Cafe Heartful

原田知世さん、ゴスペラーズ、東京女子流が好きです。

知世さんの出演で毎日楽しみにしている「半分、青い。」今週は3週目に入って、主人公は高校生に。

知世さんが演じる和子(わこ)さんは知世さんが今まで演じてそうで演じてない役ですね。脚本の北川悦吏子さんは当て書きをされるそうで、以前「運命に、似た恋」でもお仕事をされているので、きっと最初から知世さんが演じることを想定して役を考えたのでしょう。知世さんにピッタリの役で、今までやってない感じの役というのがファンにも嬉しい。

14日、土曜日、第12回。和子さんの金八先生のモノマネはかなり似ていましたね。巻き戻して二度観てしまいました^^

今週は時代が平成になって、永野芽郁ちゃん、佐藤健くんも登場してさらに面白くなってきそう。


ところで、12週目では、おばあちゃんが亡くなって元気のないおじいちゃんに三途の川の向こうのおばあちゃんと糸電話で話をさせてあげたいというお話がありました。


それで、思い出しました。ウチの母方の祖父が、亡くなる時の話を。


お医者さんだった祖父は、私が生まれるだいぶ前に亡くなりました。


これは母と祖母に昔何度も聞いた話です。祖父が亡くなる直前。「今、行くぞ~!待ってろよ~!」っと夢の中だったのか、うわ言だったのかそう言っていたそうです。


川の向こう岸に既に亡くなっている誰かが待っていて、その人に向けて(私の想像ではそれは1人ではない)言っていたんだろうとその場にいた人達は思ったに違いありません。正に三途の川を渡ろうとしているところだったのです。


「半分、青い。」の中では「三途の川はこの世にはないんやわ」とおじいちゃんが言います。でも、私はその話を聞いてから、三途の川はこの世にはないけれど、人の心が繋がっている夢の世界のような場所にはきっとあるのではないか!と何となく思っています。祖父が見ていたただの夢。でも、別にいい話なんですけれど。


FullSizeRender
祖父と祖母です。そのあとの写真を見てみるとこれは祖父の亡くなる二年前でした。祖母は目をつぶっちゃってますが。コメントはアルバムに貼るときに母が書いてあったもの。


これまた、「半分、青い。」を見てて思い出しました。鈴愛と律が産まれた岡田医院の貴美香先生のところみたいに、昔は専門じゃない科の病気でも、とりあえず診て下さいと患者さんが来たものだと祖母が言っていたことを。


ちなみに祖父は患者さんには慕われる良いお医者さんでしたが、昔だったから梅ちゃん先生みたいにお金のない患者さんはタダにしてあげてしまったりして、病院の経営には失敗していて、ウチにはあまりお金はなかったらしい。母は長女で日本舞踊をしてたというのもあって、高校一年生までで女学校を辞めなければいけないことになったくらい。上の伯父さん達は厳格だった祖父に反発していたので、医者になろうと誰も思わなかったそうだけど、最近実は叔母が医者になりたかったと聞いて、ビックリしました。でも、叔母が高校生の頃には既に子供を大学に行かせるようなお金はなくて、誰も病院を継ぐことはありませんでした。


もうひとつちなみにお話しておくと、私の「赤毛のアン」好きには祖母が関係しています。「赤毛のアン」の主人公、アン・シャーリーは後に医師となったギルバートと結婚します。その医師の妻という境遇が祖母と一緒だったので、シリーズの終わりまで興味を持って読んだということがありました。

FullSizeRender
知世さん「おひさま」から久々の朝ドラ出演。「おひさま」のときは一週間で亡くなってしまったけど、今回はまだまだ出演して欲しいな~。ドラマ・ガイドとステラを買って予習してます。


2月のお天気のいい日。家族で茅ヶ崎の義母のところへ行く前に海岸へ向かい、えぼし岩周遊船に乗ってきました。

IMG_2484
海岸からはこんな風に見えるえぼし岩。あのサザンオールスターズのチャコの海岸物語に出てくるあれ!デス。

IMG_2487
これから乗船する第八えぼし丸。


まだ小さく見えるえぼし岩。


ぐるっと回って、さっきえぼし岩に向かっていた時と反対側から見ています。

IMG_2507
富士山とえぼし岩。

IMG_2509
一番迫ったところ。

えぼし岩の近くの海の水はきれいで、海の底を見ることができました。

茅ヶ崎に住んでいるときは長年遠くから見ていたえぼし岩を間近で見て、神社にお参りに来たような気分になりました。

こちらで↓やってますよ!






3/16(金)
WOWOW、連続ドラマW『不発弾~ブラックマネーを操る男~』出演との発表。
以前に出演されたWOWOWドラマ『海に降る』も面白かったので、WOWOWのドラマは楽しみ。黒木メイサも出るのね。30秒の特報が公開されてます。


3/19(月)
行けなかった知世さん出演のSONGS & FRIENDS、朝の番組でチェック。
「雨の街を」を歌っているところ。この番組は↓グッド!モーニング。ユーミンと知世さんで「時をかける少女」を歌ったらしいですね。5月13日(日)WOWOWでの放送が楽しみだ。
FullSizeRender
BARKS


JRのパンフレット、春仕様のを駅で見つけた。
IMG_2730

3/20(火)
半分、青い。放送まであと13日となる。知世さんがツイート。

半分、青い。の公式インスタグラムでも放送10日前から、カウントダウンしていますが、それとは別にNHK岐阜放送局のサイトでも20日前からカウントダウンをしており、そのカウントダウンバナーが半分、青い。の岐阜放送局ご当地サイトに掲載されています。知世さんのツイートにあった放送開始まであと・・・13日!!のバナーはそちらにも載ってます。

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』
半分、青い。岐阜放送局ご当地サイト
NHK岐阜放送局


3/21(水)祝
もうすぐ「半分、青い。」放送。4月1日に再放送あり
ドラマの世界観が1980年代あたりの少女漫画っぽいなと思いました。和子さんも可愛い(*^_^*) 楽しみ。


3/22(木)
スカパー!の冊子で4月1日からホームドラマチャンネルで、DVD化されていないドラマ版『セーラー服と機関銃』と『ねらわれた学園』の放送があることを知る(両方とも第1話が無料放送)。以前、録画したものを確認したら、1999年にフジテレビ721で放送があったときの録画で、そのときはビデオに録画したものをあとでDVDに移してありました。新たに録画してもそんなに画質は変わらないかもしれないけれど、録画したいなあと思う。確認のついでに『セーラー服と機関銃』の第1話を観なおし。半分、青い。にも出演される風吹ジュンさん出てるのだった。




3/23(金)
10月公開、『あいあい傘』に出演との発表!!
昨年の夏に撮影されていたのはこれだった~!!

今年はいろいろあって、嬉しい。気がつけば「半分、青い。」まであと3日!


あ!↓こちらの発売ももうすぐでしたね(^_-)

音楽と私~35周年アニバーサリー・ツアーin東京2017[Blu-ray]
原田知世
ユニバーサルミュージック
2018-04-04






音楽と私~35周年アニバーサリー・ツアーin東京2017[DVD]
原田知世
ユニバーサルミュージック
2018-04-04







しまじろうの映画、一人では観に行けないかなと思っていたのですが、結局日曜日に観てきました。

良く考えたら、ちびまる子ちゃんの映画も一人で観に行ったわけですし、こういう子供向けのものだって、だいたい大人と一緒に観ることも考えられているわけですから、大人が一人で観たっていいのです。行きたいなら行こうではないか!と。

そう考えると、あれ?なんで行けないと思ったんだっけ?となりました。

終盤のゴスペラーズのテーマソングが流れるところももちろんなんですが、自分は映画の最初っから、うるうるのツボだらけでした。特にお子さんをお持ちの方はハンカチを忘れずに~!!今までの子育てのいろいろを思い出してしまったり・・・

さて映画は二子玉川で観たのですが、映画が始まる前の予告編の合間にCHEESE GARDENのコマーシャルが流れました。東急フードショーにCHEESE GARDENがあることを初めて知ったのでした。以前に那須アルパカ牧場にバスツアーで行ったときに寄ったチーズガーデン(そのときは五峰館という名前だったのが2016年に本店に)で御用邸チーズケーキを買ったことを書いていました。

ニコタマにもチーズガーデンがあったのか~!去年からあったらしい。フードショーのお菓子のところはあまり巡ってなかったので気が付かなかった(^_^;)

今の季節に合わせてさくらのチーズケーキもありましたが、ここは定番の「御用邸チーズケーキ」を買って帰りました。

IMG_2664
ちなみに1,280円。


IMG_2666
5年前と同じお皿に乗せて。


IMG_2669
冷蔵庫で冷やすとおいしい。
電子レンジで10秒温めるという新しい食べ方もリーフレットに載っていました。ふんわりします。これもいいです。



IMG_2663
東急線の駅で今月いっぱいしまじろうのスタンプラリーやってるらしい。



苗場で観た映画のテーマソング「まっすぐな橋」Movie edit Ver.のMVが公開された~!


ゴスペラーズ
KRE
2018-02-21




カップリングが「まっすぐな橋」デス。



アマゾンのリンク先の曲目リストは曲順がちょっと違っていて、試聴の再生をクリックすると正しい曲順が出てきて7曲目の「まっすぐな橋」Movie edit も聴けます。













東京女子流のラストロマンス。


今回の作詞・作曲が春ねむりさんというポエトリーラッパーの方だそう。

女子流と同じ年代の方が作った曲ということでどんな風になるのだろうと思ってました。

ミュージックビデオを観て、女子流が今までやってきてないタイプのポップさがあるなと思いました。

破壊と再生がテーマ。春ねむりさんの歌詞・曲とプリンセスのような衣装の女子流とが別々に見たらミスマッチかとも思えそうなのに、不思議と合っている。

自分の感覚では最初はちょっとすっと入って行きづらい歌詞だったり言葉の使い方だなと思ったけれど、こういうのが詩なんだよねという気もしたり。若い人が書いた詩をおばちゃんでも感じてみたいなとも思ったりして、覚えてみました。

今までの女子流の曲だったらわりと自然に覚えられるけれど、これはちょっと歌えるまで時間がかかりました。でも、もう何度も聴いているうち新しい女子流の感じが染みついてきてる。

そろそろ「バズリズム」あたりに出ないかしらね。新しいディズニープリンセスみたいな衣装で歌い踊る東京女子流がテレビで見たい!!


カップリングの初恋

この娘は誰かしら?と思ったら、元Dream5の大原優乃ちゃんだそう。

聴かせる曲だ~。



FullSizeRender
イラストのジャケットなんて初めてかな。







↑このページのトップヘ