P1210437

博多で一番歴史ある川端商店街を、直感を頼りに良さ気なお店を求めて漫ろ歩き。
若者向けの賑やかなお店が多い中洲に対して、こちらは大人の雰囲気なお店が多いです。
そんなお店の一軒、落ち着いた佇まいの『あまくさ天慎』さんにお邪魔しました。
天草の新鮮な食材にこだわる割烹料理店です。

まずは、お約束のとりビーです。お通しは『あら炊き』です。
魚の種類は忘れてしまいましたが、あっさりと白だしで上品に味付けされていて美味しかったです。
この店当たりです。直感を信じて正解でした。

P1210439

もう少し、喉の渇きを癒したいので、2杯目はハイボールを選択。
料理の味を邪魔しない脇役に徹しているところが好き。

P1210440

一品目は、新鮮な鯖が手に入る博多ならではの料理『ごまさば』です。
採れたてピチピチの鯖を、特製の胡麻だれでいただきます。
脂が乗った濃厚な鯖の旨味を、優しい甘さのタレが包み込み、胡麻の芳ばしい香りが鼻に抜けます。
薬味のシャキシャキ感と爽やかな風味が、この料理の美味しさをより一層引き立てています。
こんな美味しい料理を、手ごろに食べられる博多の人たちを羨ましく思います。

P1210442

二品目は『天草ポークの角煮』です。
もう、口に入れた瞬間に溶けてなくなちゃうくらい、トロットロッに煮込まれていて美味い!
涙が出ちゃうくらいコク深い。これぞ角煮のお手本です。

P1210445

さて、今宵の地酒は、福岡県の高橋商店繁枡『博多一本〆』、佐賀県は五町田酒造『東一』の二銘柄です。
『博多一本〆』は米の風味を強く感じるライトな飲み口の辛口です。
『東一』はフルーティーな香りが特徴的で、スーッと浸透してくるような喉ごしです。
どちらも美味い!このお店いいチョイスしてます。

P1210447

涼しげな一品『フグ皮のとも酢和え』です。
とも酢和えは別名肝和えとも言われていて、さすがにフグの肝で和える訳にはいかないので、比較的クセがないカワハギの肝を代用していると思われます。
爽やかな酸味と肝の円やかさが、美味しさの相乗効果に作用しています。
コラーゲンたっぷりフグ皮のコリコリ感が楽しい。日本酒によく合う肴です。

P1210449

熊本の地鶏・天草大王がゴロゴロ入った『茶わん蒸し』。
天草大王の適度な歯ごたえと、噛めばジュワ~と溢れだす肉汁。
お肉から出たダシが、しっかりとおつゆに染みだしていて、最後の一滴まで美味しかったです。

P1210454

〆は、天草名物『三代巻』と『天草黒牛の握り』です。
酢で締めたコハダを胡瓜や大葉とともに、桂剥きした大根で巻いたお寿司です。
見た目にも涼しげで、夏向きにサッパリした口当たりです。
対して、黒牛の握りは脂控えめなのに旨味が強いボリューミーなお寿司です。
肉質がすごく柔らかくて、ほとんど噛む必要がありませでした。
どちらも、ムチャ美味でした。

P1210455

デザートもいただいてみました。『手造り豆乳プリン』です。
プルプル感の中に、もっちりとした弾力があり、まったりとした味わいです。
ビターなカラメルも芳ばしい大人のスイーツです。



心地よいひと時をありがとう。
長旅の疲れも癒えました。
そして、ごちそうさまでした。



にほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ