2017年07月08日

 暑い日が続きますね。ここに住んだことのある人はすぐに思い浮かぶと思いますが,仙台の梅雨と言えば晴れずに霧の様な雨が延々と続いて非常に寒いと言うのが定番でした。私が若い頃の記憶もほとんどこういう感じで,基本的に”梅雨は長袖”でした。しかしながら最近は寒くないことが多くなり,雨が降ると”蒸し暑い”と感じるようになっています。今年の梅雨はと言えば,雨も少なく晴れ間が多く,しかも湿気も少なくて”すっきりとした暑さ”。今日もそんな暑さです。眩しさに耐えつつ空を見上げると,どこまでも青空が突き抜けています。青空を指して「青天井」といいますが,まさに青天井。
 実は新しくなったお店の天井も”青”です。初めは天井と壁は真っ白な塗り壁にしようと考えていました。余計な装飾や半端なデザインを施さずに,シンプルにシンプルに。白を極めるのは簡単なようでとても難しく,質感だけが左右します。コーヒーにおいてもそんな物造りをしていきたいという思いを白壁に込めようと。ただ自分もやはり普通の人間ですから,お店を作っていく過程で色々と変わることもたくさんあります。以前のお店では焙煎室の壁をピンク色に塗っていましたので,新店舗でも焙煎機の周りはきれいなピンク色にしたいと思ったり。天井の色についても塗るギリギリのタイミングで青に決まりました。白壁が終わって,天井の段取りをしている最中に。細かいことはさておき,単純に空みたいできれいだな…というのが主な理由です。埋め込んであるエアコンや照明用のレールなどは白だったのですが,そのままで青天井と合わせたら雲の様でもあり,なんかいい感じに。元々空をぼーっと見上げているのが好きなのでちょうど良かったです。白を極めるという発想も自分自身をより高めたいという気持ちの表れですが,以前の自分であれば天井に青を使うことはなかったと思うので,これはこれでなにか一つ自分が上がったのかも知れませんね。
 大学生の時,橋梁工学の研究室に所属しておりました。そこに後藤さんと言う,超優秀な先輩がおりました。単に頭がいいというだけではなくて,発想の出所が非常にユニークで。食堂のカレーをどうしたら一番楽しく食べられるか?のために毎日あれこれ食べ合わせを試してみたりするような人で,きっと私と波長が合う方だったのだと思います。ある時,研究室内の壁と天井を塗り替えることになりました。みんなで荷物を外に出して,壁の塗料を剥がして。いよいよどんな色にするかを相談している時に,後藤さんが「天井を空色にしよう」と言いました。空色と聞いて,いわゆる空色一色の天井を想像していましたが,塗りあがっていくと白と灰色のペンキが登場しました。後藤さんは筆をとると,それで天井に雲を描き始めました。しかも漫画の様な雲ではなくて,灰色で影ついたリアルな雲を。出来上がりはとてもきれいなものになり,毎日とても気持ちよく過ごしました。震災後に研究棟そのものが建て替えになったので,今はもう見ることはできませんが。お店の青い天井を見上げると,時々ふと空の天井と後藤さんを思い出します。
 青天井という言葉には,もう一つ意味があります。辞書によると「物の値段や取引相場が天井知らずに長期間上がり続ける状態」だそうです。コーヒーの価格も開店当初と比べると倍からそれ以上になっていて,下がる気配はいっこうにありません。こちらの方は青天井にならないことを願うばかりです。


cafederyuban at 14:32コメント(0)季節徒然日記 

2017年07月06日

 今日の仙台は晴れましたが,まだまだ梅雨の天気が続きますね。雨が降ると鬱々としてくることもありますが,静かな時が流れてほっとすることもあります。仕事の日はお客様が少なくなりますし,休みの日は外に出られず釣りにも行けず…。
 今週の月曜日も雨でじっとりしていたので,家で大人しくして過ごしました。そんな中ふと口ずさんでしまった曲があります。カーペンターズの「Rainy Days And Mondays」。雨の日と月曜日はいつも気が滅入ってしまう…という感じの歌で,まさにそんな感じだなと思いつつ,つい口ずさんでいる自分。静かな曲で昔から好きなものの一つなのですが,歌いながらある事にちょっとイラっとしてしまいました。実は先週までラジオでずっとこの曲がかかっていたのですが,耳にしていたから歌っているような自分が何だかラジオに負けたような気がしてしまい,その敗北感そのものとそんな事を気にしながら歌っている自分とに,なんかちょっとイラっとしてしまいました。
 仕事中はずっとすぐ傍でラジオがかかっているので仕方がないことなのですが。耳だけで聞いているとテレビよりもある意味記憶にはっきりと残ります。しかも,意識していないのにじわじわーっと浸み込んできて,気が付いた時には既に支配されているような。音楽だけでなく,ラジオのCMもそうですね。いつの間にか一言一句間違うことなく正確に覚えてしまっています。聞き流すだけの英会話がキャッチフレーズの”スピードラーニング”のCMを丸暗記した時には,「こうして英語も覚えていくのか…」と,妙に納得してしまいましたが。でも時々,大事な情報が頭の中に入っていたり,全く興味のなかった人の歌が耳に残っていて後になってからいい曲だなと思ったりすることもあるので,いい事もあるのも事実。負けてみるのもあり,なのかな?
 今週は気が付くと,スピッツを口ずさんでいます。


cafederyuban at 17:01コメント(0)季節徒然日記 

2017年06月17日

 おととい,山形から両親がお店まで来ました。お店が新しくなったのでどんな感じか見に来たのだと思いますが,お店に来たのは本当に久しぶりです。記憶があっていれば開店して間もない頃以来ですので,15年ぶりくらいになるかと思います。
 父は82歳,母は81歳。私は3人兄弟で年が少し離れた末っ子なので,同年代では親の年齢が高い方になると思います。歳をとり最近は体調も万全でないことが多くなってきたため,近いとはいえ仙台まで来るのも億劫に感じるでしょう。そんな中でもわざわざ来てくれたのは,やっぱり心配してのこと。自分も子の親になって少しだけわかるようになりましたが,いくつになっても子供は子供ですから。ちょうど焙煎が終わりひと息ついている時だったので,ひと通りお店を案内して外の椅子で一緒にコーヒーを飲んでああだこうだ話をしておりました。
 話の中で,私がコーヒーの仕事をしたいと両親に説明をしに行った時のことが出てきました。当時私はまだ会社勤めをしておりましたが,どうしてもコーヒーの仕事がしてみたくなり,会社を辞める決意を固めたところでした。実家に帰り緊張して正座をしたまま,まずは自分の考えていることを順番に話しました。なぜコーヒーの仕事をしたいのか,今後をどのように考えているのか,どう経験を積んでいくつもりなのか?,お金はどうするのか,などなどたくさん。両親はずっと黙ったままで耳を傾けていましたが,かえってそれが怖かったです。会社を辞めて…と怒られるんじゃないかとか,反対されるのではないかとか,色々と考えていましたが,一つだけ質問をされました。「会社に何か辞めたい理由があって辞めるのか?」と。私はむしろ会社はとても楽しかったし,仕事にもとてもやりがいを感じており何の不満もありませんでした。ですので,むしろ辞める決断をするのはとても難しかったです。ただ,趣味の延長とか道楽的な感じでコーヒーに携わりたいのではなく,しっかりと”仕事”としてやりたいから,今でなければ出来ないと考えていました。それを話すと母親の表情が急に柔らかくなって,「いいんねが?(いいんじゃないか?)やってみたら?」と言ってくれました。体にだけは気をつけるようにと言葉を添えて,両親の話はそれで終わりました。私の中では親に反対されたらもう一度考えてみるつもりではありましたので,とてもほっとしたような,拍子抜けしたような感じでしたが…。この時の「いいんねが?」がなかったら,今こうしていなかったかも知れませんね。あの時両親は背中を押してくれましたが,だからと言って安心した訳ではないと思います。むしろ,息子の動向を楽しみつつもこの先ずっと心配をしていく覚悟をしてくれたのかも知れません。
 長い時間ではありませんでしたが,お店やお客様の様子を眺め,二人ともちょっとはほっとしたように見えました。16年経ってようやく,”仕事”として最低限の合格点をもらえたように感じました。元々遠出する方でもないのでもしかすると生きているうちにお店に来ることはもうないかも知れませんが,本人たちもそうなってもいいようにと思って来たのでしょう。残りの人生を,心配が少しだけ軽くなって生きてもらえそうです。私自身の人生はまだまだこれからですので,安心することなくこれまで以上に頑張っていかなくてはいけませんね。

cafederyuban at 17:09コメント(0)トラックバック(0)季節徒然日記 

2017年06月08日

 店舗移転からひと月が経過しました。毎日たくさんの方々にご来店いただき,とても忙しくさせていただいております。本当にありがとうございます。5月中はお昼ご飯を食べる間がとれないほどでしたが,ようやく少し落ち着いてきて交代でお昼をとれるくらいになり,”日常”を感じられるようになりました。ここから…ですね,頑張るのは。
 お店では相変わらずカフェスペースはありませんが,前のところにイスとベンチ,それから小さな丸テーブルが一つ置いてあります。テイクアウトしたコーヒーをこちらで飲んでいただけるように設置しているのですが,私の中では”世界で一番小さなオープン・カフェ”だと思っています。お洒落でもなく,BGMもなく,サービスも何もないただの”場所”。カップも紙。一般的な飲食店からすると超手抜きですが,私自身が一番心地よく感じられる”場所”がこんな感じです。雨の日は誰も座りませんが,爽やかに晴れた日には一日中誰かしらが座っていて,思い思いに時間を過ごされています。コーヒーはその付き添いの様なもの。それぞれの日常の中で当り前にコーヒーを楽しんでいただきたいとずっと思っていましたが,今のところこれが一つの形なのかも知れません。毎日毎日の当たり前をほんのちょっとだけプラスにするような,そんなコーヒーの飲み方。その延長上には,一つの文化があるようにさえ感じます。
 話は変わりますが,最近はイベントやお祭りがとても多いと感じます。仙台でも毎週末のように何かしらが催されているようで,あまりに多くてかえっていつ何が行われているのかよく分かりません。祭りの類は年に数えるほどの”非日常”だからこそありがたみもあり,それが一つの刺激になってまた日常に戻ることができると思うのですが,ある頻度を超えた時点で日常と非日常とが逆転してしまって,日常に戻ることが出来なくなるような気がします。昔どこかの紳士服屋さんが,年中「閉店売り尽くしセール」を行っていましたが,それとちょっと似ているような…。コーヒーのイベントもいくつか行われているようですが,日常的に盛り上がっていることやコーヒー文化が定着していることとは全くの別物だな…と感じます。
 今日は,先日設置した10kg焙煎機の煙突の調整作業が行われました。まだ今のところ10kgの方は本格稼働していませんが,しっかり調整してたくさんの方々に”日常”をお届けできるように頑張りたいと思います。それでは皆さん,Have a nice day !

cafederyuban at 16:38コメント(0)トラックバック(0)季節徒然日記 

2017年05月20日

 あっという間に5月も後半に入り,リニューアルしてからもうすぐ3週間になります。新店舗スタートしたはずなのに…と,ブログもFBも更新を待っていた方もいらっしゃると思いますが,遅くなりまして大変申し訳ございません。今更ではございますが,改めてご挨拶をさせていただきたいと思います。
 5月の初めに一気に引っ越し作業を終えて,ゴールデンウィーク後半の5月3日に予定通りに新店舗をスタートすることができました。予想をはるかに超えてたくさんの方々にご来店をいただき,とても驚いております。また,お花をはじめたくさんのお祝いを頂戴しまして,本当にありがとうございました。大変恐縮ではございますが,この場にてお礼を述べさせていただきたいと思います。それから店頭にて「おめでとう」と温かく声をかけていただいて,毎日毎日感謝の気持ちでいっぱいです。中には「引越し大変だったでしょう?」とか「そろそろ疲れも出始めてる頃じゃ…」など,お気遣いをいただいたりした方も多くて,言葉では言い表せない気持ちでいっぱいです。ここまでの3週間は毎日本当に忙しかったのですが,ブログが遅れていたのはただそれだけではなくて,言葉にできない感謝の気持ちがあまりにも多過ぎたということもありました。これから先,これまで以上にしっかりと頑張ることが一番の恩返しだと思っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 5月3日は新店舗の記念日となりましたが,実は4日後の5月7日は私の46歳の誕生日でした。結果的に近い日取りになっただけなのですが,自分にとってはとても良い誕生日になったと思っています。今年の誕生日は,お店のスタッフからプレゼントをいただきました。段ボールの箱に入った,何か微妙に重さのあるもの。何だろう?と思って開けてみると,たくさんのレトルト・カレーでした。最近お昼ご飯にカレーにはまっていて,色んなカレーを買い集めては日々片っ端から食べていましたので。元々カレーは大好きなのですが,まさか誕生日でこんなにカレーをもらうとは思ってもいませんでした。その日家に帰ると,家族からも誕生日のプレゼントをいただきました。段ボールの箱に入った,何か微妙に重さのあるもの。何だか覚えのある感触だな…と思いつつも,まさかそんなことはあり得ないだろうと,色んな事を考えながら箱を開けると,案の定出てきたのはたくさんのレトルト・カレー。お店でカレーをもらったことを話すと,うちの家族も大笑いでした。人生の中で,一日のうちにこんなに大量のレトルト・カレーをもらうことは,後にも先にもないと思います。みんなよく見ているものだと思い,とっても嬉しかったです。そういう意味においても,とても印象に残る誕生日になりました。
 今日の仙台は予報では27℃。暑さを感じる一日でした。これから暑くなり,またお店も忙しい日が続くと思いますが,しっかりカレーを食べてしっかり頑張りたいと思います。

cafederyuban at 19:07コメント(2)トラックバック(0)季節徒然日記 

2017年05月01日

 今日と明日は,お店の引越し。前もって準備を進めておいたので,一日でほとんどの搬入作業が終わりました。今はガランとしてしまった仮店舗(だった場所)でブログを書いています。逆に新店舗の方は昨日まで広々としていましたが,あっという間に物で埋まってしまい,まさに”所狭し”という状態です。作業場については,生豆置き場を含めてこれから環境を作りこんでいかなければいけませんが,売場の方はなかなかいい感じにまとまりました。ちょっと疲れました。
 ふと考えてみると,お店を3回作ったことになります。1回目は2001年の開店の時,2回目は昨年5月の仮店舗への移転,そして今回。お店を増やしたり,事情によりやり直したり,そう言ったこと以外で3回も開店作業を体験できたことは,ある意味とても恵まれています。内装などの表の部分以外にも,スケジュールや資金繰りの事などたくさんの事を並行して考えながら進めなければならず,とても勉強になりますので。エネルギーはだいぶ消耗しますので,燃え尽きてしまわないかと自分で心配もしていますが…。これを良い機会と捉えて,ますますしっかりと頑張っていきたいと思います。
 3回と言えば,うちの父親に言われたことがありました。若い頃に運転免許の試験に落ちてしまった時のことです。「俺なんか3回も試験にうかってるんだぞ!」と父に笑われました。でも,一体なぜ3回も免許の試験を受けているのか?よく考えてみるとそっちの方が問題です。父に問いただすと,1回目が正規の試験,2回目がスピード違反で免停になった時,そして3回目は更新し忘れたから,とのことでした。あまり自慢の出来る3回ではありませんね。また,義父の方にも自慢の3回があります。こちらは,3回家を建てたこと。普通は一生のうちに一度建てるのがやっとのところですので,たいしたもんだな…と素直に感心していました。でもやっぱり気になるのが,なぜ3回も家を建てなければならなかったのか?その理由。冷静に考えれば,最初の2回分の家は失っているということですから。残念ながら義父は数年前に他界してしまい直接本人に聞いてみることはできません。今度誰かに聞いてみたいと思います。
 と言う訳で3回目となる今回のお店。いよいよ明後日の5月3日からとなります。これまでと変わらずに,もしくはこれまで以上に,毎日しっかりと頑張りたいと思います。

cafederyuban at 17:43コメント(0)トラックバック(0)徒然日記季節 

2017年04月26日

IMG_2989 新店舗のスタートまで,残りあと一週間となりました。タイトなスケジュールではありましたが,内装関係はほぼ予定通りに進み,あとは仕上げ作業の段階となりました。あとは,店内の物を移し替えれば一応引っ越し作業は終了となります。まだまだ終わってはいないのですが,ここまで来るととりあえずはひと安心しますね。ずっと頭の中にあった大きな大きな懸念事項がなくなるので,きっと笑顔も増えるのではないでしょうか?
 先週から焙煎作業は新店舗にてスタートしておりますが,久々に大通りと向かい側の大学病院の木々を眺めながらの仕事は,懐かしさにも似た心地よさがあります。一年ほどの間ですが,帰ってくると言う感覚がとっても強くて自分でも驚いています。ちょっと前までは満開だった桜の木もすっかり葉桜に変わり,今は街路樹のハナミズキがとてもきれいです。以前のお店は,ちょうどこのハナミズキの真ん前でしたが,こうして改めて眺めるとこの木もだいぶ大きくなっていることに気が付きます。
 実はこのハナミズキは,15年前に一度枯れかかっていました。猛暑の夏でしたが,国土交通省に電話して街路樹が枯れかかってますとお伝えしたところ,わざわざ職員の方が水をやりに来てくださいました。ただし一回だけでしたので,木は元気にはなりませんでした。ですので,お店でこまめに水やりをすることにしました。その甲斐があってかどうかは分かりませんが,この木も猛暑を乗り越えることが出来たようでした。もしかすると,元々自分で耐える力があったのかも知れませんが。
 また来週からは,毎日この景色とともに過ごすことになります。楽しみです。

cafederyuban at 17:33コメント(0)トラックバック(0)季節徒然日記 

2017年04月21日

 先週末から見頃を迎えていた仙台の桜も,昨日,おとといの強風でだいぶ散ってしまいましたね。今年の桜は咲き始めるのが遅くて,まだかまだかと待ち時間が長かったのですが,咲いてからはあっという間でした。長く咲いていてほしいと願うのは人の常ですが,短いことには桜の事情もあるでしょうし,きっと何かしら意味もあるのでしょう。
 さて,Facebookでもお知らせしていますが,新店舗の方も準備がどんどん進んでおります。今週は月・火曜日に焙煎機の移設が終了し,今は壁や天井の塗装の仕上げと,棚やカウンターなどの家具工事が行われています。焙煎作業はすでに新店舗で行っており,大工さんや塗装屋さんが作業を行う空間で一緒に仕事をしている状態です。もちろん,衛生面には配慮して住み分けをしていますので大丈夫です。焙煎機越しに職人さんたちの仕事ぶりを眺めていて,ふと思い出したことがあります。
 私は小さい頃,大人になってなりたい職業を聞かれると「大工さん」と答えていました。その次になりたいと思っていたのは「植木屋さん」でした。その頃に行われた実家の建替や,庭の手入れされるのを見ていて,一つの方向性をもって淡々と進んでいくその仕事の様子がとてもかっこよくて美しく感じられたのだと思います。変な例えではありますが,蟻の働く姿を眺めている時の感動に近いものがあるかも知れません。今日も,塗装の刷毛の流れる様子や,白壁が色を重ねるたびにより白くなっていく様子などを眺めていると,気が付くと自分の手を止めて見入ってしまっています。面白いのは,向こうの職人さんたちもコーヒーの焙煎を見たことがないので,ちょこちょこのぞきに来るところですが。自分も今は物を作る仕事をしてはいますが,こうして見ているとコーヒーを作る仕事は大工さんや塗装屋さんにはまだまだ及ばず,仕事としてこれからだな…と感じます。
 来週にはエスプレッソマシンや冷蔵庫などを含めた機材関係の搬入が一気に行われて,売場を移すのみという状態になります。5月に入ってお店がスタートすれば,あとはようやく日常の業務のみに集中することができますので,日々しっかりと頑張りたいと思います。淡々と,蟻んこが巣穴をほって餌を運び込むような,そんな仕事になるように。

cafederyuban at 15:45コメント(0)トラックバック(0)季節徒然日記 

2017年04月16日

 明日と明後日の二日間,焙煎機を新店舗へ移設する作業を行うことになっています。そのため今日は日曜日にもかかわらず,業者の方に床と壁を仕上げていただいている状態です。そんな訳で今日は,仮店舗で行う最後の焙煎作業でした。
 いつも最後という区切りにはいろんな事を考えますが,今日も豆を見つめながらたくさんの事を考えていました。
 昨年の5月末にここへ移動してきたので,一年弱の間という事になります。2001年に開店してからずっと同じ場所同じ環境で焙煎をしてきたので,それまで当たり前と思っていたけどそうではないという事が実はたくさんありました。発見と呼べるプラス要素もあれば,逆もありました。ただ,プラス要素は素直にいただいて,マイナス要素にはそのたびに向き合って修正や変更を行い,結果的には全てプラスにすることができた気がします。そう思っているだけかも知れませんが,そのくらい充実して得るもののあった時間でした。変化はしていますが,でも変わってはいません。変わらずに,ただ一年分の成長ができたと思います。力まずに草木が大きくなるくらいの速度で成長することができれば,歪みやリバウンドもなく,なりに大きくなれるのかも知れませんね。また環境が変わっていろんな事を感じて考えると思いますが,そのたびにまた一つずつ得ることが出来たらいいと思っています。
 今日最後に焙煎したのは,エチオピアの「イルガチェフ・ウォテ」でした。

cafederyuban at 13:21コメント(0)トラックバック(0)季節徒然日記 

2017年04月09日

RIMG0321 今日からお店では,「2017.桜・ブレンド」をスタートしております。楽しみにされている方も多かったようで「まだなの…?」と言う声が結構聞かれておりましたが,お待たせいたしました。ようやくスタートです。毎年同じタイトルでブレンドを作っていますが,今年はいつもの年とは気持ちの上でとても大きな違いを感じます。やはり,まもなくお店が新しくなるからなのでしょう。
 物を作る仕事を考えると,いつも変わらずに一定のクオリティで提供できることがとても大切です。いつもいつも違っていては,買う側も何を買っているのかよく分からなくなってしまいますので。”技術力”が表れるポイントです。このポイントに関して言えば,人は機械にはなかなか勝てない分野かも知れません。忘れてしまったり間違えたりと言った気持ちのムラもありますし。でももっと邪魔しているのは,実は”楽しんでしまうこと”なのかも知れません。その時々に感じているものの中から,ふと閃いてしまったり,冒険してみたくなったり,足りない部分を工夫してみたり,瞬間にしか感じえないものが働いてしまう瞬間は誰にでも心当たりはあると思います。しかしながらこの邪魔なものが良い方に作用した時には,物が単なるモノではなくてプラス何か?の込められた楽しい物に変わる気がします。ある意味言い訳なのかもしれませんが,今年は今年の色んな気持ちが作ったブレンドを,楽しんでいただければ幸いです。
 先日,3年生になる息子が東京の浅草寺に行ってきました。まだ桜の咲く前ですが。ちなみに私はいつもお休みの時に仕事なので同行できません。仙台に帰って来た時に,あるお土産をくれました。本物の桜の押し花が入った”しおり”でした。「Take Freeって書いてあったから…」と説明してくれましたが,恐らく外国人観光客のために用意したものだと思います。タダだったからもらいたくなったとも言ってましたが,そのしおりが何だかとても嬉しく思えました。桜の思い出が,また一つ増えました。今回のブレンドにはこの気持ちが入っているかどうかは分かりませんが,きっと私の中の桜のイメージに一滴の変化を加えていることでしょう。
 仙台の桜はようやく咲き始めたところです。これから満開になるのがとても楽しみですね。桜が散って初夏の風が吹き始めるころには,新しいお店でスタートすることになります。

cafederyuban at 13:37コメント(0)トラックバック(0)豆情報季節 
Profile
”Ryuban” って?
「Ryuban」というのは,私の幼い頃のあだ名。杜の都仙台でコーヒー店を営む現在は,その店名として使っています。いつかこの名前がおいしいコーヒーの代名詞になれば・・・と思いつつ。
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
  • ライブドアブログ