パン、などいろいろあり(今考えれば、要するに飲食物全てか)、まぁ20分くらいで終わる。


ここでだいたい23:10とか23:20とかで、そこから二人が厨房と店内に分かれる。

厨房のほうは最初の頃に書いたと思うのでここでは省き、店内のほうは何をやるかを書く。


まず店内の床全体のゴミをとらなくてはいけないわけだが、ここではグラウンドをならす時に使う「トンボ」みたいな形状の、ゴミを集めるための掃除用具を使う。

考えてみれば、それがなんて名称なのか知らない。モップとは違うしなぁ。

まぁとにかくそれで店内の床全面を通過し、ゴミを集めて最後に箒とちりとりで取る。これはすぐ終わる。


そして次に「濡れてますのでお気を付けください」のような立て札を入口に立てたあと、バケツに水を汲んで、床掃除専用のカデットという薬品を一定量混ぜ合わせた混合液を作り、それにモップを浸す。


そのモップで、床の汚れをゴシゴシとやる。

だけどもそれが難関で、コンビニの床って夕方くらいに行って注意して見ればわかると思うけど、かなり汚れてる。

ヒールのついた靴でこすった跡なんかが黒くなってるし、建築関係の人や道路工事の人とかがアスファルトのついた靴で来店するので、固まってなかなか落ちにくい。

モップに全体重をかけてグリグリして、まぁなんとか落ちるんだけど、とにかくそれを床全体の汚れている箇所でやらないといけないので、結構きつい。

その上まだ深夜といっても時間帯が早いので、客も多い。もう一人の人は完全に厨房に籠るから、客は全て店内のほうの人が相手しなければならない。


この床掃除をだいたい1:00前には終える。作業だけならたぶん1時間もかからないが、客がレジに来るたびモップを放棄してレジに向かわなければならず、なかなか捗らないのでね。


その間に、0:00になったら、検収印など日付を変えるべきところの日付を変え、前日の新聞を下げ、オーダー表を取りかえる。

あと警察の立寄所になっているので、警察の人が来たらサインしてもらい、自分もサインする。



モップがけが終わったらレジ点検をする。レジ点検はまぁ2つのレジ合わせて10分とかで終わるんだが、違算が出ていると、何回もチェックして、小さい違算なら自腹で入れたりと、いろいろ時間がかかって20分くらいになるときもある。



そうこうしているうちに、1:10くらいに雑誌の入荷がある。

運送会社の人が来るので検収印を押し、雑誌を並べる。

ジャンプが大量に来る日曜なんかは大変だ。ハサミ片手にビニールを破く作業に没頭する。

その上ジャンプ狙いの客が数人、ちょうどジャストタイミングな時間に来て立ち読みを始める。まるでハイエナのようである。

僕が雑誌を並べようとしているのに避ける気配もなく、なかなか捗らないことが多い。



1:40くらいには1便といって、弁当やおにぎり、サンドイッチ、飲み物、デザート、パンなどが続々と入荷されてくる。

なのでそれまでに雑誌が終わらなかった場合は途中で切り上げて、その荷物が置かれるところに、傷がつかないようにマットを敷く。

そしておにぎり、パン、弁当などを並べる棚の拭き掃除をする。


ここでようやく厨房係が合流し、2人で検品して並べる作業をやる。

入荷が少なく早いときで2:30、多いときで3:10くらいまでかかる。

並べるのも賞味期限順にしなければいけなくて、奥のを引っ張りだしてきて新しいものを奥に入れるという作業が続くので、やったことがない人が想像するよりは大変である。


それが終わり次第、僕は45分の休憩に入る。

その間もう片方の人は、販促物がある場合はその作業をし、ない曜日のときは厨房の残った仕事とか、雑誌が残ってればそれをやるとか、ポットのお湯変えとか、灰皿の交換とか、そういうことをやる。

販促物が多い場合はもう一人の人の休憩時間まで食い込み、休憩無しでちょっと可哀想になる。


僕が休憩明けるのは、3:20~3:40くらい(時間が押してる場合は休憩短めで切り上げて調節する)。

間もなく(販促物が終わっていれば)もう一人の人が休憩に入り、僕はソフトクリームの機械の殺菌を、決められた手順に従ってやる。

そしてオーブンを電源を切り、冷めるのを待ってから、中の黒ずみを取る。 アルコールだけでは取れないので、漂白剤を紙にしみこませてゴシゴシやる。

この漂白剤が手につくと、異常に臭い。もうマジでやばい。その後に客の相手してもいいのかってくらい臭い。



それから「バフ」と言ったり「ポリッシャー」と言ったりするようだが、床磨きの機械で床全面を擦る。

これをやると床にツヤが出て、やってない状態とは全然違う。やってないと一発でバレるのでサボれない。



ここまで終わると、だいたいもう一人の人が休憩明ける時間で、4:10とか4:20とか。



僕はここから、温度チェック表、賞味期限チェック表、誰が何をやったかの記入欄、などを埋めていく作業に入る。

要はちゃんと管理できてますよ的なことにサインしていくわけだ。

これがなかなか項目がたくさんあって、面倒だ。○打てば済むものもあるけど、温度チェックなどは温度を見て書き記さなければいけないし。

その間もう一人は、商品の前出しをしている。

前出しなんて最初のほうにやってしまっても、客が買っていけばまたやらなければいけないので、いつもこのくらいの時間にしている。


これでまぁだいたい4:30とか4:40、ここから僕はトイレ掃除に行く。


トイレ掃除では、どうやったらこんなにうんこを飛び散らすことができるんだろうというレベルで便器が汚れている。

それを磨くわけなので、本当に嫌だ。バイト中の全時間の中で、この時間が一番嫌だ。

ガラスも扉も拭き、床には水を流してブラシで擦るという、まぁ普通のトイレ掃除なんだけどね。


トイレ掃除をしている間もう一人は、肉まんなどの準備(温めておかなければいけない)と、5時の廃棄チェック。おにぎり、弁当、サンドイッチだけなので、これは24時に比べればだいぶ楽だ。



5:00前にはトイレ掃除が終わり、僕が戻るやいなや、もう一人は厨房に籠り、ファストフードのつくり置きを延々と作る作業に入る。

かなりいろんな種類があるので、もう6:00までは外に出てこない。




5:00前くらいから僕は既に到着しているヤマザキの入荷商品を検品して並べる作業を一人でやる。

このあたりの時間帯は本当に立てこんでいるので、全力のスピードで検品しては並べ、客が来たらダッシュでレジに向かい(朝になってくるので客が増えてくる)、とにかく大慌てだ。


なんとか5:20くらいにヤマザキを完了させると、今度はタバコの補充という作業がある。



コンビニによくあるタバコの棚は、1つのタバコにつき12個入れられるようになっていて、これが4個以下になっているものを、カートンを崩して補充する。

全部で180種類くらいタバコがあるんだが、いつもだいたいそのうち30種類くらい補充しなければならない。

要するに30カートン崩して並べて、ということをやる。


ラークのカートン破りにくすぎ、とか、ホープ小さすぎて厄介すぎ、とか、セブンスターマイルドセブンは紙のパッケージで破りやすすぎて最高、とか、いろいろ思うところはある。


タバコの補充に関しては、時間が無いこともあり、毎回毎回やっているうちに、日本一速いんじゃないかと思えるほど洗練されてきた。

僕のタバコ補充のスピードはマジで速い。


まずどの種類が4つ以下になっているかを全種類確認し、いちいち取ってきたりせずに、全部確認し終わってから、暗記したおよそ30種類のタバコを取ってきて、高速で破いては入れ、破いて入れを繰り返す。

この破いては入れの時なんかは、まるで機械のようになっていると思う。



とまぁそれくらい時間が無いんだ。時間がありゃ僕だってのんびりとやるんだけど。



5:40くらいになんとか終わらせ、もう一人が今作っている20種類ほどあるファストフードの賞味期限のレシートを1枚1枚出し、出した時間を紙に記入する

この時間が来たら廃棄してくださいよ、というやつね。レシートと手書きの二重で管理しなければいけない。


5:50からはレジ点検。


順調に行けば6:00に終わる。早く終わって時間が余るよりは、時間が無くて延長されることのほうが多い。


交代の朝番の人が来たら、二人でウォークに入り、飲み物の補充をする。

なんか「勤務終了の交代のときにしかウォークに入ってはいけない」というルールをオーナーが作ったので(たぶん監視カメラがないので涼んでサボる人がいるからだと思う)、嫌々ながらそうせざるを得ない。


これが10分とか、ダンボール崩す必要があるときは15分くらいで、6:15分くらいに帰ることができる。





こんな感じだ。

全体を通して、「忙しいけど楽」というのが感想かなぁ。




人気ブログランキングへ