フランス人のピエールと、ランチ兼散策してきました。

ピエールはホテル・旅行業界一筋で、世界旅行に出発する前はカリブ海のフランス領サン・バルテルミー島で8年間勤めていたのだそう。

後でサン・バルテルミー島についてネットで調べてみると、まるで理想の避暑地、夏バカンスを優雅に過ごす裕福層が目に浮かんでくるような写真ばかり。そして、ここはタックス・ヘイヴン(租税回避地、低課税地域)が導入されている島だそうで、やはり裕福層が関係しているよう・・納得です。

さて、ピエールはシンガポール滞在期間が短いのに、ローカルで人気のある食事を可能な限り食べ尽くすことにも旅の醍醐味を感じていのだそう。

ということで、チョンバルマーケットで、12時に待ち合わせ。食事はマーケット2階にあるホーカーセンターで。

ピエールは事前にフードストールの"Must Eat List"を作成していて、手分けして目的のフードを次々獲得。

福建麺(ホッケンミー)、炒粿條(チャークイティオ)、魚圓麺(フィッシュボールヌードル)、水
粿(チークエ)、水餃子、海南鶏飯(チキンライス)、卤面(ローミー)に鮫肉のから揚げをトッピング・・
IMG_6769 (1)
二人で食べる通常の量を遥かに超えてる気がするのですが、一日2食しか食べないピエールにとってランチは普段からかなりの量を食べるみたいで、残すことなく食べきりました。

食べ終わったあと、「動けない・・」と言いつつもチョンバル・ベーカリーへ。僕も「まだ食べるの?!」と聞き返したものの、持参した手書きの一覧リストに並んでいるからには食さねばならない、という譲れない何かが、彼の中にあるようでした。
DSC09119
僕はカプチーノを注文。あまりにもお腹がいっぱいなので、飲み切るまでだいぶかかりました。
IMG_6770 (1)
お腹いっぱいのはずなのに、余裕顔で食べるデザート。

食後のデザートを終えて、やっと散策開始。チョンバルからクラークキーに抜けてマリーナベイまで歩くことに。

シンガポールの街並みは何度見ても、写真を撮りたくなってしまいます。
IMG_6771 (1)
DSC09133
DSC09152
IMG_6783 (1)
IMG_6787 (1)
IMG_6788 (1)
IMG_6790 (1)
IMG_6793 (1)


ブログ『シンガポール生活と旅。』では、ただ今アンケートを実施しています。
→ アンケートに回答する

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ