シンガポール生活と旅。

国土は狭いながらもアクティビティ満載の都市国家、シンガポール。
シティ・ライフに疲れたら近隣諸国でまったりするのもまた良し。

カテゴリ: 機内サービス

今回の出張先はイギリスとフランス。1週間のうち3日間、イギリスに滞在、そして残り2日間をフランスで過ごすことになります。

まずはチャンギ空港内の免税店で、イギリス人の同僚から頼まれていたタバコを1カートン購入。免税店だと英国内で購入するよりもだいぶ割安のようです。

僕が利用した便はボーイングB777-300ERという機材で機内の天井が高く圧迫感もなく快適でした。インテリアにクリスマスリースが等間隔に飾られていていました。

映画のコンテンツが充実しているシンガポール航空。

深夜便ということもあり、ほぼ寝落ちしていたということもあり、14時間のフライトで観れた映画は2本。

『君の名は。』と『にがくてあまい』、のいずれも日本の映画。どちらも面白い作品でした。
IMG_1516e
まずは搭乗すると配膳されてきたお夜食。ローストチキン。そして白ワインをいただきました。欧州線ということもあってか、とても美味しい西洋料理でした。
IMG_1518e
朝食ほビーンズ煮込みとマッシュルームも入った、イングリッシュ・ブレックファストをチョイス。朝から油こってりのアジアン・ヌードルはキツイだろうからとこちらにしたのですが、意外と美味しくてびっくり。

客室乗務員は「エッグ・オア・ヌードル?(たまご料理と麺料理のどちらにしますか?)」と聞いてくるので、僕は寝ぼけつつ「エッグ」と返答して、それほど期待はしていなかったのです。

普段見慣れている機内朝食のコンチネンタル・ブレックファストのオムレツだろうと思っていたのですが、ロンドン便はきちんとイングリッシュ・ブレックファストが準備されているようです。

(ちなみに今滞在しているホテルでも同じメニューが朝食にでてきます、笑)

ロンドン・ヒースロー空港に到着したのは早朝6時。これから宿泊ホテルのある郊外に直行してもチェックインすることができないので、ヒースロー・エキスプレスでロンドン市内に出て観光することに。
IMG_1520e
ヒースロー・エキスプレスの車内
IMG_1522e
ロンドンの入り口、パディントン駅。
IMG_1524e
アンダーグラウンドで一日乗車券を購入して早速ロンドン観光へ。

ブログ『シンガポール生活と旅。』では、ただ今アンケートを実施しています。
→ アンケートに回答する

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

ホーチミンでは若干散策する時間が取れました。
IMG_9572
ホテルの部屋からの眺め。

観光スポットでお馴染みのベンタイン市場からそれほど遠くない場所に緑で覆われた公園があります。
IMG_9573
夕食はホーチミン在住のローカル友人も合流してくれて、且つ日本人街となっているレタントン通りから伸びる細道を奥に行ったところにある、ベトナム料理店に連れて行ってもらいました。
IMG_9574
とにかく日本人の口に合うベトナム料理。野菜やハーブも豊富で食がすすみます。
IMG_9575
IMG_9571
夜市ではデザート代わりに蒸したもち米を食べてみることに。色は野菜などから搾取している天然着色料を使っているのだそう。ココナツミルクをかけていただきます。

そして、出張に持参した革ベルトが古びていたので、ここベンタイン市場の夜市で新調することに。価格は交渉して半額以下まで下げてもらいました。

交渉の仕方も様々で、個人的には得意ではないのですが、まずは店員から値段を確認して、通貨換算アプリで把握するところから始まります。

「シンガポールで買う方が安いからやめておきます」

と伝えると、店員から交渉話を持ち掛けてきます。こちらの希望価格が常識範囲内であれば値段を下げてくれます。ちなみに、今回は50%以上価格を下げてもらい、シンガポールの流通価格から2-3割安くしてもらいました。

後になってからロカールの友人に購入した革ベルトの価格をメッセンジャーで伝えると、彼もそのくらいの価格で購入しているというから、お互い気分を害することがないまま買い物を終えたので、良かったのだと思います。
IMG_9576

ブログ『シンガポール生活と旅。』では、ただ今アンケートを実施しています。
→ アンケートに回答する

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

先日、初のベトナム出張が入りました。

チャンギ空港のチェックインカウンターで、窓際シートをリクエストして、窓側A席のシートが取れたのですが、機内に入ってみてガッカリ、窓の付いていない窓側席でした、涙。

(非常口座席のひとつ前の列は壁になっているようです。すべての航空会社の機体がそういう造りではないと思います)

今回の出張はシンガポール→ハノイ→ホーチミン→シンガポールという日程。

チャンギ空港を離陸して少し経つと、ミールサービスの時間。
IMG_9563
僕は海鮮ヌードルと白ワインをチョイス。いつも思うのですが、出張はお酒から始まることが多いような気がします、笑。

シンガポール⇔ベトナム間をエアバスA320で運航しているベトナム航空。各シートには個人モニタが付いておらずエンタテイメントはないものの、出張とは別件で仕上げなければならない書類があったので、パソコンを使うのにちょうどいい時間。書類を仕上げる際にメール受信に電話、同僚からの声掛けないので、はかどりました。

仕事を終えてパソコンを片付けようと席を立つと、前の座席から見覚えのある顔がやってきました。偶然昔の同僚兼友人と遭遇です。

友人は3年前に独身でハノイに転勤し、任期は残り2年とのこと。今ではすっかりベトナム人の奥さんとの間に男の子と女の子の二人の子供もいて、写真を見せてくれました。任期を終えたら、本国フランスに戻る計画をしているのだそう。

第一子の長男は100%アジア系の顔立ちに見えるけれど、ローカルの目で見ると混血児と一目で分かるのだそう。第二子となる長女は白人の顔立ちでした。

丁度僕の宿泊ホテルと友人の住むコンドミニアムが同じ方向だったので、タクシーをシェアして市街地へ行くことに。話題は次から次へと出てきて、先に友人宅に到着したのでベトナムの連絡先を交換してから宿泊ホテルへ。
IMG_9565
ホテルの部屋からの眺め。

夕食は友人に教えてもらったベトナム料理店までタクシーで行ってきました。タクシーはメーター制なので、安心。
IMG_9566
翌日、仕事を終えた後、夕刻の便でホーチミンへ移動です。

ハノイ⇔ホーチミン間はボーイングB787で快適でした。客実乗務員はなぜかみな男性で、乗務員シートに座る際に片足のくるぶしを片方の膝に掛けるように足を組んだり、その上、ひじとあごを付いたりと「接客」面での基本マナーがなっていない印象を受けました。

ただ、客室乗務員の最大の役目は万が一の際に乗客の安全を確保するために務める「保安要員」なので、それでもいいのかなとも感じたり。
IMG_9568
窓から見た夕陽がとてもきれいで、癒されました。
IMG_9569
IMG_9570

ブログ『シンガポール生活と旅。』では、ただ今アンケートを実施しています。
→ アンケートに回答する

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

ロンドン郊外滞在、最終日。
僕は職場を午前中に切り上げて、近くの駅まで送ってもらいました。
IMG_3919
乗車するロンドン・ミッドランド線という郊外電車でロンドン市内のユーストン(Euston)駅まで出て、そこからパディンドン(Paddington)駅まで地下鉄で向かいます。

この2駅はそれほど離れていないものの、その間に数駅があります。
IMG_3921
これまでに何度か訪れているロンドンですが、地下鉄だけは未だ乗りなれておらず、よく行先を間違えたり、乗るべき路線を間違えたり。ユーストンからパディントン駅まで乗換えなしで行けるはずなのに、2度も乗り換える始末。
IMG_3923
ようやくパディントン駅に到着すると、ここから空港まではヒースロー・エクスプレス(Heathrow Express)という特急電車に乗ればあっという間に到着します。車内で無料インターネットが使えるのは嬉しい。
IMG_3924
今回は復路がプレミアム・エコノミークラスでした。

最近は職場の方針により、長距離間もビジネスクラスを使えず、運が良くてプレミアム・エコノミークラスに搭乗できます。丁度シンガポール航空がプレミアム・エコノミークラスを導入したばかりということもあり、結構楽しみにしていたのですが。
Premium-Economy-cabin-web
SQ-Premium-Economy-Seat-Width-Storage
個人的には期待していたものとはちょっと違いました。

アームレスト部分に場所が取られてしまっているので、シート幅が狭いと感じたり、リクライニング角度も結構微妙でなかなか寝付けなかったり。

ただ、シートピッチは比較的余裕がありました。

シート幅いっぱいに使われている大きなスクリーンは嬉しいのですが、ヘッドホンにノイズキャンセレーションが付いていなかったり。ノイズキャンセレーション有無でフライト後の疲れ具合がずいぶんと違うので、付いていて欲しかったと思いました。
IMG_3940

ブログ『シンガポール生活と旅。』では、ただ今アンケートを実施しています。
→ アンケートに回答する

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

2012年、スペインのマドリッドで行われた友人の結婚式に参列するために利用したのがエミレーツ航空でした。

その前にも後にも利用していないのですが、機内サービスやエンタテイメントが素晴らしかったのを覚えています。ドバイ空港に到着したのは早朝だったにもかかわらず、とにかくたくさんの乗り継ぎ客で賑わっていたように思います。

乗り心地の良いエミレーツ航空ですが、僕の場合、旅行先や出張先に直行便が飛んでいることが多いので、敢えて乗り継ぎ便を利用しなくても・・というのが本音でもあり。

そんなエミレーツ航空のマイルが8,500マイル分手付かずに残っていたのですが、ついに期限切れ間近ということもあり、航空会社のホームページにログインして、こんなわずかなマイルの使い道はあるのだろうか・・と調べてみることに。
1
2
「エミレーツ航空の航空券特典は15,000マイルからなのかー」とか、「提携航空会社はカンタス航空とイージージェットかー」、「提携ホテルはマリオットかー」と思いながら、ひとつひとつページをめくっていったところ、『スポーツ(観戦)』という面白いカテゴリを見つけました。

何だろうと思ってクリックしてみると、エミレーツ航空がオフィシャルスポンサーとして応援しているスポーツチームの観戦チケットをマイルと交換できるという画期的なもので、これは珍しい。
3
たとえばイタリア・リーグの場合だとACミランのリーグ観戦チケットと交換することができます。一般席であれば3,000マイルでチケットを入手することができ、良い席を選ぶにつれて、必要マイル数が上がっていきます。
4
たとえばスペイン・リーグではレアル・マドリードの観戦チケットと交換することができます。こちらの必要最低マイルは10,000マイルから。

他にも、イギリス、フランス、ドイツ、ポルトガル、アメリカのフットボールチームにスポンサーしているようで、それらの観戦チケットに交換できたり、競馬やラグビーの観戦も扱っています。

僕は残念ながらフットボールに興味がないので、唯一使えそうな特典、ヒースロー・リワーズのポイントに交換することにしました。
5
ロンドン・ヒースロー空港のポイントカードで、空港内で買い物や食事、両替したりするとポイントを付けてくれるのですが、今回2,000ポイント(£20.00相当)に交換。

つい忘れがちな航空会社のマイルですが、航空券に交換するほど貯まっていなくても、調べれば少ないマイルでの使い道があったりするので、期限切れになる前にお手持ちマイルを調べてみるといいかも知れませんね。

ブログ『シンガポール生活と旅。』では、ただ今アンケートを実施しています。
→ アンケートに回答する

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

先日インドネシアのメナドへ行ってきました。

僕はガルーダ・インドネシア航空でジャカルタ乗り換えの便を予約していた(シルクエアーの直行便はいい値してます)ので、紹介したいと思います。

世間体ではあまり良い評判を聞かないガルーダ航空。シンガポール人の友人らも揃って「ガルーダには乗らない」だったり、「ガルーダに乗るならLCC(格安航空会社)に乗る、もしもLCCが飛んでいなければシンガポール航空(もしくはシルクエアー)に乗る」、と酷評ばかり。

もちろん、もうひとつのシンガポールに隣接する国の航空会社、マレーシア航空についても昨今の航空事故の影響を受けて、周りでは避ける人が多くなっているというのに、マレーシア航空よりもさらに下に見られているガルーダ航空の立場は結構辛いんじゃないかな。

そんなガルーダ航空ですが、実は機内サービスは結構充実しているし、その他航空会社に引けを取らないと思います。安全面、整備面、訓練面については公に報告されていないので不明です。

シンガポール→ジャカルタ (エコノミークラス利用)
IMG_2198
ボーイングB737の比較的新しい機材での運航。エコノミークラスの座席にも個人モニタが付いています。
IMG_2213
僕は窓側の席にしてもらいました。日中の飛行は窓側席だと景色が楽しめるから嬉しい。翼先端のガルーダデザインも素敵です。
IMG_2214
朝食。2時間程度のフライトながらもキチンとしたミールサービスを提供してくれます。軽食というよりはお腹を満たしてくれる朝食が嬉しい。シンガポールで作られた食事ですね。明治ヨーグルトにサンキストのオレンジジュース。
IMG_2217
食後の珈琲。

ジャカルタ空港内、国内線ラウンジにて

国民の数、2億4千万人という世界第4位の国、インドネシア。国内線ラウンジのスペースは広いのにめちゃ混んでいます。

皮張りのソファーの横の空間が広いので、テーブルのように使えます。また、電源プラグを差し込めるコンセントも着いているので、パソコンや携帯電話の充電にも便利。

ブッフェ形式で、軽食、ドリンク、デザートも揃っています。イスラム国家なのでお酒はありません。
IMG_2220
IMG_2223
折角なので、ローカル料理やデザートを堪能しました。

ジャカルタ→メナド (ビジネスクラス利用)

国内線の機体もボーイングB737でした。ビジネスクラスは12席準備されています。
IMG_2242
最前列でした。機内エンタテイメントではハリウッド映画のみならず、日本映画も揃っていました。インドネシア映画も満載です。ノイズキャンセレーション機能付きのヘッドフォンも嬉しい。
IMG_2241
窓側の座席にしてもらいました。

ビジネスクラスとは言っても、国内線、且つ料金もリーズナブルだったので、エコノミークラスに毛が生えた程度かな?とあまり期待していなかったのですが、結構しっかりとしたサービスを提供してくれたのが嬉しかった。

機内食も美味しくいただきました。
IMG_2244
IMG_2245
IMG_2246
IMG_2247

メナド空港内、国内線ラウンジにて

メナド航空の一般待合室では壁360が全てショップや出発ゲートなどで覆われていて飛行機が見えないのですが、ラウンジを利用すると、滑走路と出発ゲートの見晴らしが良くなります。
IMG_2510
シンガポールでは見ることのできない『山』を見ると気持ちが落ち着きます。
IMG_2507
ラウンジ内の食事。ジャカルタのようなハブ空港とは違いローカル空港のラウンジということもあり、閑散としていますが、食事も揃っています。利用者が少ないのと虫を避けるように、ラップやふたで覆われています。

メナド→ジャカルタ (ビジネスクラス利用)

当日チェックインするときにビジネスクラスにアップグレードされていることを知りました。日中のフライトなので窓側にしてもらいました。
IMG_2529
IMG_2530
客室乗務員の方は英語があまり得意そうではありませんでしたが、サービスする姿勢が素晴らしく、それが伝わってきました。

ガルーダ・インドネシア航空のビジネスクラスでは珈琲は3種類から選ぶことができます。僕は往路の客室乗務員さんがおススメしてくれて美味しかった、トラジャ珈琲をいただきました。
IMG_2531
IMG_2532
IMG_2533
機内食は牛肉がメインのものをチョイス。この牛肉が霜降り肉のように柔らかくて、日本人の口に合う味付けでとても美味しくいただきました。

ちなみにビジネスクラスのトイレには良い香りのする香水も備え付けられています。
IMG_2551
IMG_2534
個人的にはガルーダ・インドネシア航空は好印象の持てる航空会社です。また機会があればぜひ利用したいですね。

ブログ『シンガポール生活と旅。』では、ただ今アンケートを実施しています。
→ アンケートに回答する

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

出張最終日、午前中まで取引先と打ち合わせをして昼食を終えた後、ソウル市内のCOEXと呼ばれるコンベンションセンターからインチョン国際空港行きのエアポートシャトルに乗りました。ここから空港行きのバスは20分おきに出発します。

ちなみに大韓航空やアシアナ航空を含めたいくつかの航空会社はこのエアポートシャトル乗り場の1階にチェックイン・カウンターを設けており、ここで手荷物を預けることも可能です。僕が利用したシンガポール航空はここにカウンターはありませんでした。

日本によく似た雰囲気のある韓国滞在もこれで終わり。
IMG_3533
COEX付近の道路状況。道路脇は一時駐車している宅配車両(?)で混雑していました。
IMG_3534
エアポートシャトルの車窓から。今年の桜もこれで見納めです。
IMG_3537
インチョンへ抜ける大橋。干潮時だったので広い砂浜が広がっていました。

空港のトイレ個室でカジュアルに着替えてチェックインを済ませ、早速搭乗します。SQ609便は午後4時半発、夜10時シンガポール着という比較的日程に無理のない時間帯での移動ですが、機内は随分と空いていました。僕はエコノミークラスの4列シートに座っていましたが、結局もう反対側の通路側シートに乗客が座り、中の2列シートが空席だったのが良かった。
IMG_3551
シンガポール航空エコノミーシート。2列-4列-2列のシート並びで、僕は中4列の通路側に座りました。隣2席が空いていたというとこもあり、空間を広々と使えて良かった。
IMG_3549
シンガポール航空、エコノミークラスのメニュー。メインディッシュは2つから選ぶことが可能です。
IMG_3556
僕はチキンをチョイスしました。シンガポール・スリングといただきます。前菜のスモークサーモンも美味しくいただきました。

さて、機内では映画を2本観ました。

 UNBROKEN(アンブロークン)
Unbroken Poster
まるで反日映画とも言ってもおかしくないような映像で、賛否両論あるようです。第二次世界大戦をテーマにした映画はたくさんある中でも、日本軍に捕らわれた捕虜、そして彼らを『生かさず殺さず』のように残酷に扱う日本軍のあり方を描いたように映ります。何となく『戦場のメリークリスマス』(大島渚監督、主演:ビートたけし、坂本龍一、トム・コンティ、デヴィッド・ボウイ)に通ずるものもあるような気がする。
2432-fpt3-00226r-crop
実話に基づくストーリーということもあり、日本軍が捕虜に対して酷い振る舞いをしていた部分を、鮮明・明確に捉えた記録映画のようにも思える。

個人的にはこの作品は素晴らしいと思うし、日本人にも外国人にも観てもらいたい気もする。ただ、作品を観て日本を軽蔑視するのではなくて、戦争そのものを否定し繰り返すべきではない、といった感情を観る人すべてに感じてもらいたいと思うのです。争うことで得することはない、と思うのです。
unbroken14
この作品、女優のアンジェリーナ・ジョリーが監督したということで驚きました。アンジェリーナ・ジョリーは好きな女優で、アクション、サスペンス、ヒューマンドラマなど幅広いジャンルで活躍しているけれど、そんな彼女が戦争をテーマにした映画を撮るとは。
unbroken-oconnell
どちらかと言えば戦時中のヒューマン・ドラマを題材にした映画なのかもしれないけれど、ヒューマン・ドラマと呼ぶには観客が目が痛む感覚を覚えるような気がします。

そのリアルさ、残酷さのため繰り返し観たい映画ではないけれど、この映画の存在を知って良かったと思います。

 MERRY RIANA

jpg large
シンガポール航空の映画セレクションメニューで欧州映画に陳列されていたこの作品。映画予告編を観てみるとシンガポールが舞台になっていたので、本編を再生してみることに。
MERRYRIANAMOVIE
ちなみにこの映画、インドネシア人が主人公のアジア映画になります。インドネシアからシンガポールにやってきた少女の苦労、出会い、恋愛を描いている実話に基づくストーリー。シンガポールの良い面、悪い面、そしてところどころに映る観光名所。気軽に楽しめる映画だと思います。
5Btbz62zCcAADFhQ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

韓国出張へ行ってきました。

これまでの出張の行先は日本、シンガポール、香港、インド、イギリス、フランスですが、韓国は初めてになります。

僕が利用したのは午前9:25発シンガポール航空SQ16便、出発はチャンギ空港ターミナル3より。

出発時間が普段の生活リズムに差し支えのない時間帯だったということもあり、睡眠不足もなく、無理に早起きする必要もなく。出張の場合、深夜便を利用することが多いので違和感を覚えたり。
IMG_3405
フランスのパン屋『PAUL』がカフェを出していました。
IMG_3407
チャンギ空港は一年中蘭の花で溢れています。
IMG_3408
IMG_3409
今回のシンガポール航空ですが、どうもインドからの乗り継ぎ便として利用する人が多いらしく、エコノミークラスはインド人で溢れていました。僕もエコノミークラスで前後左右インド人。まるで行き先を間違えた飛行機に搭乗してる?と思えるほど。

ただ皆、韓国が最終目的地ではないようです。実はこのSQ16便、ソウル経由サンフランシスコ行きのようです。後で知ったのですが、ソウルに到着するとインド人の皆さんは乗り継ぎとして同じ飛行機に再搭乗するための乗り継ぎカウンターで長蛇の列をつくっていました。

さらに目を疑ったのは食事メニュー。

ご存知の通りシンガポール航空ではエコノミークラスでもしっかりとした冊子型の食事メニューが準備されています。例えば飛行経路がシンガポール⇔日本の場合、『和食』『インターナショナル』のいずれかをチョイスすることが可能になります。

SQ16便の食事メニューは『インターナショナル』『インド料理』からチョイスできるというもので、韓国料理は提供されません。但し『インターナショナル』セレクションは2種揃えてあり、それにコチュジャンがついてきます。
IMG_3412
僕は魚、温野菜、ライスの盛り合わせをメインディッシュにチョイスしました。ちなみに前菜にエビと春雨の冷製サラダ、デザートにチーズケーキがついています。甘い白ワインといただきました。

乗客、機内食以外でもインドパワー炸裂でした。

客室乗務員を呼んではドリンクを持ってきてもらう頻度がとにかく多いインド便ソウル便。ある客は水を一杯注文したところ、客室乗務員が持ってきた水は氷の入った冷たい水。お客が欲しかったのはお湯だったようで、水を受け取らずに珈琲カップにお湯を持ってきてもらったり。

特別食を注文したとある客は、食事が口に合わなかったのかよくわからないけれど、食べかけのお膳ごと新しい食事に取り換えてもらったり。客と握手する客室常務員がいたり、客の機嫌を良くするためか客室乗務員が客の肩をポンポンと叩いたり。

状況に合わせて文句言わすに客相手をしているシンガポール航空の客室乗務員、凄いと思いました。但し乗務員の休憩は皆愚痴・文句フィードバックで盛り上がっているのではないでしょうか、笑。

機内では映画を2本、満喫しました。

 『Dolphine Tale 2』(ドルフィン・テール2)
元々Dolphine Taleは好きな映画だったので2作目は映画館で観たいと思っていた作品、けれどタイミングを逃してしまい。今回機内で見ることができて良かった。いい作品です。

 『紙の月』
宮沢りえ、小林聡美、大島優子、田辺誠一、池松壮亮などが出演している、日本アカデミー賞を獲得した映画。出演者のしゃべり方がゆっくりなので眠気を誘いますが面白い内容でした。
IMG_3410


にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

日本に来る時は深夜便(シンガポール航空636便、ボーイングB777-200という機材)を利用し早朝に羽田着だったのですが、座席もエンタテイメントもひと昔のもので、スクリーンが小さくて画像が荒くて映画を楽しむこともなく。

ただシートピッチがこれまで乗ったエコノミークラス史上、最も広くて快眠しました。これにはシンガポール航空に乗りなれていて、且つ同乗していた同僚も、「これほど広いコンフィギュレーションは初めてだ」驚いていました。ミールサービスは夕食と朝食の2度ありました。

(乗りなれている日系航空会社ではミールサービスが朝食のみだったと思います)

  

そして今回成田→シンガポール間で利用するのはシンガポール航空637便(機材:ボーイングB777-300)、午前11時10分の出発です。ミールサービスはランチのみでした。

けれど座席もエンタテイメントも新しくて、エンタテイメントのモニターとコントローラーの大きさに驚きました。モニターのみならずコントローラーもタッチスクリーンになっており、モニターで映画を観ながらコントローラーで飛行ルートの詳細を表示することも可能です。

IMG_2731
そして、映画のタイトル数、ミュージックの楽曲数などのコンテンツの充実度は毎度のことながら素晴らしかった。

そして手荷物の収納を積極的に手伝ったり、ドリンクサービス、ミールサービス、ごみの回収やらをテキパキとこなしながらも自然な笑顔を見せる日本人客室乗務員さん。

ミールサービスが始まったのでメニューを見てみると、和食に補足がありました。

補足:京都『菊乃井』村田吉弘氏のオリジナル料理。ご希望に添えない場合もございますのでご了承ください

、とのこと。メニューがないまま配膳されるとき、たいてい「フィッシュ or チキン?」のように聞かれるけれど、しっかりとしたメニューがあると、真剣にチョイスしたくなります。

ちなみに和食メニューは、

前菜盛り合わせ: 山菜の和え物
冷たい季節の麺: 素うどん(季節によっては麺の色が緑(茶そば)だったりピンク(桜うどん)だったりしたような気がします)
メインコース: 鮭の梅醤油煮、季節の野菜、五目御飯
デザート: いちごチーズケーキ
パン各種: パン、バター
温かいお飲み物: 煎茶

、ということで本格的な和食をとても美味しくいただきました。

IMG_2736

IMG_2737

最近の出張でシンガポール航空を利用することが随分と減っていました、それはシンガポール国内でシンガポール発着の航空券を調達しようとすると、めちゃ高いのです。

そして最近シンガポール航空のサービスが悪くなった(もしくはその他航空会社のサービスが向上して差別化が図れなくなってきた?)という噂をローカルの知人・友人から聞いていましたが、やっぱり凄いと思いますよ、シンガポール航空。もちろん行先、機材(機体)、キャビンインテリア、設備、食事、サービス、客室乗務員のクオリティなどでまちまちなのかも知れませんが、今回は大当たりでした。

快適な空の旅で、日本滞在記を締めくくることができて本当に良かった。

料亭 菊乃井 http://kikunoi.jp
2009年にミシュランガイド京都・大阪」に掲載されたことのある人気店のようです


にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

パリ・シャルル・ド・ゴール空港に到着です。

ここから約1時間半後に出発するロンドン便に乗り換えます。つまり搭乗時間は出発30分前の1時間後。1時間で間に合うかな、という不安は見事に的中しました。

まず、着陸した機体ですが、空港混雑のため飛行機を降りるための降機口(スポット)の順番待ちで20分程度かかりました。

その後スポットに入ったら降機のために機体のドアの反対側に寄せてくる移動式の通路(タラップ)が上手く作動しないという放送が入り、乗り継ぎ便のある他の搭乗者もイラついています。

やっとドアが開いて、降りる順番が来たときに見てみると機体のやや下側に接続されていて、段差高めの階段をひとつ降りたような感じで機体をあとにします。

次のフライトまで早足で。パリの空港ですが、とにかく乗り換え案内が非常に少なく、いったい何番搭乗口を目指せば良いのかまったくわからず。

運良く、僕のロンドン便は今降りたターミナル内で乗換えとなると言うけれど、進んでいくと同じターミナル内でも搭乗口によって行き先が分かれており・・。それなのに搭乗案内掲示板がなく。結局別の搭乗口前にいたエールフランスの地上員にチケットに記されているバーコードで情報を読み取ってもらい、搭乗番号を教えてもらいました。

IMG_1267

シャルル・ド・ゴール空港ターミナルE2搭乗口。
開放的なデザインでした。

IMG_1270

ロンドン行きのエコノミークラス機内食。

フライト時間は1時間10分程度にもかかわらず、朝食にチキンサンドウィッチ(ピタパン記事のようなもの)と付合せ、ココナッツのクッキー、チョコレートシュークリーム、シトラス系のマカロン、塩バターキャラメル(4個入り)が提供されました。どれも美味しくいただきました。

??????? ??????? ?????????  

ロンドン郊外に来ています。

見事に時差ボケがついてしまい、午前3時に起きてしまいました。

2度寝にも挑戦しましたが、全く眠気が襲ってこないので、ホットココアやカフェインなしの珈琲を飲みながら写真を見たり、ブログを読んだりして過ごしています。



今回はシンガポールからロンドンへ移動するのにエールフランス航空(パリ経由)を利用しました。

昨今の不景気の影響で会社規定上ビジネスクラスが使えなくなってしまい、プレミアム・エコノミーの利用となりました。

ただ、シンガポール航空にはプレミアム・エコノミーというシートクラスがないため、欧州系航空会社を利用することに。

つい最近まで悪評の高かったエールフランス、それと同時に、フランス企業に勤めて9年目ということもあり、比較的乗りなれているエールフランス。

そのエールフランスのサービスも一新したようで、シンガポール→パリの14時間ですが、大満足のフライトとなりました。

改善された(と思う)サービス(というよりも他の航空会社が提供しているサービスに追いついた、というのが無難?)

① シートの縦幅と横幅ともにスペースが広くなった
今回乗った機材はボーイングB777-300ERというもので、エールフランスの場合、通常のエコノミークラスは横1列10シートのところ、プレミアムエコノミーは横1列8シート。シートはシェル型のため、シートを倒しても後ろの客に迷惑になることなく、手前にシートが伸びる構造。

② 機内エンタテイメント
画像がきれいになりました、タッチスクリーン画面が大きくなりました。ノイズキャンセレーションのヘッドフォンが付属されています。僕も個人で持っているノイズキャンセレーションのヘッドフォンを持参しましたが、シートに付属されているもののほうが性能が優れていました。コンテンツ(映画・音楽・ゲーム・現在地などを知らせるルートマップなど)もより充実していました。

③ 機内食
たとえ悪評でもやはり食文化のフランス、機内食だけは今も昔も変わらずおいしい食事を提供してくれます。そしてスパークリング・ウォーター(ペリエ)をエコノミークラスにも提供してくれるのが気に入っています。機内で配られるペットボトルはエビアン、フランスワインも美味しいものが揃っています。

IMG_1262

食事の際にパンが配られますが、以前はこのパンが非常に固くてパサついていて凶器そのものだったのですが(必ず口の中が傷つく、笑)、今回はふんわり、もっちりしたパンだったのでとても美味しくいただきました。

IMG_1263

カップケーキにマンゴーソースを添えて。白ワインの下にあるのは機内食メニュー。

④ 機内スナック
エコノミークラスにはナッツとガレットが準備されていました(ドリンクをもらいに行ったついでにもらいました)。プレミアム・エコノミークラスではお洒落なデザイン且つエールフランスのロゴが入ったプラスチックカップが配られ、お菓子が詰められていました。FAUCHONのキャラメルやビジネスクラスで配られるチョコレートなどが詰まっていました。

⑤ 客室乗務員が水の配布に!
エールフランス航空以外ではごく一般的に行われているサービスなのですが、このサービスに一度もありつけたことがない僕。
これまでは客室乗務員を呼んでも一切来てくれることもなく、結局コールサインを消して、自分でドリンクを取りに行くことが定番だったのですが(ビジネスクラスに搭乗したときも同様)、皆寝静まっている環境で映画を観ていると、目の前に差し出されたカップ入りの水。こっちが驚きました、笑。


美味しい機内食を提供してくれるという理由だけで選んだエールフランス航空でしたが、意外なサービス改善で機中の14時間を快適に過ごすことができました。

ちなみに機内食ですが、搭乗して間もなくしてから夕食が配膳されます(写真はいずれも夕食)。また到着2時間前くらいに朝食も配られました。こちらはコンチネンタル・ブレックファースト(セレクションなし)で、オムレツ、ソーセージ、ハッシュポテト、ヨーグルト、フルーツなどがありました。

??????? ??????? ?????????  

↑このページのトップヘ